羽田空港で着陸中の滑走路を別の機が横断

羽田空港で着陸中の滑走路を別の機が横断 1
テネリフェ空港で発生した衝突事故の再現CG。本文とは関係ありません。

2019年6月15日18:06頃、羽田空港のC滑走路(東側)を南から北向きに着陸した全日空115便が、空港の西側に移動中にA滑走路(西側)を横切った。
A滑走路にはスカイマーク110便が南から北向きに着陸しようとしているところだった。
スカイマーク機は着陸復行して着陸をやりなおしたということではなく、そのまま着陸しているので、あわや衝突というほど緊迫した状況では無さそうだが、どうしてそうなった?
全日空機のタキシングでの滑走路の横断、スカイマーク機の着陸、ともに管制の許可を得て行っていたので、管制のミスらしい。
6月16日、国土交通省は航空事故につながるおそれがあった重大インシデントに認定し、国の運輸安全委員会が調査を始めた。

羽田空港で着陸中の滑走路を別の機が横断 2
2019年6月15日18:06頃のデータ上の飛行機の位置をflightradar24でプロット。
C滑走路に着陸した全日空機(軌跡付きがそれ)は空港北側を西に進行してA滑走路を横断。南からはスカイマーク機(赤丸)が着陸しようとしていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です