牛天神(北野神社)

東京都文京区の牛天神こと北野神社に参拝してきました。

祭神は牛「天神」というくらいなので菅原道真です。

この神社は境内にある牛石と呼ばれる岩が有名です。
源頼朝が東国追討中に牛に乗った菅原道真が夢に出てきて2つの良いことがあると告げる。その年に息子の頼家が生まれ翌年には平家も滅ぼすことが出来た。そこで夢を見たこの地に社殿を造営した。
夢から覚めた時に夢で見た菅原道真が乗っていた牛に似た岩が近くにあったのでその岩が牛石と呼ばれるようになった。
夢を見たのは源頼朝ではなく北条氏康という説(話)もあるようです。

ところで、拝殿の横にある末社の大田神社の貧乏神の方がもしかすると有名かも。
貧乏旗本の夢に貧乏神が出てきて「長くこの家に居たが、もう他所に行くから私を祀れば福徳を授けるよ」と言うので言われたとおりに祀ったら裕福になったという何か落語で聞いたことがあるようなお話。
夢つながりなんですね。

最寄り駅は東京メトロ南北線の飯田橋駅(570m徒歩7分)、東京メトロ丸ノ内線の後楽園駅(750m徒歩9分)、都営三田線・都営大江戸線の春日駅(750m徒歩9分)、JR総武線の飯田橋駅(900m徒歩11分)。


牛天神 1
牛天神下の信号を北西方向に折れて1つ目を右に曲がる。坂道の途中右側に牛天神への石段の道。突き当りまで行くとやはり右に曲がって神社に続く坂道になっているので怖くなければ車で登れます。(写真は坂道の途中、既に曲がって石段の方に向いた状態。)

牛天神 2
距離は長くないが結構急な石段。

牛天神 3
拝殿。賽銭箱が閉まっている扉の中にあるが、ガラスの入っていない格子の部分(2箇所?)からお金だけ入れることができます。

牛天神 4
これは普通に天神様に在る臥牛。この神社で有名な牛石ではない。
っていうか、牛石撮れてなかったんですが・・・何で?

牛天神 5
御神木の木斛(もっこく)。真剣に祈ると願いが叶うとか・・

牛天神 6
こちらが貧乏神で有名な大田神社。貧乏神の話から想像すると個人的には貧乏神は男の神のイメージなんだけど、黒闇天女(吉祥天の妹)だそうな。 石段を登ってすぐにある。写真の左側が社務所。北野神社のお守りとか御朱印はこの社務所で。

牛天神 御朱印
御朱印。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です