プロアクティブ

今年前半に体調を崩したところに夏バテも加わってか口の周りのニキビが酷くなりました。
これまでは一時的に酷くなってもこれまでこのブログで紹介したような製品でケアしていれば劇的にとはならずもマシになったものですが、今回はより酷くなり続けています。
そこで、以前から興味のあったTVのCMでお馴染みのプロアクティブを試すことにしてみました。

ただし、日本のプロアクティブとアメリカのプロアクティブは成分が違うのでどちらを買うかが問題です。
日本のプロアクティブは有効成分はサリチル酸のようです。サリチル酸なら使われている製品が沢山あるので敢えてクソ高いプロアクティブを選ぶ必要はありません。
アメリカのプロアクティブの有効成分は過酸化ベンゾイル(benzoyl peroxide)のようです。(日本のプロアクティブにもナイトクリーム(おまけ?)には何故か過酸化ベンゾイルが入っているとのこと)
サリチル酸の入った製品はプロアクティブでないものを以前に試していてあまり効かなかったのと肌がつっぱるのが嫌なのでNGです。
過酸化ベンゾイルを使った製品は試したことがないので今回はアメリカ版のプロアクティブを使用することにします。

ちなみにアメリカではニキビ対策薬として過酸化ベンゾイルを使用した製品が幾つも出ているので割高なプロアクティブを選ばずにもっと安い製品を使うというのもアリだと思います。

プロアクティブ 4点セット
輸入品の4点セット2ヶ月分。

プロアクティブ 裏面
裏面は成分が書かれています。特に目玉の有効成分だけは一番上に自慢気に書いています。

  • リニューイング クレンザー ・・・ 有効成分 過酸化ベンゾイル2.5%
  • リバイタライジング トナー ・・・ 有効成分 不明
  • リペアリング トリートメント ・・・ 有効成分 過酸化ベンゾイル2.5%
  • リファイニングマスク ・・・ 有効成分 硫黄6%

1番のリニューイング クレンザーと3番のリペアリング トリートメントに過酸化ベンゾイルが入っていて、日本版はそれがサリチル酸のようです。他の成分が同じかどうかは知りません。
2番のリバイタライジング トナーはもしかすると日本とアメリカどちらも同じかもしれません。この製品はそもそもよく解らないものです。日本版では「うるおいを補給できるふきとり化粧水」となっています。
残りのリファイニングマスクは日本のプロアクティブには該当する製品が無いようです。名前がマスクとはなっていますが、硫黄入りのクリームでニキビの酷いエリアに塗り付けて10分ほどすると完全に乾燥するので洗い流すというものです。
硫黄入りの製品は日本にも沢山あるので代替可能かと。

実際に使ってみると
1番のリニューイング クレンザーはスクラブ入り洗顔料のようです。泡立つのかと思ったのですが、泡立ちません。目の周りは避けて優しく洗います。過酸化ベンゾイルが入っていますが、意外とピリピリしません。
2番のリバイタライジング トナーはコットンに染み込ませて軽く抑えて使いますが、過酸化ベンゾイルが入っていないのに最初はビックリするほどピリピリ感じます。慣れるとそれほどでも。
3番のリペアリング トリートメントは塗ると透明でテカらないので外出時にも使えます。ただし、凄まじくピリピリチリチリします。また、過酸化ベンゾイルの乾燥・ピーリング効果のせいか数時間後に日焼け後の皮捲れの小規模版のような事象が発生することがあるのでちょくちょく鏡を見ておかないと非常にみっともないことになっている場合があります。
リファイニングマスクは色付きのクリームなので外出時には使えません。そもそもずっとつけておくものでもないですし。これはピリピリチリチリしません。

効果についてですが、即効性があるものではないでしょうから暫く使い続けるしかありません。私の場合で使い始めて4日程で口の周りの赤みが半分くらいになりましたが、1週間経ってもまだニキビが出来ています。
とはいえ、赤みが引くだけで改善を実感はできます。

10月17日追記 使用を始めて3週間経ちました。赤みは10日程で無くなり2週間目くらいには新しいニキビも出来なくなりました。今はすっかり肌が綺麗に。当初想定していなかった効果として肌が若返った(笑)。正直すごいや。

注意

過酸化ベンゾイルの効果によるものですが、色付きのタオルや衣類に製品が付着すると脱色する場合があるので白いタオルを使うかよく水洗いしてからタオルで拭くかする必要があります。服には絶対に付かないようにしましょう。
過酸化ベンゾイルが合わない人(アレルギー性接触皮膚炎になる人)がいるので十分に注意する必要があります。腕など一箇所に極少量付けて反応を確かめてから顔に使う方が良いでしょう。
既に書いていますが、ピリピリ感は結構凄いです。肌のつっぱり感は無いようです。
プロアクティブを使用して時間が経ってから顔がまるで油を塗ったかのようにテカテカになる場合があります。

輸入版のプロアクティブはAmazonでも購入できます。普通は輸入品はボッタクリ価格が多いと思いますが、プロアクティブについては競争が激しいのか自分で輸入するより安い場合があります。

2015年8月追記: 日本のアマゾンでは輸入版プロアクティブの扱いが激減・高額化しています。特にリペアリング トリートメントの単品販売は無くなっているようです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です