Cisco 7961G電話機のサービスメニュー設定

題名は7961GとなっているがCiscoの電話機の設定は(ある程度)互換性があるので他の機種でも使えるかも。

Cisco 7961G電話機のメニュー設定 1
電話機の前面。業務用の多機能電話としてはそんなにボタンは多くない。ボタンを増やしたければオプションの拡張モジュールで電話機の隣に増設するということらしい。

Cisco 7961G電話機のメニュー設定 2
この記事はこのボタンに対応するメニューや機能について。

7961G電話機の基本的な設定は「Cisco7961Gの設定

SEPxxxxxxxxxxxx.cnf.xml (xxxxxxxxxxxxは電話機のMACアドレス)
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!-- エディタ用UTF-8日本語識別コメント -->
<device>
  中略
  <phoneServices useHTTPS="false">
    <provisioning>2</provisioning>

    <phoneService type="1" category="0">
      <name>Missed Calls</name>
      <url>Application:Cisco/MissedCalls</url>
      <vendor></vendor>
      <version></version>
    </phoneService>
    <phoneService type="1" category="0">
      <name>Received Calls</name>
      <url>Application:Cisco/ReceivedCalls</url>
      <vendor></vendor>
      <version></version>
    </phoneService>
    <phoneService type="1" category="0">
      <name>Placed Calls</name>
      <url>Application:Cisco/PlacedCalls</url>
      <vendor></vendor>
      <version></version>
    </phoneService>
    <phoneService type="1" category="0">
      <name>電話帳</name>
      <url>http://local.example.com/directory.xml</url>
      <vendor></vendor>
      <version></version>
    </phoneService>
    <phoneService type="2" category="0">
      <name>Voicemail</name>
      <url>Application:Cisco/Voicemail</url>
      <vendor></vendor>
      <version></version>
    </phoneService>
    <phoneService type="2" category="0">
      <name>メッセージ</name>
      <url>http://local.example.com/messages.xml</url>
      <vendor></vendor>
      <version></version>
    </phoneService>
    <phoneService type="0" category="0">
      <name>サービス</name>
      <url>http://local.example.com/services.xml</url>
      <vendor></vendor>
      <version></version>
    </phoneService>
  </phoneServices>

  <informationURL>http://local.example.com/information.xml</informationURL>
  <servicesURL>http://local.example.com/services.xml</servicesURL>
  中略
</device>

サービス関係のメニューやメッセージはウェブサーバを利用する。そこで、phoneServicesはHTTPSかそうでないかを指定する。

provisioningは0,1,2を指定するが、0はphoneServicesの指定だけを有効にする場合。1はphoneServicesを無効にしてdirectoryURL, servicesURL, messagesURLの指定を有効にする。2はphoneServices, directoryURL, servicesURL, messagesURLの全てを有効にする。ただし、phoneServicesとそれ以外の設定が競合する場合の挙動が不明。

phoneServicesの中は項目としてphoneServiceを書く。phoneServiceのtypeは0,1,2を指定するが、0はサービスボタン(アプリケーションボタン)に割り当てる項目、1はディレクトリボタンに割り当てる項目、2はメッセージボタンに割り当てる項目。
カテゴリーは不明(がとらぼの中の人が理解していない)なので全て0を指定している。
nameは項目名で電話機のメニューに表示される。日本語も使用可能。
urlにはウェブサーバ上のメニューXMLやスクリプト等の場所を指定する。
venderとsersionは何を指定するものか不明且つ不要そうだが、phoneServiceを指定してこの項目を省略すると(少なくとも7961Gでは)設定ファイルの読み込みエラーになるので省略しない。(重要)

informationURLは電話機のインフォメーションボタンを推した場合に読み込まれる(表示する)ファイルのURLを指定する。これはphoneServicesでは指定できないみたい。(7961Gでは)
servicesURLは電話機のサービスボタンを押した場合に読み込まれる(表示する)ファイルのURLを指定する。phoneServicesでの指定と競合しそうだが、servicesURLとphoneServicesの両方が存在しないと何故かサービスボタンを押しても「設定されていません」の表示が出る(7961G SIP9-4-2SR3で)。両方指定するとPhoneServicesの指定が優先されるみたい。
上の設定例では指定していないが、directoryURLを指定すると標準のディレクトリボタンの「不在着信」「着信履歴」「発信履歴」が表示されなくなりdirectoryURLで指定したファイルの内容が表示される。
directoryURLを指定せずにphoneServicesを指定する場合はApplication:Cisco/MissedCalls (不在着信), Application:Cisco/ReceivedCalls (着信履歴), Application:Cisco/PlacedCalls (発信履歴)を指定しないとそれらが表示されなくなる。
逆に指定した場合は指定したnameが勝手に日本語表示になる。(挙動の詳細不明)

Cisco 7961G電話機のメニュー設定 3
上の設定例でディレクトリボタンを押した時の表示。4番に「電話帳」という項目が増えている(ように見える。実際には先の設定のとおりApplication:Cisco/hogeで不在・着信・発信履歴も指定している)。

Cisco 7961G電話機のメニュー設定 4
電話帳を開いた。設定は以下。

http://local.example.com/directory.xml
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<CiscoIPPhoneDirectory>       
    <Title>電話帳</Title>
    <Prompt>選択してください</Prompt>                    
    <DirectoryEntry>                                              
      <Name>01伊藤博文</Name>         
      <Telephone>0001</Telephone>
    </DirectoryEntry>                                      
    <DirectoryEntry>
      <Name>02黒田清隆</Name>    
      <Telephone>0002</Telephone>
    </DirectoryEntry>
    <DirectoryEntry>
      <Name>03山縣有朋</Name>    
      <Telephone>0003</Telephone>
    </DirectoryEntry>
    <DirectoryEntry>
      <Name>04松方正義</Name>    
      <Telephone>0004</Telephone>
    </DirectoryEntry>
中略
    <DirectoryEntry>
      <Name>32吉田茂</Name>   
      <Telephone>0032</Telephone>
    </DirectoryEntry>
</CiscoIPPhoneDirectory>

CiscoIPPhoneDirectoryを使うと単純な電話リストが表示できる。ただし、最大で32項目(32名)しか記入できない。32項目を超えて書くと33人目以下が表示されないのではなくXML読み込みエラーになる。(ちょっと困った仕様)
なお、7961Gでは表示の上下移動(スクロール)が非常に遅いので僅か32項目でも端から端への移動はイライラする。あと、画面上に実質2項目(2名)しか表示されないのが不満。名前だけ表示で1名1行でいいのに何で2行使うのかしら?

中規模(普通規模)の電話帳にするなら50音でサブメニューを作成し、その下にCiscoIPPhoneDirectoryでリストを作成するとか、大規模な電話帳ならCGIでLDAP, データベース, CardDAVなどから検索したり小分けリストを表示するようにするのが良さそう。既にそういうのは作成されててググれば出てくるけど古すぎてそのままでは使えないのも多い。

Cisco 7961G電話機のメニュー設定 5
インフォメーションをボタンを押した。上の例の設定は以下。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<CiscoIPPhoneText>
   <Title>インフォメーション</Title>
   <Prompt>確認したら[終了]を押してください</Prompt>
   <Text>昨日、近所の吉野家行ったんです。吉野家。
そしたらなんか人がめちゃくちゃいっぱいで座れないんです。
で、よく見たらなんか垂れ幕下がってて、150円引き、とか書いてあるんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前らな、150円引き如きで普段来てない吉野家に来てんじゃねーよ、ボケが。</Text>
</CiscoIPPhoneText>

CiscoIPPhoneTextを使うと単純にテキストを表示するだけの画面を作成できる。
上の画像ではテキスト内で改行していないけど、設定のText内で改行したらそれは改行として有効。

Cisco 7961G電話機のメニュー設定 6
メッセージボタンを押した時の表示。下に「ボイスメール」と「メッセージ」が表示される。この記事ではこれだけ。

Cisco 7961G電話機のメニュー設定 7
上の設定例ではサービスボタン(アプリケーションボタン)を押すとサービス画面に「サービス」がもう一度表示される。それを選択すると上の画像。CiscoIPPhoneIconFileMenuを使うとアイコンを使ったメニュー画面を作成できる。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<CiscoIPPhoneIconFileMenu>
  <Title IconIndex="2">アイコンメニューのサンプル</Title>

  <IconItem>
    <Index>1</Index>
    <URL>http://local.example.com/images/alerm.png</URL>
  </IconItem>
  <IconItem>
    <Index>2</Index>
    <URL>http://local.example.com/images/clock.png</URL>
  </IconItem>
  <IconItem>
    <Index>3</Index>
    <URL>http://local.example.com/images/tenki.png</URL>
  </IconItem>
  <IconItem>
    <Index>4</Index>
    <URL>http://local.example.com/images/twitter.png</URL>
  </IconItem>

  <MenuItem>
    <Name>モーニングコール</Name>
    <IconIndex>1</IconIndex>
    <URL>http://local.example.com/apps/morningcall/morning.php</URL>
  </MenuItem>
  <MenuItem>
    <Name>時報</Name>
    <IconIndex>2</IconIndex>
    <URL>http://local.example.com/apps/clock.php</URL>
  </MenuItem>
  <MenuItem>
    <Name>天気予報</Name>
    <IconIndex>3</IconIndex>
    <URL>http://local.example.com/apps/wheather.php</URL>
  </MenuItem>
  <MenuItem>
    <Name>twitter</Name>
    <IconIndex>4</IconIndex>
    <URL>http://local.example.com/apps/twitter/timeline.php</URL>
  </MenuItem>
 </CiscoIPPhoneIconFileMenu>

アイコンは電話機に登録されているものを使うことも可能だが、数が極端に少ないのと使い途に困るのしかないのでウェブサーバに20x20ドット程度のPNGで作成したファイルを置いてそれを使う方が良さそう。
IconItemとMenuItemが対になって1つの項目を構成する。

このサービス画面関係の良いところはボタンを押す度に毎回ウェブサーバから最新のファイルを取って表示してくれるところ。電話機をリセットせずにコンテンツを更新できるのでとても使い物になる。

この記事では一番簡単な例しか紹介していないけど、豊富にXMLのオブジェクトが用意されているのでいろいろやれそうな気にはさせてくれる。詳しくはCisco公式のドキュメント「CiscoIPPhone XML Objects

関連記事:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です