エレコムトラックボールDEFT PROのサムレストをダイソーのエポキシパテで作る (リベンジ)

4ヶ月ほど前に、DEFT PROのサムレストをダイソーのエポキシパテで作るというのをやったが、最初から硬化したパテを混ぜ込んでしまい「キッタナイなぁ、もう」ってのが気に入らなかった。
その後、ダイソーで新しいエポキシパテを何度か購入してみたが、断面側の銀紙を剥がすと程度の差はあっても茶色に固くなっていた。できれば製造間もないのが欲しいが見分け方が判らないので困る。そこで、全く硬化してないのを買うというのを諦めて紙カードで両端の1〜2mmほどを切り落として中央のきれいなバテだけを使うことにした。ただし、両端以外にパテの層の境にわずかに硬化したのが砂状に混じっているので製造から時間が経ったやつはどうしても完全にキレイとはならないみたい。

新しいパテでサムレストを作り直した 1
練って成形するための机の上にはウェットティッシュやウェットの汗拭きシートの銀色の袋の内側を上にして置いた。この袋の内側はツルツルでエポキシパテがひっつかないので本当にやりやすい。ただし、今回は机の上で整形後にパテが硬化前で柔らかかったにもかかわらずウェットテッシュの袋を持ち上げて脇にどかせたため、パテの底面になる筈の部分が微妙に丸まってしまった。なので平らなところに置くと1つの角の部分が少し浮いた状態になってしまった。ガタガタはしないので使用上は問題ないが、見た目が少し残念に。

上の画像では少しヤスリをかけたあと。ヤスリがけは洗面器に水を張って水に漬けた状態でやると削りやすい。

新しいパテでサムレストを作り直した 2
上の写真の左側の面がトラックボールに接する側。上面に親指が乗る。この上面は、奥側(手首側)は写真の右側方向が下がり、手前側(指先側)は写真の左側方向が下がるのが使いやすいのでそのように削っている。つまり捻れた箸置きみたいな感じ

新しいパテでサムレストを作り直した 3
サムレストがトラックボールと接する部分。前回のような養生テープではなく、ラップをトラックボールに当てて硬化前のパテをしっかり押し付けたのでトラックボールの形状により良く合うようになった。

新しいパテでサムレストを作り直した 4
横倒しにしてトラックボールと接する側を上に向けた。V字溝がしっかり再現されている。細かいシワはラップによるもの。

新しいパテでサムレストを作り直した 5
3Mの両面テープでサムレストをトラックボールに固定した。

新しいパテでサムレストを作り直した 6
トラックボールに手を置くとこんな感じ。今回は高さもちょうど良い感じ。(前回の反省を踏まえた数少ない改良点)

作り方やサムレストの形状は前回とほとんど変わらない。単にエポキシパテの硬化した汚いのがほぼ無いサムレストを改めて作ったというだけの内容です。スミマセン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です