広電(KODEN) 25cmアルミ羽根工業扇風機

サーバーの温度が下がらないので以前と同じくサーバーに空気を吹きかけるという古典的な対策を取ることに。以前持っていたサーキュレーターは秋葉原に引っ越しの際に全て捨ててしまっていたので新しく買うことに。

ところが、無いのよね安くて良いサーキュレーター。以前買ったHaneywellのが良かったのでもう一度買いたかったんだけど、日本での販売取り扱いが無くなったっぽい?羽が40cmのやつは消費電力のわりに風量が十分にあって良く回ったのになぁ。(下の画像)

haneywell
このタイプは今探すと山善かアイリスオーヤマかZEPEAL(電響社)かっていう感じ。よく似てるのでOEMかもしれないけど、モノが同じで値段も同じならアメリカ大手のHaneywellブランドの方が嬉しいよね。逆に、形を似せただけの粗悪品だと困るのでアイリスオーヤマとかZEPEALは怖くて手を出せない。高額で構わなければVORNADOなども選択肢に入るんだろうけど、消耗品だから高いの買う気にはならんよね。

なので、この手の筒状の筐体に入った所謂サーキュレーターはやめて、風が強めの扇風機を探すことに。
扇風機の強力なやつというといわゆる工業扇・工場扇というタイプ。騒音とかはおかまいなしに強力なモーターをブン回して風を送るの。高くても構わないならスイデンあたりを買っとけば間違いないんだろうけど、煩すぎる。違うメーカーの似たような色や形でホームセンターとかにあるようなのは全然風が弱いので注意ね。あと、工場扇タイプで羽の直径の大きなものはアホみたいに電気を喰うので注意。
風量的には本当は45cm級〜が良いんだけど45cmで消費電力が80〜160Wくらいになるので、おもいきって消費電力が50W以下という制限を付けた。すると選択肢は一気に絞られて羽の短い超小型タイプだけになった。超小型タイプは風量が無いので煩いだけの扇風機のおもちゃではあるが、価格がお安めというのがありがたい。風を送りたい対象がピンポイントであれば超小型でもなんとかいける筈だし。

結局、購入したのは広電(KODEN)の25cm工業扇 アルミ羽根 据置き型 KSF2572-Kってやつ。超小さくてすごい軽い(1.6kg)。水が入った2Lのペットボトル1本より軽いんだからホントおもちゃ。
これで一応楕円運動をする首振り機能がついてる。首振りは1周が12秒程度。個人的には首振りは要らないんだけど。
これでお値段がアマゾンで3,847円(送料込み)。かなりお安い。

箱に袋に入った扇風機が入っているだけで、組み立てなどはない。袋から出して電源を繋ぐだけ。

広電25cm工業扇 アルミ羽根 据置き型 KSF2572-K  1
こうして見ると本当にただの扇風機。

広電25cm工業扇 アルミ羽根 据置き型 KSF2572-K  2
羽は金属製。個人的には金属製よりもむしろ樹脂製の方が形状が良くて静かそうに思う。金属製は羽が割れて飛び散るというのが無いのが良いだけ。
で、モーターに空いている穴から中の巻線が見えているので、工業扇・工場扇といいながらも浮遊粉塵の多いところでは使えないと思った方が良さそう。

広電25cm工業扇 アルミ羽根 据置き型 KSF2572-K  3
背面。右側のダイヤルで電源OFFと風量3段階を切り替えるようになっている。ダイヤルの左側は扇風機の首振りのオンオフスイッチ。首振りはオン・オフだけで調節はできない。

広電25cm工業扇 アルミ羽根 据置き型 KSF2572-K  4
本体のモーター側面に貼られたラベル。
MADE IN TAIWANということになっているが、広電のウェブサイトを見たかぎりでは台湾には工場は無さそうなのでOEMかしら?

広電25cm工業扇 アルミ羽根 据置き型 KSF2572-K  5
台座と扇風機本体のジョイント部分。見た感じでは上の画像の中心に写っているネジを緩めると扇風機本体を50度くらい上にだけ向きを変えることができるみたい。(説明書には記載されていないし未確認)少なくとも任意の角度に調節できるわけではなさそう。説明書的には扇風機自身の首振り以外は向きは変えられないっぽいし、固定ネジを緩めるなと書いてある。風を斜め上に向けたければ、台座の下に何か置いて斜めにするという方法での対応になる。

正直な感想。羽が小さいので風の勢い(風速)はあっても風量は無い。風の勢いは昭和の時代に売られてた3枚羽の家庭用扇風機と大して変わらない(むしろ負けてる)気がする。風量は直径が小さいのでどうしても少ないがこれは買う前から解っていたこと。凄く安くて軽いっていうのだけがウリかな。
おそらく一般の人の評価は、本格的な工業扇の風や音を知っていたら全然風が弱いけどとても静かと思うだろうし、いまどきの家庭用扇風機しか知らなければ大きさのわりに結構風が凄いけどかなりうるさいってことになるかと。
気になったのは、すごい臭い。樹脂が溶けた臭いではなさそうだけど、モーターのブラシか軸受けか油か薬品?が熱せられて臭ってるのかしら?狭い部屋で使うなら購入直後の数時間ほどは屋外で慣らし運転をする方が良いかも。

いまどきの家庭用扇風機のようには決して静かではないので家庭で普段使いというのはオススメしないけど、洗濯物の室内干しの風通し用などの一時使い用としては軽くてコンパクトなので使うときにサッと出して使い終わったらスッと片付けられるのでかなり良さ気。それなら首振りも出番があるかな。ただし、先に書いたように上下の向きを変えるというのは基本的にはできないので洗濯物の下から風を当てようとするのではなく、横方向にかなり離れた場所から風を当てることになりそう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です