低価格Androidスマートフォン2019年秋 Ulefone

安いスマートフォンのUlefone

安価な中華スマホとして、最近ちょこちょこ名前を見かけるようになったけど、正直どんな機種があるのかは知らなかったので、少し調べてみた。

Ulefone T2

価格: US$375(40,500円)程度 (割引期間中 $270, 29,160円)
SoC: MediaTek Helio P70
RAM: 6GB
ストレージ: 128GB
画面: 6.7インチ FHD+ (2280 x 1080px) 方式不明
SIMスロット: デュアル
カメラ(外): 2カメラ 1600万画素+800万画素
カメラ(内): 800万画素
バッテリー: 4200mAh
重量: 197g
USB: Type-C
初期OS: Android 9.0
認証: 技適認証済のようです
通信バンド: GSM 省略
3G: WCDMA 1 /2 /4 /5 /8
3G: TDSCDMA: B34/B39 3G: CDMA EVDO: BC0/BC1 4G: TDD-LTE 34 /38 /39 /40 /41
4G: FDD-LTE 1 /2 /3 /4 /5 /7 /8 /12 /17 /19 /20 /28A /28B
Wi-Fi: IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth: 4.2
Antutuスコア: 146000程度

9月6日時点でリリースされている2019年モデルでは上位機種です。そして、最近出たばかりの新製品なのに安い。
画面がとても大きいけどバッテリー容量は普通。そこが心配ではある。
カメラの画素数は欲張っていないけど、十分普通なので問題ない筈。というか、小さいセンサーで画素数凄いのは光が取れなくて色薄くなりがちだから嫌い。
Ulefoneの他のモデルと比べると「がとらぼ」の中の人にはスペックと価格が高すぎで、あまり買いたいとは思いませんでした。

Ulefone Power 6

価格: US$200 (21,600円)程度 (割引期間中 $160, 17,300円)
SoC: MediaTek Helio P35
RAM: 4GB
ストレージ: 64GB
画面: 6.3インチ FHD+ (2280 x 1080px) 方式不明
SIMスロット: デュアル
カメラ(外): 2カメラ 1600万画素+200万画素
カメラ(内): 1600万画素
バッテリー: 6350mAh
重量: 207g
USB: Type-C
初期OS: Android 9.0 (言語リストに日本語対応ありを確認)
認証: 技適未確認
通信バンド: GSM 省略
3G: WCDMA 1 /2 /4 /5 /8
4G: TDD-LTE 40
4G: FDD-LTE 1 /2 /3 /4 /5 /7 /8 /12 /17 /18 /19 /20 /25 /26 /66
Wi-Fi: IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth: 5.0
Antutuスコア: 85000程度

バッテリー容量が大きく充実したスペック。ただし、SoCはP35で性能低めなので価格で考えると少し選びにくいかも。
Wi-FiやBluetoothが気になる人には良い機種。

Ulefone Note 7P

価格: US$120 (13,000円)程度 (割引期間中 $80, 8,700円)
SoC: MediaTek Helio A22
RAM: 3GB
ストレージ: 32GB
画面: 6.1インチ HD (1280 x 600px) 方式不明
SIMスロット: デュアル Nano + Micro
カメラ(外): 2カメラ 800万画素+200万画素
カメラ(内): 500万画素
バッテリー: 3500mAh
重量: 179g
USB: Micro USB
初期OS: Android 9.0 (言語リストに日本語対応ありを確認)
認証: 技適未確認
通信バンド: GSM 省略
3G: WCDMA 1 /5 /8
4G: FDD-LTE 1 /3 /5 /7 /8 /20
Wi-Fi: IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth: 5.0
Antutuスコア: 50000程度? (ネットでは45000〜65000程度の評価あり)

価格は安いが性能が低くバッテリー容量も小さい。また、画面解像度がHDより低いので選びにくいかも。
携帯用の電波のバンド対応は貧弱。Wi-FiやBluetoothが気になる人には良い機種。

Ulefone P6000 Plus

価格: US$125 (13,500円)程度 (割引期間中 $90, 9,800円)
SoC: MediaTek MT6739
RAM: 3GB
ストレージ: 32GB
画面: 6.0インチ HD+ (1440 x 720px) 方式不明
SIMスロット: デュアル Nano
カメラ(外): 2カメラ 800万画素+500万画素
カメラ(内): 200万画素
バッテリー: 6350mAh
重量: 213g
USB: Micro USB
初期OS: Android 9.0 日本語対応
認証: 技適未確認
通信バンド: GSM 省略
3G: WCDMA 1 /5 /8
4G: FDD-LTE 1 /3 /5 /7 /8 /20
Wi-Fi: IEEE802.11 a/b/g/n
Bluetooth: 4.0
Antutuスコア: 35000程度

バッテリー容量が大きなモデルだが、その分重い。性能も限られているが、一応Android9.0が動作するのに向いた3GBのRAMを搭載。画面の解像度はHDでノッチ無し。

Ulefone Note 7

価格: US$84 (9,100円)程度 (割引期間中 $60, 6,500円)
SoC: MediaTek MT6580
RAM: 1GB
ストレージ: 16GB
画面: 6.1インチ HD (1280 x 600px) 方式不明
SIMスロット: デュアル Nano + Micro
カメラ(外): 2カメラ 800万画素+200万画素
カメラ(内): 500万画素
バッテリー: 3500mAh
重量: 178g
USB: Micro USB
初期OS: Android 8.1(Go Edition) 日本語対応
認証: 技適未確認
通信バンド: GSM 省略
3G: WCDMA 1 /2 /5 /8
Wi-Fi: IEEE802.11 b/g/n
Bluetooth: 4.0
Antutuスコア: 21000程度

Note 7Pよりもさらに半分の性能でLTE非対応ということで、価格以前に購入対象から外れると思われます。Note 7Pと同じくバッテリー容量が小さくて画面解像度がHDより低いのが気になります。さらにNote 7PがAndroidのバージョンが9であるのにNode 7は8.1のGoエディションだというのは注意。

ごっついタフネスタイプのスマートフォンを求めていないので今回はArmor Seriesは無視。もちろん、そういうのが欲しいという人もいるだろうし、Ulefoneはアーマーシリーズが売りなのにそれを除外とかありえないという意見もありそうだけどスミマセン。

Ulefoneは安いだけではなくて、他のメーカーにはない面白い部分がちょこちょこと。この記事のスペックにはその部分を全く書いてないけど。Ulefoneは、入っているOSが素のAndroidらしいので変なUIで使い難いというのはないようです。2019年9月現在は全体的にスペックが低すぎる傾向があるように見えるけどアーマーシリーズ入れたらそうでもないのかな?とにかく要注目のメーカーです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です