低価格Androidスマートフォン2019年秋 OPPO

低価格スマートフォンで今回はOPPO。OPPOはまぁまぁ有名なメーカーだと思う。それと、OPPOのインド向けブランドのrealmeも一緒にする。OPPOとrealmeで大して違いがないモデルがあったらrealmeの方が安い印象。だから買うならrealmeかな。

OPPO K3

価格: US$350(37,800円)程度 (割引期間中 $273, 29,500円)
SoC: Qualcomm Snapdragon 710
RAM: 6GB 他に8GBタイプ有り
ストレージ: 64GB 他に128GB 256GBタイプ有り
画面: 6.5インチ FHD+ (2340 x 1080px) AMOLED
SIMスロット: デュアル
カメラ(外): 2カメラ 1600万画素+200万画素
カメラ(内): 1600万画素
バッテリー: 3765mAh
重量: 191g
USB: Type-C
初期OS: Android 9.0
認証: 技適認証済のようです
通信バンド: GSM 省略
3G: WCDMA 1 /5 /8
4G: TDD-LTE 34 /38 /40 /41
4G: FDD-LTE 1 /3 /5 /7 /8
Wi-Fi: IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth: 5.0
Antutuスコア: 166000程度

実売価格がぎりぎり3万円以下ということで低価格機に入れましたが、ミドル機種です。醜い画面のノッチを廃してポップアップするカメラを搭載した美しいデザインでお値段以上の魅力を感じます。携帯電話の対応バンドが少し少ない点を除いて隙きの無い出来が流石です。(ソフトウエアの完成度は除く)

(OPPO) realme 3 pro

価格: US$256(27,700円)程度 (割引期間中 $230, 25,000円)
SoC: Qualcomm Snapdragon 710
RAM: 6GB
ストレージ: 128GB
画面: 6.3インチ FHD+ (2340 x 1080px) IPS
SIMスロット: デュアル
カメラ(外): 2カメラ 1600万画素+500万画素
カメラ(内): 2500万画素
バッテリー: 4050mAh
重量: 172g
USB: Micro USB
初期OS: Android 9.0
認証: 技適未確認
通信バンド: GSM 省略
3G: WCDMA 1 /2 /4 /5 /8
4G: TDD-LTE 38 /39 /40 /41
4G: FDD-LTE B1 /2 /3 /4 /5 /7 /8 /20 /28
Wi-Fi: IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth: 5.0
Antutuスコア: 166000程度

(OPPO) realme X

価格: US$220 (23,800円)程度
SoC: Qualcomm Snapdragon 710
RAM: 4GB 他に6GB, 8GBタイプ有り
ストレージ: 64GB 他に128GBタイプ有り
画面: 6.5インチ FHD+ (2340 x 1080px) AMOLED
SIMスロット: デュアル
カメラ(外): 2カメラ 4800万画素+500万画素
カメラ(内): 1600万画素
バッテリー: 3765mAh
重量: 191g
USB: Type-C
初期OS: Android 9.0 (日本語対応は不明)
認証: 技適未確認
通信バンド: GSM 省略
3G: WCDMA B1 /4 /5 /8
4G: TDD-LTE 34 /38 /39 /40 /41
4G: FDD-LTE 1 /3 /4 /5 /8 /20
Wi-Fi: IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth: 5.0
Antutuスコア: 155000程度(低くないかしら?)

OPPOのサブブランドのRealmeだが、OPPO K3の姉妹機。スペックは殆どOPPO K3と同じだがカメラ性能が増強されている。代わりにこのモデルはmicroSDカードが使えない。また、一番下のバリエーションモデルはメモリが4GBになる。
携帯電話の対応バンドが少し少ない点を除いてはバランスの良い機種。

(OPPO) realme X Lite

価格: US$170 (18,400円)程度
SoC: Qualcomm Snapdragon 710
RAM: 4GB 他に6GBタイプ有り
ストレージ: 64GB 他に128GBタイプ有り
画面: 6.3インチ FHD+ (2340 x 1080px) AMOLED
SIMスロット: デュアル
カメラ(外): 2カメラ 1600万画素+500万画素
カメラ(内): 2500万画素
バッテリー: 4050mAh
重量: 172g
USB: Type-C
初期OS: Android 9.0 (日本語対応は不明)
認証: 技適未確認
通信バンド: GSM 省略
3G: WCDMA B1 /4 /5 /8
4G: TDD-LTE 34 /38 /39 /40 /41
4G: FDD-LTE 1 /3 /4 /5 /8
Wi-Fi: IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth: 5.0
Antutuスコア: 155000程度(低くないかしら?)

フロントカメラのポップアップは無く画面にティアドロップ型のノッチが入る。その分お値段がお安め。この価格でSnapdragon 710はお得かも。そして、画面が一回り小さいので重量も軽め。このモデルは、リアカメラよりもフロントカメラの方が解像度が高い。自撮り向け?
携帯電話の対応バンドが少し少ない点を除いてはバランスの良い機種。この価格でSnapdragon 710はお得かも。

OPPO A9

価格: US$260(28,100円)程度 (割引期間中 $209, 22,500円)
SoC: Mediatek Helio P70
RAM: 4GB 他に6GBタイプ有り
ストレージ: 128GB
画面: 6.5インチ FHD+ (2340 x 1080px) 方式不明
SIMスロット: デュアル
カメラ(外): 2カメラ 1600万画素+200万画素
カメラ(内): 1600万画素
バッテリー: 4020mAh
重量: 190g
USB: Micro USB
初期OS: Android 9.0
認証: 技適未確認
通信バンド: GSM 省略
3G: WCDMA 1 /5 /8
4G: TDD-LTE 34 /38 /40 /41
4G: FDD-LTE 1 /3 /5 /8 /20 /28
Wi-Fi: IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth: 4.2
Antutuスコア: 145000程度

特にこれといった特徴がない?realme X Liteやrealme 3と比べてしまうとどうしてもお値段が高く感じてしまう。メインブランドの製品が霞むってどういう位置付けなのかしら?

(OPPO) realme 3

価格: US$150(16,200円)程度 (割引期間中 $136, 14,700円)
SoC: Mediatek Helio P70
RAM: 3GB 他に4GBタイプ有り
ストレージ: 32GB 他に64GBタイプ有り
画面: 6.2インチ HD+ (1520 x 720px) 方式不明
SIMスロット: デュアル
カメラ(外): 2カメラ 1300万画素+200万画素
カメラ(内): 1300万画素
バッテリー: 4320mAh
重量: 175g
USB: Micro USB
初期OS: Android 9.0
認証: 技適未確認
通信バンド: GSM 省略
3G: WCDMA 1 /5 /8
4G: TDD-LTE 38 /40 /41
4G: FDD-LTE 1 /3 /5 /8
Wi-Fi: IEEE802.11 b/g/n
Bluetooth: 4.2
Antutuスコア: 137000程度

この価格でHelio P70なので嬉しいところだが、画面がHD+なのと携帯電話の対応バンドが低いことWi-Fiが2.4GHzしか使えないことが気になるかもしれません。つまり、SoCだけがミドルクラスで他がエントリクラスなモデル。ちょっと変わっているけどそういうのが欲しいという人もいるのかも。

(OPPO) realme C2

価格: US$110(11,900円)程度 (割引期間中 $98, 10,600円)
SoC: MediaTek Helio P22
RAM: 2GB 他に3GBタイプ有り
ストレージ: 16GB 他に32GBタイプ有り
画面: 6.1インチ HD+ (1560 x 720px) 方式不明
SIMスロット: デュアル
カメラ(外): 2カメラ 1300万画素+200万画素
カメラ(内): 500万画素
バッテリー: 4000mAh
重量: 166g
USB: Micro USB
初期OS: Android 9.0
認証: 技適未確認
通信バンド: GSM 省略
3G: WCDMA 1 /5 /8
4G: TDD-LTE 38 /40 /41
4G: FDD-LTE 1 /3 /5 /8
Wi-Fi: IEEE802.11 b/g/n
Bluetooth: 4.2
Antutuスコア: 76000程度

SoCがHelio P22なので遅いです。画面がHD+なのと携帯電話の対応バンドが低いことWi-Fiが2.4GHzしか使えないことも気になるかもしれません。つまり、全てがエントリクラスなモデル。その割に1万円を下回らないので割高感が少し。でも、エントリモデルでAndroid9.0。
ただし、Android9.0ベースのOSでメモリが2GBだと少しキツイかなという気がするので、買うのであれば3GBメモリのモデルが良いかもしれません。

realmeの公式サイトを見るとベースがrealme 3でSoCがMediaTek Helio P70からMediaTek Helio P60にダウングレードしたrealme 3iというモデルがあるようですが、AliExpressで販売がなかったので価格がわかりませんでした。P70とP60では大きく性能が変わるわけではなさそうですが、常識的にはrealme 3より安いエントリモデルの価格だと思います。
また、Snapdragon712を搭載したミドル機種(このページ内の機種では一番高性能)のrealme 5 ProとSnapdragon 665を搭載したrealme 5 (OPPO A9程度の性能)という新製品もAliExpressでは扱いがありませんでした。
グローバル販売はされるのでしょうか?なければ公式サイトの通信販売を使うことになると思いますが、日本に発送してくれるのかはよく知りません。もちろん技適の問題もあります。

現在販売されているOPPO (realme)のスマートフォンはこのページではAndroid 9.0のような書き方をしていますが、AndroidのカスタムOSであるColorOSというもの。下品ではないけどちょっとクセがあるのと挙動がおかしい問題が・・・(あるという話を聞いた)。
見た目がスマートだし機械のスペックも良いので個人的には嫌いではないんだけど、ソフトウエアがハードのスペックに追いついていないのかな。ピュアAndroidの方が嬉しいかも。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です