ダイソーの300円USBスピーカーでコンクリートスピーカーを作る

ダイソー300円USBスピーカーをコンクリートスピーカーにする

ダイソーの300円USBスピーカーを改造するのはさんざん出ているのでもう食傷気味という人も多いだろうけど、「がとらぼ」ではまだ何もしていなかったので、とりあえず購入してみた。

ダイソー300円USBスピーカーをコンクリートスピーカーにする 1
お馴染みのダイソー300円スピーカーの箱。欲しいと思ってないときには店にあるのに欲しいと思うと何故か在庫切れのやつ。

ダイソー300円USBスピーカーをコンクリートスピーカーにする 2
箱の背面。ロット番号がシールで貼ってあるのね。

ダイソー300円スピーカー仕様

出力: 3W x 2 インピーダンス: 6Ω
周波数特性: 35 - 20KHz
本体: 横63mm x 縦75mm x 奥行55mm
スピーカーユニット: 直径35mm、外周込み46mm
アンプ: 右スピーカーユニットに内蔵
入力: 3.5mmステレオミニプラグ (オス)
電源: 5V (USB-Aオス)

ダイソー300円USBスピーカーをコンクリートスピーカーにする 3
もう皆すっかり見飽きてると思われる中身。

ダイソー300円USBスピーカーをコンクリートスピーカーにする 4
このダイソー300円スピーカーはモデルチェンジでアンプが変わって低音が出るようになったということであったが、2020年1月に入って購入したのは再び古いモデルに戻ってた。あと、このアンプが新型のやつは筐体の音量ダイヤルのところに+−が付いているのも改良点だったが、筐体も古いのに戻ってる。本体背面の製造年月シールのチェックが新しい日付なので、買った店にたまたま古い在庫があったということではなさそう。

ところで、形がこんなのなのでこのスピーカーは密閉型だとすっかり思い込んでいたけど、製造年月のシールの下の穴はネジ穴ではなく実はバスレフポートだった。こいつバスレフ式だったんかい。で、改めてググったらそう書いてる人がちゃんといた。思い込みが強くて読んでもアタマに入ってなかっただけ。もっとも、音量ダイヤル部分は内側が完全に仕切られているわけではなく空気室直通なのでダイヤルの横からも空気漏れてる。この辺りはいいかげんね。

ダイソー300円USBスピーカーをコンクリートスピーカーにする 5
EST-8002ACというのは古い基板。樹脂のエンクロージャだけでなく、中の基板も古い版。右下の赤枠のところがスピーカーへのラインなのではんだこてで温めて丁寧に配線を外す。右側に縦に2本あるのが電源。左端に3本あるのが音声の入力。

ダイソー300円USBスピーカーをコンクリートスピーカーにする 6
スピーカーも繋がっているケーブルをはんだごてで温めて丁寧に外す。

300円USBスピーカーが古いバージョンだったことに自分でもビックリするくらいガッカリで、このせいですっかり気力がなくなり購入して2ヶ月以上放置することになった。

これが何時だったか忘れたが、YouTubeでコンクリートスピーカーの動画を見て突然スピーカー作るぞという気が起きた。 コンクリートスピーカーといっても、スピーカー自体は普通でエクロージャーが通常の木材や樹脂じゃなくてコンクリートね。まぁ今回は小石・砂利をいれない「セメント+砂+水」なので正確にはコンクリートじゃなくてモルタルだけど。

ダイソー300円USBスピーカーをコンクリートスピーカーにする 7
で、購入したのがスピーカーと同サイズのドローンコーン。今はパッシブラジエーターというらしい。要するに磁石のないスピーカーで、自身では駆動できない。ドライバユニット付きスピーカーとパイプ等で繋がっていて、そのスピーカーが駆動して振動すると、揺らされた空気の動きによって自身も振動するやつ。ただし、空気の動きに完全に同期するわけではない。上の画像の手前の黒いやつはゴム膜のようなものが張ってあって、その中央に板が貼りつけてあるタイプ。だから裏面もほとんど同じ見た目。奥側はダイソー300円スピーカー。

ダイソー300円USBスピーカーをコンクリートスピーカーにする 8
今回のコンクリートスピーカーの空気室になる部分。塩ビバイプを適当に切断して2つ貼り合わせた。塩ビパイプは外径が60mmのもの。単純に2つ並べるだけだと2つのパイプの接触面積が狭すぎるので片側の一部を取り除いて20mm x 60mmの面積で繋がっている。これが40mmの深さでコンクリートに埋もれる形で空気室を形成する。今回は1つのパイプは切断せずにそのまま使ったが、コンクリートから剥がすときはパイプを切っておいた方が遥かに楽だったハズ。

ダイソー300円USBスピーカーをコンクリートスピーカーにする 9
養生テープで隙間がないように覆う。パイプの底の面も。特に底面に隙間があるとモルタルが流れ込んで大変なことになる。

ダイソー300円USBスピーカーをコンクリートスピーカーにする 10
今回のエンクロージャの型枠になるのはダイソーの積み重ね収納ボックスの小型の方。その中2つ横に繋いだパイプが上の画像のように浮かぶ。このとき、片側の底面にストローを刺して収納ボックスの底面とつなぐ。収納ボックスの底面に穴をあけて直径3mmほどのビニール紐を貫通させる。つまりパイプの底面と収納ボックスの底面をストローで繋いで紐を通す。紐の両端には結び目を作り抜けないようにしておく。これがスピーカーケーブル用の貫通穴になる部分。

今回使ったのはコメリのプライベートブランドの砂入りインスタントセメント。これは安かったけど予想以上に良いモルタルだった。砂が調合済みなので重量を計って指定された量の水をまぜるだけ。夏場の糞暑い時期でなければ水量は少しだけ少なめで。蕎麦打ちのときの水分量みたいな感じ。混ぜ始めは水が全然足りないように思えるくらいで十分。
これを流し込むが、その前に灯油をキッチンペーパにしっかり染み込ませて、ダイソー収納ボックスの内側と、繋いだパイプの外側に塗りたくっておく。底のストローは塗らなくても大丈夫。これが離型剤の代わり。灯油でベッタベタにする必要はない、スッと塗るだけ。

モルタルを流し込んだらバイブレーターでなるべく気泡を追い出す。専用品なんか要らないのでバイブレーターにマイナスドライバをガムテープででも貼り付けてモルタルを流し込んだ中にマイナスドライバの先端を突っ込んでモルタルの中をグルっと数周ほど通していく。できるだけ枠に近い側と底面も。今回は丁寧に気泡抜きをしたつもりだったが、水分少なめで作ったせいかそれでも細かい気泡が結構残っていた。まぁ、大きい気泡さえなければ問題はない。

コンクリートを打ったら途中で触りたくなってもグッと我慢して24時間おく。

ダイソー300円USBスピーカーをコンクリートスピーカーにする 11
24時間後、完全なカチンコチンではないけど扱いやすい程度に固まっているので、キッチンペーパーを水で濡らして型枠の内側に飛び散っているモルタルをきれいに拭き取る。水分があれば簡単にキレイに取れる。これを無視すると型枠から中身を抜き出すのが大変。次にパイプ2つを繋いだ空気室の枠を抜き取る。切ってしまっている方のパイプを内側に力を入れるとキレイに剥がれるハズ。ひっぱっても養生テープ(やガムテープ)が切れなければハサミで。今回は片方のパイプを切ってなかったのでそのパイプがなかなか抜けず、ワイヤーカッターでパイプをバツンと切って取り出した。
空気室のパイプを取り出したら上下をひっくり返す。それが上の画像。
スピーカーケーブルを通す部分に紐が通っていて、ケースの外側すぐのところに結び目が見えている。

ダイソー300円USBスピーカーをコンクリートスピーカーにする 12
その結び目をニッパーで切り落として紐の切った部分を型枠の内側に押し込む。これで空気が型枠の中に入りやすくなる、プッチンプリン状態。無理しない程度に型枠ごと上下に揺すってやると中身の重さで少しずつ中身が下がってくる。モルタルの塊が半分ほど抜けたら直接掴んでまっすぐ引き抜いてやる。

ダイソー300円USBスピーカーをコンクリートスピーカーにする 13
キレイに抜けました。このモルタルはド素人でも本当にキレイに仕上がる。空気室側の紐の結び目をひっぱってやるとキレイに抜けるハズ。ストローも。

ダイソー300円USBスピーカーをコンクリートスピーカーにする 14
空気室側はこんな感じ。見えにくいかもだけど奥側の底にはスピーカーケーブルの穴も写っている。

ダイソー300円USBスピーカーをコンクリートスピーカーにする 15
スピーカーとパッシブラジエーターの裏側の4辺に1mm厚のゴムシートを貼り付ける。表側は45度斜めにゴムシートを貼り付けるこれで、スピーカーとパッシブラジエータの4隅のネジ穴は塞いでしまう。モルタルなのでネジ止めだとおそらく使っている内に砕けてダメになるしアンカーも論外だろうし。モルタルが痩せてきたときにスピーカーがガタガタしても困る。そこでこのゴムシートをモルタルと接着するようにした。

ダイソー300円USBスピーカーをコンクリートスピーカーにする 16
吸音材としてはメインがメラミンスポンジ。掃除用に100均で売っている白いやつ。このスポンジはカッターナイフで思い通りにサクサク切れるので加工しやすさでは最高。

ダイソー300円USBスピーカーをコンクリートスピーカーにする 17
今回は空気室が狭いしスピーカーが小型なので吸音材は薄くした。空気室の広いエンクロージャならスピーカーの裏面には吸音材は要らないと思うけど、今回は空気室の中が狭いのでスピーカー裏の金属平面が割合として広くなる。だからここにも気休めでメラミンスポンジを薄く貼った。ただし、スピーカーと空気室側面の距離も僅かなのでスピーカー裏は小さく必要最小限の面積に貼った。マグネットが大きいので空気の通りが悪くなりやすいのよね。

その空気室側面はコットンシートを貼っただけ。接着はすべてエポキシ接着剤。
左側の底面(この底というのは立てて使うときには背面側のこと)にはスピーカーケーブルを通す穴があるのでケーブルを通してからたっぷりのエポキシ接着剤で穴を塞ぐ。穴の奥まで充填する。塞ぎ方が不完全で空気が漏れるとせっかくのパッシブラジエーターが台無しに。ケーブルを通して穴を塞いだら右側と同様に、底面にはメラミンスポンジ、底面にはコットンシートを貼る。つまり、空気室の内側はモルタルが見えないように全部敷き詰める。

ダイソー300円USBスピーカーをコンクリートスピーカーにする 18
ゴムシートを付けたスピーカーとパッシブラジエーターはエポキシ接着剤でモルタルに固定。完全に密閉するためにエポキシ接着剤はケチらない。
音の面ではゴムシートの有無でどうなるかはわからない。
ここで、想定より前面側のコンクリート面が狭いことに気づいた。コンクリートをさらに継ぎ打ちするのに面積が狭いと継いだ部分が剥がれやすくなる。この部分は次に作るスピーカーでは要検討。

ダイソー300円USBスピーカーをコンクリートスピーカーにする 19
セメントを継ぎ打ちするための外枠はダイソーケースの底面を切り落としたものを使う(1つだけ)。すでに固まっている上面(スピーカー前面側)の表面を金属ブラシで荒らしてからダイソーケースの枠をつけ、スピーカーとパッシブラジエーターの上には円筒を貼り付ける。これはクリアケースの表紙の樹脂シートを必要な直径の円筒にして、内側の底面側にグルリと1周ガムテープを3mmはみ出して巻いてスピーカー(とパッシブラジエーター)に貼り付ける。ここに明らかな隙間があるとスピーカーの上にモルタルが流れ込むことになるので要注意。
円筒を付けたら上面(スピーカー前面側)のモルタルに霧吹きでたっぷり水を吹きかける。これを省略すると継ぎ打ちしたモルタルがひっつかない。今回は継ぎ打ちが僅か15mmの予定なので外枠に灯油は塗らなくても大丈夫。ただし、ダイソーケースの型枠の内側は細かいキズを付けないで綺麗にしておく。

前回のコメリのインスタントセメントがもう無いので家庭科学工業のインスタントセメント「日曜セメント」を使ったのだが、これがコメリのインスタントセメントより水分量調整が難しい。水分量はなるべく少なめが重要だが、水分が足りないと混ぜても混ぜても砂っぽいし、ちょっと水を足すとベシャベシャ。つまり一応水量を計って混ぜたが足りなすぎると思ったのでほんの少し足したら水っぽくなっちゃった。水分が多いと強度が無くなるのでダメなのだが、インスタントセメントの余分が足りないのでやり直しができず、そのまま継ぎ打ち。ベシャベシャなので流し込みはラクだが、バイブレーターを入れたら液状化して表面に水が浮いた。こうなると表面は灰色の水のせいで平らにしか見えないので中でモルタルの表面がどうなっているか判らない。結果、乾いたときにバイブレーターを通した跡が凹になってた。そして、枠と接していたところが強度がなくボロボロと。継ぎ打ちに使った「日曜セメント」が「グレー」タイプだったので色違いで継いだ感が丸出し。ただし、水分が多かったので継ぎ打ち部分は一体化した感じに見える。(強度的にはダメだろうけど)

ダイソー300円USBスピーカーをコンクリートスピーカーにする 20
継ぎ打ちしてから24時間は触りたくなってもじっと我慢。24時間過ぎたらなるべく早めにスピーカーを保護する円筒を(慎重に)剥がす。これは円筒の外側から内側に力を入れてモルタルが剥がすのをグルリと1周。そして、円筒の内側とスピーカー外周にに張り付いているガムテープをスピーカーのコーンの外周部(ウレタンエッジ部)を破かないように気をつけて剥がす。ダイソーケースの外枠は四辺を内側から外側に指で押してモルタルと剥がす。そこですぐに外枠を抜くのはまだ怖いので更に1日ほどモルタルを固まらせてから抜き取った。

ダイソー300円USBスピーカーをコンクリートスピーカーにする 21
水が多かったので「ひび割れ」が。しかも、表面だけが割れてるのではなく結構深そうで怖い。そして、表面に水が浮いたせいで表面側のセメント成分がボロボロする。これはブラシで擦ってある程度取り除いた。ディスクグラインダーなどで表面を削って綺麗な面に仕上げたいところだが、それをやるとおそらく継ぎ打ちしたところからバカっと剥がれそうなので今回はやめておく。最も縁の部分はモルタルが上下逆のレの字になっていて、これは水分量が適切なモルタルでも崩れるので仕方がないところ。手間を惜しまないなら縁を削ってから補修用セメントとコテでさらに表面に盛ってキレイにするのもアリかもしれない。今回はこれで完成とする。

「あれっ、パッシブラジエーターに重りを増減して共振周波数の調整しないの?」
ド素人の家にそんなの測定する機械はない(断言)

ダイソー300円USBスピーカーをコンクリートスピーカーにする 22
横から光を当てて表面の凹凸を目立たせて撮影。左側のスピーカーの右辺から下辺のバイブレーター通過跡の凹が特に酷い。でも、これは影が強調されているからで、実際は記事の最初の写真程度の見栄え。まぁ、それでも綺麗ではないけど。

ダイソー300円USBスピーカーをコンクリートスピーカーにする 23
背面側。こちらは細かい気泡はあるけど型枠とモルタルが優秀で一応綺麗な仕上がり。スピーカーの下に敷いているのは家具の脚によるキズ防止のためのスポンジパッド。これもたしか昔にダイソーで買ったような。左右で色が違うように見える(左が黒っぽい)のは光の影響で、実際にはどちらも同じ色。

コンクリートスピーカーを聴いてみた。

赤黒のスピーカーケーブル(といってもオーディオ用じゃないけど)を元のダイソー300円スピーカーの内蔵アンプにハンダで繋ぐ。アンプまで変えてしまうと改造前のエンクージャとの比較ができないから。

まず、音量が違う。これはパッシブラジエーターが効いていると思われる。ダイソーアンプの音量ダイヤルに印を付けていて、改造前と同じ条件で録音して聴き比べても音量が全然違う。
さすがに重量のあるコンクリート(モルタル)の塊なので、元のペラペラ樹脂のエンクロージャのマヌケなホワホワした反響音も雑味も無く、中域から高域がすごく自然な音で豊かに、そして必要なところはサクッとキビキビした音に聞こえる。(ただし若干硬い音、これは気にする人がいるかもしれない。)苦労したから作ったから贔屓目で見ての感想というわけではなく本当に改善している。特にクラリネットやトランペットの中域の軽やかな音は結構ハマる。これで低域が鳴ってれば不自然さがなくて凄いんだけど、低域がやはりほとんど出ていない。イコライザで低域だけバッサリカットしたみたいな音。それでもパッシブラジエーターのおかげなのか改造前よりはピアノの中低域は改善した感がある。ベースの音は(低音が殆ど出ないので)僅かの改善止まり。もうこれは低音を出せるアンプに交換しないとどうにもならない。

以前にこの「がとらぼ」でも紹介した2000円以下で買える定番スピーカーのZ120BWとも比べてみたが、以前に「音が良い」と褒めたのが恥ずかしくなるくらい実はホワホワした音が鳴ってたのだと気づいた。音の自然さはロジクールのZ120BWよりコンクリート閉じ込めダイソースピーカーの方が全然勝ってる。低音はZ120BWの方が少し出ているけど、これもホワッとした低音。まぁ、軽量小口径スピーカーではキビキビした重低音なんて無理よね。

と、いうことで、ダイソーの大きい版の積み重ねケースを使って10cm程度のスピーカーで新たなコンクリートスピーカーを作成する予定。次回は継ぎ打ちではなく1回の流し込みでスピーカー+空気室を一緒に沈め込む作り方で。だいぶ大きくなるのでただのモルタルではなくガラス繊維を混ぜて強化コンクリートにしたいかな。
今回作ったコンクリートスピーカーはデスクトップPC用として使うつもり。

書き忘れてましたが、このエンクージャは片側で2.4kg。元の樹脂素材のエンクロージャが中身入で130g程度だったので18倍程の重さ、内臓を抜くと40g程度なので60倍程度の重さ。ヘボい人用のダンベルくらいあるので足に落としたら骨が砕けるかも。

モルタルだから安い。10kgの袋に入った砂入りインスタントセメントで500円前後。単なるセメントならもっと安い。型枠としての100均ケースメラミンスポンジ、端材のパイプやケーブルとかを使ったのでダイソースピーカーの他には1000円かかってないと思う。最近流行りの純セレブスピーカーには負けるけど安くできる。そういえばガッチガチに固めるという点では純セレブスピーカーとは真逆ね。

NECの家庭用Wi-Fiルーター Aterm WG1200HS3

Wi-Fiルーターというのは、購入したら技術的に時代遅れになって買い直すのでもなければずっと使えそうに思えるけど実は消耗品。だいたい2年もすると無線通信部分の挙動が怪しくなり始める。それですぐに使えなくなるわけではないけど時々途切れるとか何か微妙にヘンというのが続いて、ある日完全に無線通信が使えなくなる感じ?機械的に動く部品が入っているわけでもないのになんで消耗品なのかは知らないけど実際そうなんだから仕方ない。Wi-Fiルーターを購入するならその時から次の購入も計画しておかなくてはならない。

家庭用ブロードバンドルーターとして使っているなら無線が壊れても有線のルーターとしては使えるけど、「がとらぼ」の中の人はWi-Fiルーターはルーターとして使っているわけではなくてWi-Fiのアクセスポイント(ブリッジ)として使っているのでWi-Fi部分が壊れるとその機械はもう何の役にも立たない。だから個人的には2年で交換を前提で購入予定を立てるようにした。そうすることにしたのは最近になってからだから、まぁエラそうなことは言えない。

ところで、フレッツ回線を契約しているとポイントが溜まって商品等と交換できる。残念ながらNTT東日本のフレッツ光メンバーズクラブだとロクなものがないが、NTT西日本のCLUB NTT-Westだとだいたい1年毎に6000円分くらいのポイントが貰えてルーターを含むいろんな商品を得ることができる。といっても、家電量販店で廉価に購入できる製品がけっこう割高価格相当で、ラインナップも残念な製品が多いけど。幸い西日本の実家用にフレッツを1回線契約しているのでおよそ4年で家庭向けWi-Fiルーターを3台得られる計算になる。4台のWi-Fiルーターを2年毎に更新する計画なら4年で8台必要なので5台購入すれば良いことになる。3台買わなくて済むとなると地味に助かる。NTT東日本もNTT西日本なみにサービスを改善してくれたら良いのにね。

本当はXiaomi, Huawei, TendaあたりのWi-Fiルーターを買って、さすがにそのまま中華製品を使うのは怖いのでファームウエアをOpenWrtにしたい(新しめの機種の対応が厳しいが)とか思うんだけど、それをやっちゃうと技適警察の人に怒られるのでブログには何も書けなくなるのよね。

で、今年は初めてNECの家庭用Wi-Fiルーター(ブロードバンドルーター)を選んでみた。それがタイトルにあるAterm WG1200HS3。5GHzの2x2 MU-MIMOのIEEE802.11acで理論値最大867Mbps、2.4GHz側は最大300Mbps、合わせて最大1167Mbps(≒1200Mbps)というのがウリらしい。IEEE802.11ac対応だから最近の言い方だと一応Wi-Fi 5。
フレッツのポイントで引き換えできる景品級なのでNECの家庭用ブロードバンドルーターのラインナップの中では下位の機種。2ストリームとなってるからまぁそんなんでしょう、この機種はアンテナが本体から飛び出てないから判らないけどアンテナが2.4GHz, 5GHzそれぞれ2本ずつと思えば良いかと。書かれている同時接続台数は15台、これは快適に利用できる範囲の最大数とのことなので15台を越えてはいけないということではなさそうだけど、まぁ家庭用のWi-Fi APなら普通は10台は越えないようにするよね。(1台あたりの同時接続数を考慮してもそんなもん)

Aterm WG1200HS3 1
Aterm WG1200HS3のパッケージ。昔からあまり代わり映えしない雰囲気。表面が波打ったダンボールに印刷してるので船の外板の「やせ馬」みたいな感じであんまり良い印象がない。潔く普通のダンボールに必要なことだけ記載で良くない?右に在るのは大きさ比較用のウェットティッシュの入れ物。

Aterm WG1200HS3 2
上蓋を開けて説明書をめくるとこんなの。右下に本体。左下にACアダプタ。右上に縦置き用の脚。左上にLANケーブル。左上寄りのダンボールの大きな箱みたいなのはスペーサー。じゃあこんな大きな箱要らなくない?

Aterm WG1200HS3 3
本体の正面側。(インジケーターが光るのが見える側)
右隣がACアダプタ。
こうして見ると本体は家庭向け据え置き用としては小型だなぁと。最近は家庭用でも横幅がPCのフルキーボードくらいのデッカイのもあるもんね。(アンテナをこれでもかと言わんばかりに生やすために)

Aterm WG1200HS3 4
RJ45ソケットが並んでいる側。
左から電源アダプタの挿さるソケット。
RJ45のWAN側。(とはいえ、APモードだとLANに繋がる側だけど。)
L2SWとして3ポートがLAN1〜LAN3。
上の画像だと暗くて見えにくいけどモード切替スイッチ。
らくらくスタートボタン。なんだそれ?

Aterm WG1200HS3 5
背面側。工場出荷時(フルリセット時)の設定が書かれている。MACアドレスも。(これはユーザーによる変更は不可の値)。
LAN内に稼働中のDHCPサーバがあってAtermにDHCPで固定的にアドレスを割り当てるならDHCPサーバにMACアドレスと割り当てたいIPアドレスを登録する。今回はDHCPでIPアドレスを割り当てずにAterm側の設定で静的IPアドレスを設定する。
赤枠の部分が接続と設定に必要な情報。Web PWはウェブ管理画面にアクセスするためのパスワード。SSIDの2つは2.4GHzと5GHzの初期SSID。暗号化キーはWi-Fiで接続するときに使うパスワード。上の画像では敢えて隠していないけど、赤枠部分は基本的には他人には知られてはいけない情報。あくまでも初期状態がこの値というだけなので変更して使うのであれば、この白いシールに書かれている赤枠部分の情報(初期値)は公にしても大丈夫。まぁ当然変更して使ってます。

Aterm WG1200HS3 6
付属のLANケーブル。折り曲げクセがあって短いのは使い勝手悪いのよね。まぁ使わないかな。ケーブルの種類はCat.5eということで必要十分で問題は無い。ただし、ちょっとだけ興味がある程度の初心者だとCat.6でないと速度が出ないんじゃないかと思う人もいるかもなのでケチくさいことをせずにCat.6を付けた方が良い気もしないでもない。Cat.6にしたところで実利用の範囲で速度的には変わらないし、Cat.6はケーブルの中の十字の仕切りのせいで硬くて取り回しし辛いからやっぱりCat.5eが正解か?
なお、Cat.7は論外でNG。家庭用ブロードバンドルーターの類はUTPのソケットだからCat.7を含むSTPケーブルはダメよ。「Cat.7(STPケーブル)はシールドがあるからノイズに強いんじゃない?」っていうのも両端がSTP対応機器で且つ両端の機器が等電位ボンディング(低インピーダンスな状態)でアースしてないと実際は思惑と反対に作用するから。つまり長いシールドが途切れた状態は逆に「アンテナ現象」でノイズを拾うのでダメ。ノイズ拾うといっても家庭レベルのノイズだと速度低下は僅かだけどね。家庭向け機材で高いケーブル買う価値は無いし、そもそも家電量販店とかで販売されてるCat.7ケーブルというか、RJ45コネクタなのにCat.7(準拠)って銘打ったケーブルってそもそもCat.7じゃありませんからぁ・・・・残念!!
家電量販店のCat.7は情弱向けの騙し商品。憶えておこう。

シールドがダメってCat.6AのAXテープはどうなのよと思う人がいるかもだけど、AXテープはSTPケーブルのシールドと違い、ランダムな間隔で短く(非連続で)付けられているのでノイズを押さえEMCの低下は少ないということになっています。でも、Cat.6Aは10Gpbsの企業向けだから家庭用で買うもんじゃないよ。

Aterm WG1200HS3 7
(ケーブル類が挿さる側に戻って、) 今回はルーターとして使うのではなく、Wi-FiのAP(アクセスポイント)として使うのでモード切替スイッチはBR (BRidgeの略?)に切り替える。WG1200HS3ではこの切替スイッチは真ん中がBR。
そして、WG1200HS3をLANに接続する前にネットワーク設定をするのであれば、先に右の「らくらくスタートボタン」を押した状態で、WG1200HS3に電源を接続する。(次)

Aterm WG1200HS3 8
電源投入から30秒程度ボタンは押したまま。1番下のCONVERTERのインジケーターがピカッ・・・・・・・・・ピカッ・・・・・・・・・・ピカッと点滅するようになったらボタンを離す。それでブリッジモードで且つWG1200HS3のDHCPサーバ機能がONの状態で起動する。う〜ん、30秒押し続けるのツラい。全然「らくらくボタン」じゃない・・・

既にLAN内にDHCPサーバが居てネットワークにいきなり見知らぬ機器を繋いでもIPアドレスが割り振られる家庭環境であればあればWG1200HS3のWANポートとLANケーブルで接続して普通に電源投入すればDHCPのクライアントとしてLAN内でIPアドレスを取得するする筈。IPアドレスが何になるかは arp -a などでLAN内のMACアドレスを調べてWG1200HS3背面のMACアドレスと比較すれば判る筈。(ただし「がとらぼ」の中の人の環境ではこれは試せないので未確認です。ごめんなさい。)

Aterm WG1200HS3 9
WG1200HS3が立ち上がったらPCやスマートフォンでWG1200HS3に接続する。今回はWindows 10で。
Windows 10では画面右下の地球アイコンからWi-Fiの接続切替画面が表示される。WG1200HS3が起動していればWG1200HS3のSSIDが表示される。今回使用したPCは2.4GHzのみの対応なので2.4GHzのSSIDしか表示されていない。

Aterm WG1200HS3 10
表示されているSSIDをクリックすると「接続」ボタンが表示されるので押す。

Aterm WG1200HS3 11
WG1200HS3の背面に書かれている暗号化キーを入力する。
「次へ」を押す。

Aterm WG1200HS3 12
「インターネットなし、セキュリティ保護あり」が表示されればOK。「インターネットなし」はWG1200HS3がインターネットと接続されていなくてインターネットには繋がらないという意味。今回はまだWG1200HS3をLANにさえつないでいないのでこれでOK。WG1200HS3とLANをケーブルで繋いで普通に電源を投入したなら「インターネットなし」ではないかもしれない。

Aterm WG1200HS3 13
ブラウザを起動する。
URL入力欄に 192.168.1.210 を入力して[Enter]。
今回の起動方法ではIPアドレスはこれになる筈だが、WG1200HS3をLANケーブルでLANと繋いで普通にWG1200HS3を起動したなら違うIPアドレスが割り当てられているかもしれない。その場合は先にも書いたがarp -aなどで調べ、そのIPアドレスを入力する。若しくは先にDHCPサーバ側にWG1200HS3のMACアドレスを登録して特定のIPアドレスがWG1200HS3に与えられるようにするか。

Aterm WG1200HS3 14
正しく接続されていてIPアドレスが合っていればログイン画面が表示される筈。
ユーザー名はadmin固定。パスワードはWG1200HS3の背面に書かれているWeb PW。(これは設定画面で変更できるが先に設定画面にログインしなくては話しにならない)
「ログイン」ボタンを押す。

Aterm WG1200HS3 15
ログインしたらメイン画面が表示される。今回はブリッジモードで起動している筈なので「動作モード」がそれであることを確認する。違うのだと困る。
下のメニューから「基本設定」→「基本設定」をクリック。

Aterm WG1200HS3 16
初期値は「DHCPクライアント機能」がオンになっているので、LAN内にDHCPサーバが居て知らない機器にもIPアドレスを割り振る設定ならWG1200HS3に勝手にIPアドレスが与えられる(筈)。
「DHCPクライアント機能」のスイッチをオフにする。これでその下のネットワーク設定が変更できるようになる。
IPアドレスとネットマスクはWG1200HS3に与えるIPアドレスとそのネットワークの大きさ指定。
ゲートウェイはWG1200HS3を参加させるLANから他のネットワーク(インターネット含む)に出るためのルーターのIPアドレス。今回はブリッジ(AP)モードなので閉鎖ネットワークでなければ他にルーターが居る筈。
DNSはWG1200HS3から到達できる範囲にあれば何でも良い。つまり参加させたLANがインターネットにつながっているならインターネット上のDNSでも良いし、到達できるならWG1200HS3を参加させたLANとは別のネットワークにいるDNSでも良い。もちろん、WG1200HS3を参加させたLAN内のDNSでも良い。これはWG1200HS3自身が使う名前解決用らしいので、WG1200HS3の設定画面からオンラインでファームウエアの更新などをしないなら指定無しでも良いかもしれない。(未確認)

Aterm WG1200HS3 17
一番下までスクロールして「設定ボタン」を押す。

Aterm WG1200HS3 18
「今すぐ再起動する」で再起動後に設定した内容が有効になる。つまり、再起動後はWG1200HS3のIPアドレスが変わるのでウェブ設定画面を表示するためのIPアドレスも変わる。
ここまで設定してきたPCは一旦Wi-Fiを切って再接続する方が良いかもしれない。

Aterm WG1200HS3 19
設定画面に再度ログインし、メイン画面から「Wi-Fi(無線LAN)設定」→「Wi-Fi詳細設定(2.4GHz)」と、「Wi-Fi(無線LAN)設定」→「Wi-Fi詳細設定(5GHz)」をそれぞれ設定する。
SSIDと暗号化キーは、このWG1200HS3が別のWi-Fi APからのリプレースであればリプレース前の設定と同じにするのがオススメ。そうすればそのWi-Fi APに接続する個々の機器側は設定を変更しなくてもそのまま使えるのでラク。そのためには最初からSSIDを初期値の「機種名+英数字」(WG1200HS3だとaterm-xxxxx)みたいなのではなく、オリジナルの名前などにしておくのがオススメ。でないと、たとえばエレコムでelecom-xxxxxっていうSSIDを使っててAtermに変えたのにelecom-xxxxxってSSIDを使うのはなんかマヌケでしょ?
これも設定を変更したら保存して再起動。他に同時に変更する項目があるなら再起動は後回しにしてそれら全てを変更して保存し、最後に再起動でも良い。

Aterm WG1200HS3は特にわかりにくいところはなかったが、ブリッジ(AP)モードでDHCPオンにして起動する方法がドキュメント無しでは無理だと思った。電源投入時にボタン30秒押しは長いわ。他はブラウザで設定画面を開くためのURL以外ドキュメントは要らないくらい簡単。今回はブリッジ(AP)モードだから特に簡単。ルーターモードだとインターネットに繋ぐ部分の設定がもしかしたら初心者には難しいかも。(他機種と比べてAterm WG1200HS3が難しいという意味ではない)

唯一まったくわからないのは「TVモード」、なんだそれ?どういう技術でどういうときに利用されるの?付属の説明書にはインジケーターに「TVモード」があることが書かれているだけで他まったく説明なし。そんな意味のわからないインジケーター付けるより、5GHzで使用中のチャンネルでレーダー波を感知してDFSが作動したときに目立つようにビッカンビッカン光らせるようにした方が良くない?「なんか突然通信が切れたけど壊れた?機種の不具合?」と思う初心者にもDFSのことを周知させる方が良い筈。で、そのDFSのことが説明書になんて書かれてるか。「親機としてご使用になる場合」の「ランプの説明」の項目。「5GHzランプ 橙(点滅)」「5GHzがW53、W56で動作している場合に、干渉する電波(レーダー波)がないか検出しているとき」
はい?何を意味しているのか全然わからないですね。DFS作動後にそのチャンネルを再度使う前に行う1分間のスキャンのことを言ってるのかしら?そんなの通知してもユーザーに1㍉も意味なくない?
ユーザーに知らせるべきは「ただいま5GHzで利用中だった通信を切断しました。切断した理由は通信に使っていた(W53 or W56の)チャンネルでレーダー波を感知したからです。レーダー波を感知したら通信を即座に停止しなければならないのは規則です。」これでしょ?そのために、DFSで通信断にしたらユーザーに知らせるべく派手にベッカンベッカンさせる。ユーザーが希望すれば通知オフはありとして。
考え方間違ってるかな?

2020年5月19日追記:
すっかり書くの忘れてたけど、使った感想。
APとしての利用なので全く何にも思うところがない。(だから書き忘れた)。つまりWi-Fi接続で問題は何も起きていない。新品でWi-Fiが途切れるまくるとかは返品レベルで、何も問題が発生しないのが普通。なお、W53,W56でレーダー受信たときに通信が切れるのは不具合じゃないから。(メーカーはそこをわかり易くした方が良い)
あえて書けば、売り文句の1つである「広範囲通信向けのハイパワー」は一応効いてるっぽい。ノートPCで離れて電波状態を見たら、リプレース前の機器よりは電波レベルは高かった。ところで、この「ハイパワー」って何?電波の出力は他の機種も大して変わらないよね?上限決まってて何処のメーカーもある程度それに近いので作ってるハズだし。

あなたの4Kテレビ、実は画素数半分?

4Kモニターのレビューを見てたら「RGBWだから偽4Kだ」っていうような記述を見た。
まぁ100%間違ってるわけではないけど正しくもないよね。

ちょっと思い返したついでにクダってみた。

パネル 1

まず、標準としてのストライプ型のRGB。1ピクセルを構成するサブピクセルはRed,Green,Blueの3つ。この画像ではサブピクセルが四角でピクセルが綺麗な格子に並んでいるが一列毎に半ピクセル上下にズレたようなものや、サブピクセルが四角でないものもある。
また、画像ではサブピクセルがぴったり隣接しているが、実際にはサブピクセルは離れて独立している。そして、パネルが小型であるほど、解像度が高いほどサブピクセルの大きさに対して隣接サブピクセルと離れる距離の割合が大きくなる。つまり、ピクセルが小さいほど面積あたり光らない部分が広くなって暗くなる傾向にある。

パネル 2

ストライプ型のRGBWパネル。パネルが暗い問題を解消するために、光専用(White)のサブピクセルを1ピクセル毎に追加したタイプ。Whiteサブピクセルで明るさを補えるため、RGBサブピクセルを明るくするためにバックパネルを無理に光らせる必要がなく節電にもなる。この1ピクセルごとにWhiteのサブピクセルがあるタイプは解像度には影響がない。Whiteの代わりにYellowもあった筈。
明るさは補えるものの、RGBの各サブピクセルはその分弱く、白の光のせいで色が弱く白っぽくなる欠点がある。スマートフォンのディスプレイとしてWhiteMagic(SONY→JDI)などがある。

パネル 3

PenTileはSamsungが商標を持っているカラーフィルターの配列と表示の技術。PenTile自体は多くの種類があるようだが、それのRGBGタイプ。1ピクセルは右に並んでいる「ストライプRGB」の1ピクセルの四角と同じ大きさ。そのサイズを見ると「赤と緑」または「青と緑」のサブピクセルしかない。つまり、このPenTile RGBGは1ピクセルだけでは自由に色を発色できない。上下左右の隣接ピクセルと互いに協調してようやく適切な色を出力できる。黄色で囲っているのはRGBで色を出すために必要なサブピクセルを囲ったもの。ただし、PenTileでは実際には使用されるサブピクセルは計算されて選ばれ必要な強度で光る。なので上の黄色の枠のようになるとは限らない。Samsungのスマートフォンの有機ELスクリーンに使われたが、滲みが酷いのとギザギザが目立つ表示で評判は良くなかった。当時のLEDより派手な発色にごまかされて綺麗だと思っていた人も少なからずいたようだが。そして、一応、「赤と緑」「青と緑」が1ピクセルだということになっているが、RGBが揃った実解像度で見ると、RGBGで数えるとピクセル数でRGBストライプの半分、RGBで数えるとRGBストライプの60%でしかない。解像度詐欺といって過言ではない。

パネル 4

PenTileはSamsungが商標を持っているカラーフィルターの配列と表示の技術。PenTile自体は多くの種類があるようだが、それのRGBWタイプで明るさを補えるようになっている。1ピクセルは右に並んでいる「ストライプRGB」の1ピクセルの四角と同じ大きさ。RGBGタイプと同じく1ピクセルでは自由に発色できないので計算により上下左右の隣接ピクセルと互いに協調して適切に発色させる。1ピクセルは「赤と緑」「または青と白」だがRGBWが揃った実解像度で見るとRGBストライプの半分でしかない。完全に解像度詐欺。

パネル 5

この斜めにサブピクセルが配置されたパネルはSamsung自慢のSuper AMOLEDで使われるタイプ。(Super AMOLED PlusはPenTileではない)
よく見ればわかるが、1ピクセルは「赤と緑」または「青と緑」。つまりPenTile RGBGと同じ解像度詐欺。たたし、隣接ピクセルとの協調はよりやり易くギザギザが目立ちにくいかもしれない。

パネル 6

これもPenTileで、見た目が大きく違うようだが、1ピクセルは2サブピクセルというのは変わらない。この図の場合だと「赤と青」または「緑と青」になる。ただし、青が強制共有。この青が半分で残り半分がWhiteのタイプもあるよう。ストライプRGBとの実解像度比較は青の共有をどのように数えてよいのかわかりません。RGBが揃うという条件だとRGBストライプの半分以下になるかと。自分が買う表示デバイスでは絶対に採用されていて欲しくない。ただし、明るさの面では有利そうなので屋外用のディスプレイには良いのかもしれません。

パネル 7

Wikipediaに載っていたPenTile Matrixの1つ。画像のタイトルはRGB-GBRだけど並び順でいえばRBG-GBRですね。RGBGとは並びが違う。R,G,B全てのサプピクセル数が同じで、RGBはストライプRGBのピクセルの1.5個分で揃うため実解像度の詐欺度合いは低めになる。隣接ピクセルとの協調発色は計算が難しそうに見える。というか、これならもう普通にストライプRGBを作れば良くないだろうか。なんで詐欺る方に全力なのかが理解できない。

パネル 8

これはLGのパネルで多いM+のRGBWタイプ。激安の4Kテレビでよくある偽4Kというのはこれのこと。1ピクセルは3サブピクセルで構成される。上下左右のピクセルとの協調はどうなっているのは判らないが、1行毎にサブピクセルの配置が違う点を見ると協調があってもおかしくない。RGBWが揃って1ピクセルと数えるなら画素数はピクセル数でストライプRGBタイプの75%。

パネル 9

Samsungも解像度詐欺なPenTileが良いとは内心では思っていないようで、SamsungストライプRGBというパネルも出している。Galaxy Note 2で採用されユーザーの評判が良かったのもまぁそりゃそうだろう。R,G,Bのサブピクセルが縦並びではなく、青だけが縦なのは有機ELでは青の劣化が心配されるからだろうか。RGBのサブピクセルが揃ってストライプRGBの1ピクセルと同等なのでこのパネルは解像度詐欺ではない。

パネル 10

VP Dynamicsの「田」の字配列のRGBWパネル。1ピクセルにRGBWのサブピクセルが揃うので白っぽさはあっても解像度詐欺ではない。日本のJDIが検討していた筈だがどうなったのだろうか。

タイトルの件だけど、4Kでなくても2Kでも同じだし、テレビでもスマホでも同じ。
改めてRGBWなパネルで比較。
メーカーが主張する1ピクセルの数え方と、R,G,B,Wのサブピクセルがが揃って自由に色が出せるのを1ピクセルとして数えるのの違いね。

パネルの例メーカー主張の1ピクセルRGBWで1ピクセルとすれば
WhiteMagicRGBWの4サブピクセルで1ピクセル詐欺ではない
M+3サブピクセルで1ピクセル25%の詐欺 (画素数75%)
PenTile RGBW2サブピクセルで1ピクセル50%の詐欺 (画素数半分)

PenTileというのは半分の画素数に縮小した画像を「元の画像と同等です」とか、CDを64KbpsのMP3に圧縮して「CDと音が変わらない」というのと同じで無理が過ぎる。これがテレビであればそれほど判らないだろうから理解できなくもない。しかし、「PC用モニタとしても使えます」という製品ではちょっと止めていただきたいところ。スマホではHD解像度以下のディスプレイにはPenTileは採用されて欲しくない。2K以上の解像度のスマートフォンのようにドットがほぼ見えないレベルだと余程念入りに見ないと判らないかもかもだけど、大きなテレビでは流石に変だと判る。(色が派手だと「綺麗」という人は除く)
でも、「このディスプレイの解像度は ○ x ○」というスペックを信じて買って、本当は画素数半分なんだよねっていうのは「騙された、二度と買わない」と思うよね。

雑誌とか雑誌系のネットメディアだと韓国系メーカーがスポンサーについてて頭を抑えられてるからOLEDだと何でもかんでも綺麗とかやって悪いところに触れない。寒損のSuper AMOLEDなんか、単純にAMOLEDの凄い版とか思ってる人も多い。ちゃんと情報を伝えてればSuper詐欺な版のAMOLEDだって判る筈なのに。エロ爺も似たようなもの。こちらも解像度詐欺はやってるけど、それにプラスして他社にも卸してるWhiteサブビクセルで明るさを足したパネルとか、スペック上はコントラストの数値が高くなって良いと錯覚させるけどあくまで白が足されてるだけだから実際に見るとガッカリ。こんなので明るくて良いとか平気で評価して載せるから騙される人増えるのよね。まぁ、昔と違って明るい部屋が増えたから相対的にテレビの画面が暗くて見えない、解像度が高くなるとなおさら暗いというのはあるので全面的にホワイトのサブピクセルがケシカランとは言えない部分はあるんだけど。でも、そのホワイトのサブピクセル分を解像度詐欺に使うってのは許されないと思う。

2K,4KのテレビはPCを接続して表示できるのでテレビとして使うのではなくPCのモニタ代わりにする人もいる筈。 PCというのはドットバイドットで表示することを前提にしていて、文字表示のレンダリングにも気を使っている。(例えばWindowsのClearFontなど。Windows以外も。)このレンダリングでは文字の斜めの線がガクガク(ジャギー)しないようにピクセルレベル単位ではなくサブピクセル単位でアンチエイリアスがかかるようになっている。なのでサブピクセルの並び順がRGBではないモニタで表示する際は設定でサブピクセルの違う並び順に対応する設定を行う。まぁ、気にしてない人もいるみたいだけど。
このClearFont(や同等の技術)を台無しにするのが偽解像度のパネル。偽4K(偽2K)のパネルはPCの画面表示用には使ってはいけないレベルだと思う。

アンチエイリアスの例
https://en.wikipedia.org/wiki/ClearTypeの画像
1番: モノクロのピクセルでアンチエイリアス無し
2番: モノクロのピクセルでアンチエイリアス有り
3番: RGBのピクセルでアンチエイリアス無し
4番: RGBのピクセルでサブピクセルを使ったアンチエイリアス有り(ただし100%発光)
5番: 1〜4を離れて(縮小して)見たら
6番: 1と2を、さらに離れて(縮小して)わかり易く比較

特に注目は4番ね。上の画像の例だとサブピクセルの並び順がRGBと順と違うアンチエイリアスが成立しないでしょ?だから、RGBではなく例えばBGR並びのモニタを使う場合は、Windows側の設定でClearFontをBGRでレンダリングする設定に変える。(Windows以外も同様)
これが判らない人はいないよね。

スマホ用の小さい画面とテレビ用の大画面ゴッチャにしてない?

うん、ごっちゃにしてる。でも結局一緒なのよ。
たとえば、寒損のPenTileはスマートフォンの小型画面だけに使われてるわけじゃなくて、大型テレビにも使われてる。しかも自社ブランドのテレビには(PenTileは画質が劣化するので)使わなくて、他所の国のメーカーの廉価モデル用に提供とか相変わらずの酷さ。売りは消費電力が少なくて高速で安い。まぁ、駆動させるサプピクセルが圧倒的に数少ないんだから当然だわね。