ダイソー ヘッドスパブラシ

ちょっと気取った店に髪の毛を切りに行って洗髪。
店:「シャンプー入りま〜す」
店:「シート倒しま〜す」
店:「お顔の上失礼しま〜す」死体みたいに白い布を顔の上にかける
ジャー、サワサワ
店:「どこか痒いところございますか?」
俺:?!   「全部だよ!全部!!」(心の中の声)
俺:「無いです・・・」(現実)

昔風の4000円前後の床屋で前かがみで洗髪台に頭突っ込んでおっちゃんに頭皮ごと動かす勢いでワッシャワッシャして貰わないとスッキリしない。
たいてい店出て帰宅して速攻で風呂入って洗髪。

で、床屋関係なく自分で洗髪するとき、ついつい爪を立ててしまうので頭皮によろしくない。そこで利用するのが洗髪用のブラシ。 スーパーでもドラッグストアでも置いてるところは多いと思うけど価格は500〜1500円程度。意外と高い。
そして、素材によっては髪が絡んで軋むし、ブラシの先は削れるので結構な消耗品なのにブラシの先が2,3,4つに分かれてたりして更に寿命が短いものもある。ブラシが折れて脱落するモノも。

以前に100均の店で洗髪用のブラシを探したら数十年前からあるような丸い円盤型のブラシしか無かったと記憶しているけど、今回ダイソーで最近よくあるような掌で包んで持つタイプを見つけたので購入してみた。

洗髪ブラシ 1
ヘッドスパブラシ 男性用 100円(税抜き)
ブラシ部分は露出しているので触ってブラシの弾力を確認できる。(けど不衛生じゃない?)

洗髪ブラシ 2
裏側には説明書きがある。握り部分はポリプロビレン(PP)、ブラシ部分は塩化ビニル樹脂(PVC)。
何故か製造国の表示がいやらしいほど解り難くしてあって、そんなにバレたら売れないと思っているのかと。(中国じゃないけどクソ面倒な隣国の方)

洗髪ブラシ 3
ちょっと小ぶりだけど最近多い握り形状。昔の円盤型ブラシは握りの部分がねじ込み式の別パーツで洗髪中に回って外れたりそこが割れてすぐに壊れたけどこの手の握りは壊れない筈。

洗髪ブラシ 4
ドラッグストアなどで販売されてるちょっと高めのブラシもそうだけどブラシの土台部分に穴が空いていて洗髪時のシャンプーを含んだ水が排水できる(ということになっている)んだけど、実際にはこの手の穴からは殆ど排水されなくて不衛生になりがちなので使用後に毎回ブラシ部分全体を外して洗った方が良い。(お高めのブラシでブラシ部分が外し難いのがあるけど良くないよね)

洗髪ブラシ 5
使い終わったらこうやってブラシを外して洗う。中心に近い方のブラシの付け根が空洞になってるのは太いブラシの頭皮へのアタりを良くするためなのか早く折れることによる買い替えを狙っているのか。
ブラシ側の形成がよくないらしく歪んでいて握り部分へのハマりが良くない。(上の画像では中央最下段付近)

100円なのに予想に反して使い心地は結構良い。ブラシの素材が柔らかすぎず硬すぎないので頭皮へのアタりは良い方。ブラシ土台部分が山型なのだがもう少し低い山の方が良いかも。でないと使い方によってはブラシの中心部分しか頭皮に当たらないことも。 ブラシがPVCなので髪の毛が絡んで軋むことは無い。半高級品でシリコンとかゴム状の樹脂で出来てるのは使用するシャンプーによっては半端なく軋むことがあるので安っぽくてもPVCのが良いのかも。

100均ではかなりアタリの商品。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です