NanoPi NEO2を超コンパクトなアルミケースに入れる

NanoPi NEO2用のケースはついこの前100均の灰皿に入れるというのをやったばかりだけど、やはり大きすぎるのが気に入らなかった。安っぽすぎるし。
そこで、中国の通販でアルミのエンクロージャを購入した。今回は基板サイズ40x40mmの NanoPi NEO2を入れるとかなり良さげなサイズ(外寸45x47x18.5mm)。お値段はUS$2.06で送料無料。以前に買ったRaspberryPi Zero WとDAC基板を入れたケースよりだいぶ小さいのに少し高い。

今回、途中でカメラのSDカードがぶっ壊れて撮ってた写真が失われたので写真は穴あけ加工以降のものしかない。

NanoPi NEO2をコンパクトなアルミケースに入れる7
これは購入したサイトの商品説明画像。本体は筒になっているので上下にカパッと分離するタイプではない点が注意。

NanoPi NEO2をコンパクトなアルミケースに入れる8
サイズ。寸法的には間違ってない感じだけどなんか思ってたより内側が大きかった。
内側の横幅が39.7±0.15mmと思っていたが、ネジ穴間であって内側の横幅はもう少しあった。だからNanoPi NEO2を入れると1mm程度遊びがある。幅が足りないよりはマシだけど。

NanoPi NEO2をコンパクトなアルミケースに入れる1
すでに穴あけが終わってるけど金色のケースを裏返してヒートシンク側を上にしてその上にNanoPi NEO2を置いた。大きさはこんなもんよということで。
まぁ、ヒートシンクといってもフィンが申し訳程度のものだけど。
それと、NanoPi NEO2の側は以前に取り付けたピンヘッダを外している。ピンヘッダがあるとケースに当たって入らなかった。

NanoPi NEO2をコンパクトなアルミケースに入れる2

金色のケースの本来の向きはこう。ケースの高さ的にNanoPi NEO2のUSB-Aコネクタが収まらないのでケースの天板を削っている。

NanoPi NEO2をコンパクトなアルミケースに入れる3
NanoPi NEO2の基板を納めた状態で後側。
基板の足の部分はケースの断面四隅を貫通するネジ穴がある関係で普通のスペーサーやナットが使えかなったのでストローを切ったものを噛ませている。
暗くて見えないかもだけど、これまで使用していたNanoPi NEO2用ヒートシンクを外してサーマルパッドでケースに放熱させるようにした。microUSBコネクタの下あたりに少し青みががった四角いのが見えてるのがそれ。こうすることでヒートシンク分の高さが要らなくなる。そのために放熱フィン付きケースを選んだわけだし。

NanoPi NEO2をコンパクトなアルミケースに入れる4
ケースのフタをして前面側。今回は予定どおりぴったりの穴になっている。USB-Aコネクタの横に隙間があるじゃないかと思われるかもだけど、写っているとおり、USB-Aコネクタの一番奥に飛び出た金具があるのでその分余分に削る必要があった。

NanoPi NEO2をコンパクトなアルミケースに入れる5
ケースの奥行きがあと5mm程度短ければ良かったんだけど、奥行き(内寸45mm)があるせいで電源用のmicroUSBコネクタが奥まったところにある。そこにUSBケーブルでつなぐにはケーブルコネクタの「つまみ」が通る大きさの穴にしなければならない。幾つかのmiscoUSBケーブルの「つまみ」の大きさを確認しどれでも通るだけの穴を開けた。

NanoPi NEO2をコンパクトなアルミケースに入れる6
ケーブルをつなぐとこんな感じ。

今回は我ながら会心の出来。不器用なのでここまで予定通りにできることはなかなか無い。
そして、すんばらしくコンパクト。見た目では奥行き以外はNanoPi NEO/NEO2専用かと思うくらいぴったり。

2018年2月23日追記: ケースの放熱フィンが無いに等しいくらい小さいが、フィンだけでなくケース全体で放熱するのでNanoPi NEO/NEO2専用ヒートシンクよりも数段上の放熱力がある。NanoPi NEO2にUSBカメラをつなぎ、ffmpegで1280x720 17FPS H.264でエンコード&ストリーミングをさせるという負荷を数日かけたままで安定動作するだけでなくSoCの温度センサーで30℃程度という低温をキープできた。環境はケースに対して風を当てない無風状態、室温5〜10℃。

NanoPi NEO2をコンパクトなアルミケースに入れる7
2018年4月1日追記: 室温が昼に24度の頃。
稼働条件は上の追記と同じでffmpegで1280x720 17FPS H.264でエンコード&ストリーミングをさせっぱなし。(NanoPi NEO2を監視カメラにしているので) 画像の左下のグラフがSoCの温度を示すものだが、室温に影響され16時頃に最高温度、4時頃に最低温度になるのがわかる。最高温度が50℃以下で最高・最低温度の差が10℃ちょっとなのでケースによる放熱は順調で安定しているといえる。

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です