インドで着陸時のオーバーランが連続3件発生

エア・インディア・エクスプレス IX384便

エア・インディア・エクスプレス IX384便オーバーラン事故 1

2019年6月30日 日曜日 現地時間17:40頃、ドバイ国際空港発マンガルル国際空港着のエア・インディア・エクスプレス IX384便のボーイング737-8HGがに着陸した際、滑走路をオーバーランした。搭乗していた183人は無事で機体にも大きな損傷は無かった。
追い風の着陸で濡れた路面という悪条件の中、ブレーキ操作が不適切だった模様。

IX384便はマンガルル国際空港南西側(地図の左下)のRESA(安全エリア)に突っ込んだ


スパイスジェット SG3722便

SpiceJet SG3722便オーバーラン事故 1

2019年6月30日 日曜日 現地時間20時20分、スパイスジェットのSG3722便がインド西部のスラト国際空港に着陸した際、滑走路をオーバーランした。
SG3722便はボパール空港からスラト国際空港への定期便で、双発ターボプロップのデ・ハビランド・カナダのダッシュ8 Q400という68人乗りの機種だった。

着陸時は豪雨で視界が悪く、着陸予定の滑走路(2905m)を本来の位置より行き過ぎて接地したため停まりきれなかった模様。同機は滑走路の端を超えてRESAで停止した。乗客はパニックになったが乗員乗客全員無事で機体にもダメージは無かった。

この空港でもオーバーランが発生したのは南西側のRESA


スパイスジェット SG6237便

2019年7月1日月曜日 現地時間23時51分、スパイスジェットのボーイング737-85R SG6237便がインド西部のムンバイ - チャトラパティシヴァージー国際空港に着陸した際、滑走路をオーバーランした。前脚が折れて主翼下のエンジンが損傷したが、乗員乗客は無事だった。

SpiceJet SG6237便オーバーラン事故 1
Flightradar24でジャイプル国際空港からムンバイ空港へのSG6237便の飛行ルートを表示した。空港間の距離は906kmということで羽田−福岡路線より僅かに長い程度。飛行ルートを見るとそれよりだいぶ余分に飛んでいるよう。

SpiceJet SG6237便オーバーラン事故 2
SG6237便は滑走路の西側にオーバーランした。
滑走路を超えてもその先にはRESAがある。しかし、そこは舗装されていないので飛行機の脚にはダメージが大きく破壊されることもある。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です