Androidのダークモード切り替え

昨今ダークモードなる単語が話題になることが多い気がする。
昔から好きな人は好きでやってた暗い画面のやつね。ウェブサイトでいえば「がとらぼ」もここ数年はダークモード。
で、最近はPCのOSのテーマだけでなくアプリもそうだし、スマートフォンでもブラウザ・メール・連絡先など多くアプリでダークモードが利用できるようになっていたりする。(正式にはまだか・・)

3月あたりに話題になったのは現在開発中でAndroidの次のバージョンのQでダークモードにする方法。
Androidスマートフォン側でデバッグモードをオンにしてからPC側でADBコマンドを打つ。

adb shell settings put secure ui_night_mode 2
最後の数字を1にするとダークモードの無効、0にすると自動(壁紙の明るさで変わる?)とのこと。

で、Androidスマートフォンを再起動する。

難しくはないが、たかが画面モードの切り替えでシステムの再起動が必要なのが難点。

それをLineageOS 16 (Android P相当)で試してみた。

Androidダークモード 1
コマンドを打つ前。
上からスワイプしてタイルを表示。壁紙に動画を使っているので壁紙の明るさが判断されずに白地の黒文字の明るいモードになっている。

Androidダークモード 2
Androidの設定のメニューも同じく明るいモード。

Androidダークモード 3
ADBコマンドを打ってシステムを再起動してみた。
タイルを表示。ダークモードなので暗い背景に白文字になった。

Androidダークモード 4
Androidの設定のメニュー画面もダークモードになっている。

Androidダークモード 5
ただ、ダークモードとはいっても、濃い灰色なのであまり良い感じではない。 設定の「スタイル」で「ダークモード」を開き、「ブラック」を選択した。選択前は「デフォルト」
上の画像は既に「ブラック」に切り替わっている状態。

Androidダークモード 6
Androidの設定のメニューも背景が濃い灰色から完全な黒に変わった。こちらの方が好き。

メニューで切り替えれば再起動が不要で即切り替わるので(切り替えメニューがあるなら)それを使う方が良いやね。
3月あたりに話題になったのはAndroid Qのベータ版では、まだメニューでダークモードに切り替えられないのでADBコマンドで切り替えたってだけのようだし。「そんなコマンドが使えたのかぁ」というのはあったけど。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です