Androidのブラウザ他のダークモード

最近だがChromeブラウザにもダークモードが追加された。今回はそれを試してみた。
ついでに他も触ってみた。

Android アプリのダークモード 1
ChromeブラウザのダークモードはChrome 74から機能を実装ということになっている。
初期値はダークモード無効。なのでGoogleのウェブサイトを開くと白地に黒文字。

Android アプリのダークモード 2
Chromeのメニューも白地に黒文字。

Android アプリのダークモード 3
URL欄に chrome://flags を入力する。

Android アプリのダークモード 4
検索用のテキストボックスに dark を入力する。
おそらく2つ表示されるが、用があるのは Android Chrome UI dark mode の方だけ。それのプルダウンメニューから[Enabled]を選択する。
右下の[Relaunch Now]でChromeブラウザを再起動する。

Android アプリのダークモード 5
本当ならこれでダークモードになる筈だが、何故か機能しない。

Android アプリのダークモード 6
もう一度URL欄に chrome://flags を入力する。今度は値を変更済みの Android Chrome UI dark mode が既にリストの上部に表示されていてダークモードが有効になっている。やはり機能していない。

Android アプリのダークモード 7
LineageOS(Android)の設定でスタイルを変更する。システムのスタイルをダークモードにする。[ダーク]を選択する。

Android アプリのダークモード 8
こうすると、Chromeブラウザのダークモードの設定に関わらずダークモードになる。UIだけでなくコンテンツもダークモードになっている?

Android アプリのダークモード 9
もちろん、Chromeブラウザのメニューもダークモード。
上の画像ではChromeブラウザのダークモードは[Disabled](無効)になっている。

ということで、LineageOS 16ではChromeブラウザに搭載されているダークモード機能は効かず、LineageOS 16のシステム設定でダークモードにすることで何故かブラウザもダークモードになる。

Android アプリのダークモード 10
GmailアプリはLineageOS 16のダークモードには影響されない。そして他の多くのアプリと同様にアブリの設定でダークモードにすることもできない。

Android アプリのダークモード 11
システムの設定で「ユーザー補助」(Activity)で「色反転」をオンにする。さらに、先程変更したスタイルはダークモードではなく明るいモードにする。(明るいモードの反転なのでダークモードになる。)

Android アプリのダークモード 12
Gmailの画面が色反転でダークモードになった。
Gmailの他も基本的に元が明るい画面のアプリは全てダークモードになる。
もちろん色反転なのでインチキ。写真や画像の表示は銀塩写真のネガのようになるので実際には使い物にならない。

色反転は元に戻す。

Android アプリのダークモード 13
今度はTwitterの公式アプリ。
このアプリはダークモードの切り替え機能が付いている。
設定から「ディスプレイとサウンド」を開き、「ダークモード」をオンにする。

Android アプリのダークモード 14
Twitterのタイムラインがダークモードになった。

Android Qではどうなるのかよく解っていないが、ダークモードはシステムだけでなく標準的なアプリも含めて機能するようになって欲しいところ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です