讃岐うどん 谷や

谷や

東京メトロ半蔵門線の水天宮駅、東京メトロ日比谷線・都営地下鉄浅草線の人形町駅の近くにある手打ちのさぬきうどん店。
店に入るとすぐのところで店の人がうどんを打っているのが見える(見せている)。打っているのを見せてくれるのは待ち時間の楽しみになるので良い。
カウンター席もテーブル席も意外と沢山。店の正面が小さい割に中は少し大きなお店です。
今回、注文してから出てくるまでが早かった。早いのは嬉しいが茹で置きなのかと心配になってしまう。
注文を受けてから茹で始めると時間がかかって回転が悪くなるので入店状況を見ながら先手で茹でているのだと信じたい。

麺は標準的な?うどんより僅かに太め。つるつる系の表面。コシは強め。硬いになるぎりぎり手前くらい。
谷やのウェブによると店主は高松市の讃岐うどん「もり家」で修行した自称「うどん馬鹿」。さすがです、麺は美味しいです。 「かけ」に肉をトッピングした擬似肉うどん。肉は普通。いりこでダシをとっているという無添加の出汁は予想に反してそこまでではないかもしれません。肉を入れたからでしょうか。 薬味はおろし生姜とあさつきかな。これは「ざる」でも同じでした。まぁ流石にまともな讃岐うどん店は万能ねぎは出しませんよね。
ということで、今回は「かけ+肉」800円と「ざる」600円、計1,400円也。
そして・・なんということでしょう、何故かうどんの写真を撮ってくるのを忘れていたではありませんか。

水天宮駅と人形町駅は人形町通りに縦に並んで一番近い出口が150mしか離れていないのだが、地下でそのまま乗り換えできる駅ではない。都営地下鉄浅草線もあるのでぱっと地図を見ると線路がどのように通っているのか追い難い。 この地図では半蔵門線の線路(の一部)を紫、日比谷線の線路(の一部)を灰色に塗っている。
緑の線は地下鉄出口から谷や迄の徒歩ルート。特に水天宮駅5番出口から出ると少し離れているが道路を渡った斜め向かいに店が見える。中央人形町二郵便局の隣。

香川県だとうどん2杯って普通なので良いのですが、東京だと2杯目の注文が何か恥ずかしいのは何故でしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です