ピザの店ベルペイ (滋賀県長浜市)

滋賀県長浜市に何度も通っているのだが、ピザの美味しい店があるということで行ってみた。

JR長浜駅から北側に道のりで2.4kmほど徒歩で30分程度ということで、歩いて行けない距離ではないが中途半端に遠い。

ピザの店ベルペイ 1
一つの敷地に数件の店が並んでいるような感じ。駐車場はそれなりに台数停められるようなのでクルマがあると来やすそうではある。
店の外観はおもいっきしイタリア国旗風。
PIZZAベルペイと書かれているのでメインはピザ、「ベルペイ」はアルファベットの綴りも意味も不明。
店の前に停まってる自転車はなんかいつもここにあるらしい(伝聞)。

ピザの店ベルペイ 2
店内の様子。昭和な喫茶店か夜の社交場的な謎の造りだが、奥にキッチンとカウンター席があってそこが店の2/3を占める。入り口を入ったところ左右ににテーブル席があるが10人分程度。
正午前に行ったけど既に満席だった。

ピザの店ベルペイ 3
牡蠣のピザ。牡蠣は大きくないがそれなりに数が入っている。これは旨味がとても強い。
サイズは大きくないので女性でも1皿くらいは楽にイケると思う。

ピザの店ベルペイ 4
海老のピザ。こちらも大きくない海老が使われているが、入っている数が多いのでそれなりに海老を食べた気になれる。

ピザの店ベルペイ 5
貝柱のピザ。貝柱はあまり目立たないのでバジルの抜けたマルゲリータみたいに見えるけどちゃんと貝柱(ホタテ?)が入っている。今回食べた中ではこれが一番好き。

ピザの店ベルペイ 6
海老のピザの断面。薄い生地はイタリアのピザの特徴。耳が薄くてパリッとしているのでローマ風っぽい。

個人的にはピザはワイズテーブルコーポレーションが展開するチェーン店のピッツァ・サルヴァトーレ・クオモ(PIZZA SALVATORE CUOMO)を基準としている。超有名というわけではないけど、日本中あちこちに店があるので話が通じやすいしテレビで派手にCM流してるようなクソ不味いのとはレベルが違う。だからサルヴァトーレ・クオモのピザと比べて劣らなければ少なくとも食べてがっかりすることはないといえる。
で、ベルペイはどうかっていうと、サルヴァトーレ・クオモのピザはナポリ風で生地を味わうものなので単純比較はできないけど、それに明らかに劣るということはない感じ。特に不満はなく十分に美味しい。
すっごい美味いかってなると都会には凄い店が幾つもあるしねぇ。名古屋側に近い場合を除いて滋賀県長浜市に行ける範囲の人が「ピザ食いてぇ」って思ったらまぁ選んで間違いないかなってくらい。

ベルペイのピザは1皿1000円程度なので昼ゴハンとかおやつとして気軽に利用できる範囲だと思うけど、注文してから焼くのに時間がかかるのと結構混んでることが多いみたいなので、時間に余裕があることが大事で店内で食べることにこだわらない方が良いかも。テイクアウトできるらしい。ナポリ風ピザだとテイクアウトすると生地がベチャッとなりやすいけどベルペイはローマ風っぽいのでベチャっにはならないかな?(根拠なし)

シェフの寺田寿正さんと寺田学さんはアサヒ緑健の緑効青汁の体験者としてCM?番組で店と共に紹介されていたらしい。たぶんテレビ東京とか衛星放送とかでやってるやつだと思う。緑効青汁とか興味がないので知らんけど。

記事中の画像はスマホでテキトーに撮影したものなのでせっかくの食べ物がなんかキチャナく撮れてるけどご容赦。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です