PoEで電源供給したい

以前からPoE対応の機器を持っていながら自宅ではPoEで電源供給をしたことがない。昔は高かったから最初から諦めてたんだけど、今はまるで状況が違う。何か買ってみたいかなと思って探してみた。例によってAliExpressね。

PoE対応L2SW

TuoTaiDa TTD-4POE/G-S

TuoTaiDa TTD-4POE/G-S
閲覧時の販売価格がUS$52.83と少しお高い印象。
アップリンク込みで5ポートのL2SWでPoEで給電できるのは4ポート。付属ACアダプタのPoEへの電源供給力は入力AC220VでDC48V 2Aの120W???とのこと。日本の一般家庭の100V環境で使えるのかしら?
ACアダプタの電源ケーブル接続部は3Pソケット(IEC 60320-C13)のメスになっているので付属のケーブルのコンセント側プラグが日本のコンセントに合わなければどこのご家庭にも余ってるケーブルを使えば良さ気。
10/100/1000Mbps対応

SSC-SPOE108

SSC-SPOE108
閲覧時の販売価格がUS$23.68とかなり安いがタイムセールで26%引きになっているので通常はもう少し高いのかな。
8ポートのL2SWで10/100Mbps対応。PoEで給電できるのは6ポート。付属ACアダプタのPoEへの電源供給力は110Vで65Wとのことなので接続機器の消費電力はMax50W程度で予定しておくのが無難かな。1ポートあたり8W程度になるので家庭レベルならまぁ十分なんじゃないでしょうか。ただ、見た目が安っぽすぎるのが難点。ACアダプタの電源ケーブル接続部は3Pソケット(IEC 60320-C13)のメスになっているので付属のケーブルのコンセント側プラグが日本のコンセントに合わなければどこのご家庭にも余ってるケーブルを使えば良さ気。

SSC-POE112

SSC-POE112
閲覧時の販売価格がUS$39.99だが、タイムセールで7%引きになっているので通常はもう少し高いのかな。
12ポートのL2SWで10/100Mbps対応。PoEで給電できるのは10ポート。AC220-240Vで150Wということになっているので日本の100V環境では使えないのかしら?
それよりも、上の画像のようにビルトインパワーだと書いてあって電源部にIEC 60320-C13のソケットも見えているのに、本体背面画像を見るとDC INと書いてあってACアダプタを接続するポートしか見えない。この製品はあまりに謎すぎるので買わない方が無難かな。

GXCOM TS6216P-2G-1F

GXCOM TS6216P-2G-1F
16ポートのL2SWで10/100Mbps対応がPoE対応。アップリンク用?の2ポートが1000Mbps対応。他にSFP光ポートが1つ付いているらしい。本当ならなかなか豪華。
背面は電源スイッチと3Pソケット(IEC 60320-C13)のメスとアース、冷却ファンが2つ(あるように見える)。
PoEの出力は15.4W/30W IEEE802.3af/atとなっているのでポートあたりそれぞれの規格の最大電力供給できる筈。
ただし、PoEは全部で250Wまでとのことなので802.3afなら全ポートで最大の15.4Wを使える計算になるが802.3atでは全然足りないので約半分のポートを塞がないとポートあたりの最大電力を使えないことになる。まぁ普通はそんな電力食う機械を大量につながないだろうけど。
19インチラックマウントの1Uタイプでマウント用金具が付く。本体の幅は19インチより短くてマウント金具で届かせるタイプ。
実質剛健で凄くまともそうに見えるんだけど、見た目を裏切ってくれるのが中華のクオリティなのであまり信頼はしないで買って試してみるのが良さそう。

PoEインジェクタ・スプリッタ

ノーブランドPoEインジェクタ・スプリッタ

ノーブランドPoEインジェクタ・スプリッタ
閲覧時の販売価格がUS$1.20だが、タイムセールで10%引きになっているので通常はもう少し高いのかな。
インジェクタ兼スプリッタらしいが、素通しのようなのでそうなんでしょう。インジェクタとして使用する場合は48V対応のACアダプタなどが別途必要なので実質スプリッタ専用だと思っておいた方が良い。
電源コネクタは5.5x2.1mm

Cdycam POE70

Cdycam POE70
閲覧時の価格がUS$0.93-1.86でタイムセールで25%引きになっているので通常はもう少し高いのかな。
こちらもスプリッタだが素通しタイプなので非常に安い。2つ入っていて1本はインジェクタ、もう一方がスプリッタという扱い。電源のコネクタはそれぞれオスとメスになっている。素通しだからどうでも良いと思うんだけど。おそらくPoEのSWを使わないの前提という商品っぽい。
電源コネクタは5.5x2.1mm

PoEスプリッタ

Cdycam POE4812

Cdycam POE4812
閲覧時の価格がUS$6.29-8.99でタイムセールで10%引きになっているので通常はもう少し高いのかな。
こちらはスプリッタなのでLANケーブルを通じて送られてきた電源だけ別に取り出す用。PoE非対応の監視カメラなどを接続する際に使用する。
一応リップルフィルタも付いてるよというのがウリらしい。
電源コネクタは5.5x2.1mm

ノーブランド KAT-P21

ノーブランド KAT-P21
閲覧時の販売価格がUS$8.00。
屋外用の防雨暴風ケースに入ったスプリッタ。屋外にPoE非対応の監視カメラを付ける場合に使用する。
IEEE802.3af/at対応
10/100Mbps対応
電源 Input: 37-57V, DC output: 12V/2A
本体の外蓋に簡体字で「安防专用」(セキュリティ専用?)と大きく書いてある(樹脂の凹凸)ので凄くかっこ悪いのが注意点。

PoEインジェクタ

ノーブランドPoEインジェクタ

ノーブランドPoEインジェクタ
閲覧時の販売価格がUS$2.99 - 4.99。購入時はプラグの形状を選択する。日本の家庭用コンセントの形状ならUS Plugを選択。選択を間違えて購入すると当然コンセントが刺さらないということになる。
PoE給電付きのSWを持ってないという場合に家庭用コンセントに挿してPoE電源を供給するインジェクタ。上の画像のPOEと書かれている側が給電される。
Input: 100-240V 50/60Hz
Output: 48V-0.5A

zhangqing ZQPOEGI008-48V 60W

zhangqing ZQPOEGI008-48V 60W
閲覧時の販売価格がUS$39.00でタイムセールで17%引きになっているので普通はもう少し高い。日本への送料は無料。
8ポートのPoEインジェクタ。電源アダプタ付き。
8ポートで供給が最大60Wなので単純に割ると7.5Wとなり規格(IEEE802.3af)の数値の半分しかないわけではあるが、実際には省電力の機器が多いだろうから全部のポートが埋まっても少し余裕くらい(ポートあたり5W以下だと焦るけど)。
IEEE802.3af/at対応
10/100/1000Mbps対応 、ギガビット対応のが欲しいという人向け。
付属のACアダプタ用のプラグは日本のコンセントに合わないかもだけど家に余ってるのを使えば問題ない筈。

zhangqingは他にもっと安い価格で側面にケーブルを挿すタイプの8ポートを出してるけど両側面にケーブル挿すと場所取るんだよね。

zhangqing ZP-POE-24-48V120W

zhangqing ZP-POE-24-48V120W
閲覧時の販売価格がUS$114.00でタイムセールで5%引きになっているので普通はもう少し高い。日本への送料は無料。
19インチラックマウント用の1Uパッチパネル風の24ポートPoEインジェクタ。電源付きでこのお値段はありがたい。
ただし、付属の電源アダプタでの供給は最大120Wということなので単純に割ると1ポート5Wとなり制限は大きめ。昨日紹介したFanvilのIP電話機なら全ポート繋いでも余裕かな。
パネルの上列が非PoEのLan側。パネルの下列が電源供給がされる側。
IEEE802.3af/at対応
10/100Mbps対応

安いんだけど、中身が粗悪だったときに怖そうなのよね。とくにL2SWなどは大きな電力を扱うので粗悪だと燃えるとか接続している機器を壊すとかありそう。よく考えて購入したい。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です