Chromium OSのCloudReadyを触ってみた

Chrome OSの72 (Stableチャネル)がリリースされた。全然気付いてなかったんだけど、「がとらぼ」の以前のChrome OS/Chromium OSの記事へのアクセスが激増したので気付いた。ただ、何か凄い新機能が追加されたとかは無いような・・・何で突然人気に火が付いたのかしら?
これに伴って?、Chrome OSのオープンソース版であるChromium OSの72も提供されはじめてるみたい。
Chrome OSは基本的にChromebookでしか使えないので普通のPCで動かそうと思うとChromium OS(の自分・誰か・どこかの会社がビルドしたもの)を使うことになる。


Chrome OS 72 Stable (2019年2月8日)
  • 内蔵ChromeVoxスクリーンリーダーチュートリアルにタッチジェスチャーに関するページ?を追加。
  • Chromeブラウザはタブレットモードのタッチスクリーンデバイス用に最適化。
  • ダイレクト/ストレージおよびMediaStore APIを使用したAndroidアプリの外部ストレージアクセス。
  • Androidアプリのショートカットをランチャーから検索できるようになった。ユーザーは、Androidアプリを長押しまたは右クリックすることでアプリのショートカットを見つけることができる。
  • 単純/両面印刷およびカラー/白黒印刷を含むネイティブ印刷の印刷ジョブ属性を管理するためポリシーを追加。
  • ChromeサイトでPicture in Picture(PiP)が利用可能になった。
  • ChromeVoxスクリーンリーダーの中で、マウスカーソルの下にあるものを読むようにChromeVoxオプションページに設定を追加した。
  • [ドライブ上のバックアップと同期]で保存したファイルが[マイドライブ/コンピュータ]の下の[ファイル]アプリで利用可能になった。

Chrome OS 71 Stable (2018年12月14日)
  • カメラアプリの見栄えを一新。
  • Out of Box Experienceでの指紋とPINの登録。
  • ランチャー検索のオートコンプリート。
  • ユーザーのスクロールに基づくChromeブラウザのアダプティブトップUI。
  • Androidフォンに接続するための統一されたセットアップフロー。
  • OSにネイティブに統合されたアシスタント。(Pixel Slateが最初、後に他のデバイスにも拡張)
  • アプリ管理や画面の制限時間など、家族向けの新機能。
  • カスタマイズ用にLauncherでセミフルページを作成する機能。
  • ピクセルスレートにAndroid Pを発売。
  • ピクセルスレートの指紋認証モード。
  • ピクセルスレートのカメラアプリのためのポートレートモード。

アシスタントがChrome OSにもつくようになるというのが大きなニュース?Chromium OSについては不明。


Chrome OS 70 Stable (2018年10月26日)
  • ユーザーが支払い方法と住所に対して自動入力を有効にできる。
  • 拡張サイトへのアクセスに対するユーザーコントロール。
  • ユーザー補助設定のテキスト読み上げ設定ページに検索フィールドを追加する。
  • x86プラットフォームのChromeにAV1デコーダを追加。

Chrome OS 69 Stable (2018年9月18日)
  • Playファイルにアクセスするための新しいサポートによるFilesアプリのUIの更新
  • ファイルアプリでのチームドライブのネイティブサポート
  • 共有シートを介してPlayアプリのファイルをFilesアプリに直接保存する
  • サポートされているデバイスでLinuxアプリを実行する
  • 任意のテキストフィールドへのディクテーション、アクセシビリティ設定の新機能
  • キオスクアプリの電源状態アラート
  • グローバルなテキスト読み上げ設定
  • ナイトライト(夜間モード?)
  • 絵文字への高速アクセス
  • OOBEの見た目の改善
  • 概要でスワイプしてアプリを閉じる
  • タブレットモード動作統一
  • ビデオキャプチャサービス

前回の記事で触ったChromium OS 68(Dev)の時期以降にChrome OSに追加された新機能。
Chrome OSとChromium OSは1:1で対応しているわけではないだろうし、Googleのサービスを使う部分についてはChromium OSでは非対応の部分が多い。なので詳しい更新履歴は利用するChromium OSのデベロッバが公開しているものを見て欲しい。

前回はArnoldTheBats World of Whimsyを利用させて貰ったが、今回はneverwareのCloudReadyの無料版であるHome Editionを触ってみた。ダウンロードはhttps://www.neverware.com/freedownloadのページから。

CloudReady 1
Windowsのユーザーは素直に[Download USB Maker]ボタンからファイルを入手して実行すれば良いのかな? Windowsを使っていない場合は、「Mac or Chromebook user?」の下にある[Download 64-bit]ボタンを押してダウンロード。(または32-bit)
ダウンロードしたZIPファイルを解凍するとcloudready-free-72.4.27-64-bit.binのようなファイルが取り出される。(72.4.27-64の部分はバージョンによって異なる)
EtcherのようなUSBメモリにイメージファイルを書き込むツールで取り出したファイルを書き込む。当然だけど普通のファイラーでUSBメモリに「コピー」するのじゃダメ。

書き込みが終わったらUSBメモリをPCに挿してPCを起動する。USBメモリからの起動すると(何もかも)動作遅い。 ライブモードでお試し動作を試すこともできる。既存のGoogleアカウントでログインするとクラウドストレージを使うのがメインなChromium OSなので事実上ほぼ普通に使うのと同じになる。
ただし、Googleアカウントでログインしてしまうと、ボタンクリックでのHDD/SSDへのインストールはできなくなる。(PCのストレージにCloudReadyをインストールするには要ログアウト)。または、コマンドでのインストールはログイン中でも行える。コマンドインストールは方法も実行するコマンドも前回のArnoldTheBats World of Whimsyのときと全く同じ。おそらく普通は次のインストール方法を使うだろうけど。

CloudReady 2
ログアウトした状態でのインストールは右下の時刻などが表示されている部分をクリックして[Install OS]を押す。

CloudReady 3
PCのストレージにインストールして再起動後。

CloudReady 4
システム情報。「設定」の中にある。

CloudReady 5
左下のランチャーでドロワー1段め、中央の赤枠部分のクリックでドロワー2段めが開く。この1段め・2段めというのは最近のAndroidで(ドロワーではなく)通知エリアを開くみたいな感じ?
VirtualBoxが最初から入っているようなので、Chromium OSの上にLinuxやWindowsをゲストOSとしてインストールできるみたい。(試していない)

CloudReady 6
ドロワーの2段め。さらに赤枠の部分のクリックでページ切り替え。

CloudReady 7
日本語入力については前回と全く変わらず。Linuxでいうところの「日本語変換」相当の設定は上の画面のようにできるが、「入力メソッド」に相当する部分の設定が無いので入力キーのカスタマイズが全くできない。
英語配列のキーボードで入力することしか考えられていない?でも、英語・日本語の切り替えが[全角・半角]キーでできるので日本語キーボードに対応してないわけでもないのか・・・そのわりに変換キーが[Space]キー固定なのよねぇ。なんにしてもこれだけで受け付けないという人もいる筈。

昨年夏にArnoldTheBats World of Whimsyを試したときの設定の一部が自動的に適用された。壁紙など。 でも、適用されない設定も多い。

ノートPCなら画面を閉じればサスペンドし、開いて電源ボタンを押せば2〜4秒で元の状態に復帰する。試しているノートPCが例の6年前に新品で23000円で購入した低スペック機なのでこれは感動的に速い。その他の動作のキビキビ感も試用した低スペック機では他のOSではなかなか味わえない素晴らしいもの。もっとも、この感じは昨年夏にArnoldTheBats World of Whimsyを試したときも同じだったので新鮮さはない。

アプリケーションは、前回と同じく「寂しい」状態。まして、Androidアプリを利用できる(らしい)Chrome OSとは違い、Androidアプリを利用できないChromium OSでは「何もない」という表現がおおげさではない。
いまのところ、「痒いところに手が届かない単なるブラウザ専用OS」から抜け出せていないので使いものにならないということに。だからなのか、どんなにキビキビでもChromium OSは使いたくない思うのよね。それがChromium OSが普及しない原因なのかもしれないけど。

ブラウザがあれば良い、逆にブラウザ以外いらない、利用者がPCを使ったことがスマホ世代ということであれば「Androidに似たPC用OS」みたいなものなので良いのかもしれない。
要するにChromium OSに対する感想は前回と大して変わらず。

CloudReadyについては大きな長所や短所を見つけられず、特に感想なし。

La FoneraのDD-WRTファームウエア更新

以前に書いたLa Fonera再利用 DD-WRTルーター Wi-Fi APのあと、1年半以上放置してたけど、久しぶりにDD-WRTのウェブサイトをみたらメジャーバージョンが変わっていた。
現状で特に不満があるわけではないが、せっかくなので更新することに。前回と同じくLa Foneraの蓋を開けて何かしなきゃならないわけではないので簡単。特に今回は家庭用ルーターの更新レベル。

DD-WRT 1
前回同様に http://www.dd-wrt.com/site/support/router-database でLa Fonera用のイメージファイルを検索する。La Fonera用を探すなら検索窓に「fon」を入力。 検索結果のリストから所有するLa Foneraの機種の行をクリック。上の画像ではRevisionが2200の行 (La Fonera 2200用)をクリック。(手持ちのLa Foneraの機種番に読み替えて)
前回はDD-WRTが入っていない状態からPCのアプリを使ってファームウエアをLa Foneraに書き込んだが、今回は簡単に更新したいということで、ウェブ更新を使う。(ご家庭向けルーターと同じようなの)
と、いうことで、ウェブ更新用のfonera-firmware.binをダウンロードする。ちなみにLa Fonera 2200用の最新版はファイルサイズ6.1MBしかない。このサイズで高機能だから凄い。ウェブ更新用でない方もほぼ同じサイズ。

DD-WRT 2
管理画面のステータス。
1年半前に導入したまま。右上のバージョンを見るとv24-sp2(2013年3月25日版)ということになっている。つまりVer.2.4ね。

DD-WRT 3
上部の2段タブから(上段)[Administration]→[Firmware Upgrade](下段)を選択。
既存の設定をそのまま使うなら[Don't reset](初期値)
「ファイルを選択」ボタンを押して先にダウンロードしたファイルを選択する。
下の[Upgrade]ボタンを押して更新開始。

DD-WRT 4
ファイルサイズは小さいが処理にかかる時間はかなり。処理が終わるまでの予想残り秒数が表示されるが、それが1100秒程度からカウントされる。ただし、最後の100〜200秒のカウントが終わるまでに突然更新完了になる。実際の時間は15分ていどと思われる。
あと、更新が終わると白い画面になる。ブラウザに表示されるURLは更新途中から変わらず。
更新表示が終わったブラウザを1度閉じて、改めてブラウザでこれまで管理画面にログインするためのURLで開く。要するにブラウザのURL欄にはDD-WRTのIPアドレスだけ入力して開く。今回は設定リセットしないを選択しているのでこれまで使ってきた設定やIPアドレスは維持されている。

DD-WRT 5
なんか見た目は全然変わらない。バージョンはv3.0-r37305(2018年10月10日版)になっている。

DD-WRT 6
システムの状態を見る。
今見ると凄くショボイスペック。いや、入手した頃からショボかったっけ。2100だか2200だか憶えてないけど、2007年頃に無料や500円とかで配布されてたようなハードだからねぇ。自分が持ってるのも貰い物だし。
逆にこのスペックにDD-WRTの多機能が詰まって軽く動作するんだから凄い。

管理画面の見た目と設定項目は眺めた限りではv2.4から変わってなさげ。バージョンの数字だけ書き換えましたと言われたら信じるレベルで何も変わってないように思う。

まぁ、2017年にインストールしたときに最新版が2013年3月25日版だったので、La Fonere 2100/2200用のDD-WRTは開発終了になっているものだとばかり思ってた。それが、まだ更新されるんだからバージョンの数字が変わっただけでも良しという感じ。実際に何が変わったのか調べたくてChange Logのようなものを探したが見つけられず全く不明。

SSHは管理画面のメニュー上では利用可能になってるが、実際にはポートが閉じているようなので諦めてtelnetで接続してみた。

$ telnet 192.168.6.3  ←DD-WRTのIPアドレスを指定
DD-WRT v3.0-r37305 std (c) 2018 NewMedia-NET GmbH
Release: 10/10/18

DD-WRT login: root ←ウェブ管理画面のIDではなくroot固定
Password:  ウェブ管理画面のパスワード
==========================================================
 
     ___  ___     _      _____  ______       ____  ___ 
    / _ \/ _ \___| | /| / / _ \/_  __/ _  __|_  / / _ \
   / // / // /___/ |/ |/ / , _/ / /   | |/ //_ <_/ // /
  /____/____/    |__/|__/_/|_| /_/    |___/____(_)___/ 
                                                     
                       DD-WRT v3.0
                   http://www.dd-wrt.com
 
==========================================================


BusyBox v1.29.3 (2018-10-10 10:31:23 CEST) built-in shell (ash)

root@DD-WRT:~# ifconfig -a
ath0      Link encap:Ethernet  HWaddr 00:18:84:**:**:**  
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:0 errors:0 dropped:1312 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:0 
          RX bytes:0 (0.0 B)  TX bytes:0 (0.0 B)

br0       Link encap:Ethernet  HWaddr 00:18:84:**:**:**  
          inet addr:192.168.6.3  Bcast:192.168.6.255  Mask:255.255.255.0
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:17146 errors:0 dropped:1137 overruns:0 frame:0
          TX packets:14406 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:0 
          RX bytes:2289843 (2.1 MiB)  TX bytes:6917309 (6.5 MiB)

eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr 00:18:84:**:**:**  
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:17372 errors:0 dropped:210 overruns:0 frame:0
          TX packets:14406 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000 
          RX bytes:2599090 (2.4 MiB)  TX bytes:6917309 (6.5 MiB)
          Interrupt:4 Base address:0x1000 

lo        Link encap:Local Loopback  
          inet addr:127.0.0.1  Mask:255.0.0.0
          UP LOOPBACK RUNNING MULTICAST  MTU:16436  Metric:1
          RX packets:1 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:1 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:0 
          RX bytes:576 (576.0 B)  TX bytes:576 (576.0 B)

wifi0     Link encap:UNSPEC  HWaddr 00-18-84-82-7C-09-00-00-00-00-00-00-00-00-00-00  
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:4941 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:357
          TX packets:3076 errors:249 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:295 
          RX bytes:628880 (614.1 KiB)  TX bytes:239700 (234.0 KiB)
          Interrupt:3 Memory:b0000000-b000ffff 

root@DD-WRT:~# lsmod
Module                  Size  Used by
shortcut_fe            84464  0 
nf_nat_h323             4224  0 
nf_conntrack_h323      32960  1 nf_nat_h323
ath_ahb               254608  0 
ath_hal               121760  2 ath_ahb
root@DD-WRT:~# dmesg
<5>[    0.000000] Linux version 3.2.102 (root@linux) (gcc version 8.2.0 (OpenWrt GCC 8.2.0 r7577-d14647dd59) ) #44536 Wed Oct 10 10:32:30 CEST 2018
<6>[    0.000000] bootconsole [early0] enabled
<6>[    0.000000] CPU revision is: 00019064 (MIPS 4KEc)
<6>[    0.000000] Determined physical RAM map:
<6>[    0.000000]  memory: 01000000 @ 00000000 (usable)
<4>[    0.000000] Zone PFN ranges:
<4>[    0.000000]   Normal   0x00000000 -> 0x00001000
<4>[    0.000000] Movable zone start PFN for each node
<4>[    0.000000] early_node_map[1] active PFN ranges
<4>[    0.000000]     0: 0x00000000 -> 0x00001000
<7>[    0.000000] On node 0 totalpages: 4096
<7>[    0.000000] free_area_init_node: node 0, pgdat 8026bc70, node_mem_map 802c2000
<7>[    0.000000]   Normal zone: 32 pages used for memmap
<7>[    0.000000]   Normal zone: 0 pages reserved
<7>[    0.000000]   Normal zone: 4064 pages, LIFO batch:0
<7>[    0.000000] pcpu-alloc: s0 r0 d32768 u32768 alloc=1*32768
<7>[    0.000000] pcpu-alloc: [0] 0 
<4>[    0.000000] Built 1 zonelists in Zone order, mobility grouping off.  Total pages: 4064
<5>[    0.000000] Kernel command line: console=ttyS0,115200 root=1f02 rootfstype=squashfs noinitrd  init=/sbin/init
<6>[    0.000000] PID hash table entries: 64 (order: -4, 256 bytes)
<6>[    0.000000] Dentry cache hash table entries: 2048 (order: 1, 8192 bytes)
<6>[    0.000000] Inode-cache hash table entries: 1024 (order: 0, 4096 bytes)
<4>[    0.000000] Primary instruction cache 16kB, VIPT, 4-way, linesize 16 bytes.
<4>[    0.000000] Primary data cache 16kB, 4-way, VIPT, no aliases, linesize 16 bytes
<6>[    0.000000] Memory: 13376k/16384k available (1974k kernel code, 3008k reserved, 309k data, 144k init, 0k highmem)
(大量なので最初の部分だけ)

関連記事:

KDE neonの更新

KDE neonの更新 1

KDE neonは非常に良くできたLinuxのディストリビューション。
簡単なのでPCのド素人にもお薦めできるし見た目もショボくない。
と、思って昨年より愛用してたんだけど、昨年末頃から標準のソフトウエア管理ツールのDiscoverの更新機能が正常に機能しなくなっていた。WindowsでいえばWindows Updateが機能しないようなもの。

すぐに修正されるかなと思っていたが待てども解決されず。もちろん、公式サイトから今年に入ってリリースされた最新版のイメージファイルをダウンロードしたクリーンインストールしたものも同様。
更新するべきソフトウエアの件数だけは通知されるがGUIだけではどうにもできず。

KDE neonの更新 2
標準のソフトウエア管理アプリのDiscoverで更新の確認を行うと更新対象のパッケージがリストアップされて、上の画像の右上の赤い四角の部分が本来であれば[Update All]などの押せる状態のボタンに変わる筈だが、更新確認完了にならず、灰色表示のままで押せるボタンの状態にならない。もちろんリストアップされた更新対象のパッケージも更新できない。

KDE neonの更新 3
KDE neonのFAQページには上のように書かれている。ところが、これは書かれたまま実行しても延々といつまで経っても終わらない更新作業になる。おそらく普通の人は途中で諦めるかと。そして、昨日まではターミナルでコマンドを打って更新してもDiscoverで更新できる状態にはならなかった。

% sudo -s
[sudo] foobar のパスワード: ************************
# pkcon refresh -y
# pkcon update -y

sudo -sで管理者に昇格せずsudo pkcon 〜の方がLinuxの流儀かも。
どちらにしても -yを付けて実行する。これで自動進行する。

KDE neonの更新 4
昨日の更新でDiscoverの更新機能が一部or全部正しく機能するようになったみたい。少なくとも更新確認は完了するようになった。
手動で更新し終わったばかりなので新しい更新ファイルが無くて正常に更新が出来ることは確認できていない。

ただ、昨日の更新をしたら一部アプリ見た目との挙動が変になった気が・・・

同日追記:
と、思ったら、すぐに新しい更新が来たので早速Discoverで更新してみた。

KDE neonの更新 5
更新するべきパッケージのリストが表示されて、それを更新するためのボタンが押せるようになっている。このボタンが押せないという異常がおよそ3ヶ月ほど続いたのよねぇ。

KDE neonの更新 6
画像では判らないだろうが、正常に更新が完了した。そして右上の の更新するべきパッケージがあるか確認するボタンが押せて、その確認が正常に完了する。つまり更新周りの異常は無くなり正常になった。