Android8.1ベースのLineageOS 15.1が出回り始める

OREO

Android 8.1ベースのLineageOS 15.1のUnofficial版のイメージファイルが対応予定各機種に出回り始めているみたい。

ZenFone 2 Laser (ZE550KL:日本ではあまり出回っていない5.5インチ画面のやつ)にも来ている。完成度としては15.0と同じくカメラの動画が720P以上で撮影できない。(Footej Cameraを使うと撮影できる)のとSELinuxがPermissiveなこと、Googleアシスタントが「OK Google」の声で呼び出せないことくらいが未解決。逆に言えば、それ以外はほぼ問題ないので試験的に出ている15.1で常用可能。
なお、機種によって完成度が違うのでこの記事見て自分の機種に入れて全然ダメじゃんとかあっても知らんのでご了承のほどを・・。

Google系のアプリをLineageOSで動かすときはOpen GAppsのお世話になるかと思うけど、Open GApps公式サイトで配布されているAndroid8.0用はインストールエラーになる筈なのでAndroid8.1用にビルドされたものを使う必要がある。こちらも既に出回っているので探せば見つかる筈。

LineageOS 15.1
「端末情報」を見るとAndroidバージョンが8.1.0、セキュリティパッチレベルが最新の12月5日になっている。
KRACK脆弱性はLineageOS 15.0でも対応済み(11月6日パッチ)の筈。(11月パッチ) (12月パッチ)

脆弱性よりなにより気になっていた絵文字もAndroid8.1ベースになったことでついに修正済みフォントになって変なのは直ったみたい。

間違い絵文字フォント
Android8.0までの絵文字で酷いと話題になったハンバーガー/ビールジョッキ/チーズ。
LineageOS 15.0以下は上のように変な絵文字が表示される。

  • チーズの位置がハンバーグの下という変なハンバーガー
  • ジョッキ内の泡は透明で、溢れる泡は不透明という謎のビール
  • チーズの穴に凸線があるという謎の黄色い物体。絵を作った人は穴のあるチーズを見たことがなくて染みだと思ってた?

正しい絵文字フォント
LineageOS 15.1では違和感の無い絵文字になって一安心。
まぁ、「がとらぼ」の中の人は絵文字使わないから本当はどうでもいいんだけどね。

ちなみに、「悪いインターネットの絵文字のページ」を見ると上の画像のように端末に入っているフォントで問題の文字が表示される。つまり、Android 8.0までの端末だと不自然な絵の方、8.1だと正しい絵文字が表示される。
なお、モバイル端末だと絵文字が表示されるけど、PCだと絵文字の部分が☒になって表示されるかも。

関連記事:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です