高麗神社

年末年始にかけてルーターが壊れたりPCが使えなくなったりとネットが満足に使えない状態だったので大晦日の記事を今頃(2015/01/17)アップ。

埼玉県日高市の高麗神社(こまじんじゃ)に参拝して来ました。
正直参拝自体どうしようかなとは思ったのですが、アレな部分はあるものの由緒ある神社なので真面目に参拝。

私達は歴史で918年に朝鮮半島で建国した国を高麗(後高麗)、668年に滅亡した満州の高麗(前高麗)を高句麗として習っていますが、ここでは高句麗の方を高麗とします。(「習っています」と書いておいて何ですが、正直にいうと半島の歴史なんて習った記憶無いです。)
高麗が668年に唐&新羅によって滅ぼされ、その前後の混乱期に高麗の王族を含め日本に移って来た中に若光(じゃっこう)がいた。
朝廷は703年に従五位下の若光に王姓を与え、716年に武蔵国の辺境に高麗郡(こまぐん)を新設してその首長を若光として東海・関東に散在していた高麗からの渡来人1,799人を集めて住まわせた。現在の日本政府より当時の朝廷の方が移民の扱いが上手かったようです。
若光は猿田彦、武内宿禰を祀った社を建て、その若光も死後合祀されこれが高麗神社の始まりらしい。
その若光の子孫が代々高麗神社の宮司。
また、若光の菩提を弔う寺が高麗神社の近くの聖天院勝楽寺。

祭神 高麗王若光(こまのこきしじゃっこう)
相殿神
  • 猿田彦命(さるたひこのみこと)
  • 武内宿禰命(たけのうちのすくねのみこと)

武内宿禰は景行天皇(1世紀)から仁徳天皇(4世紀)の頃の政治家。素直に計算すると300歳以上。
猿田彦はその容姿から渡来人という説があるし武内宿禰命もそうなのでこの神社に祀られていても全くおかしくはないが、何故か神社のウェブにもパンフレットにも祭神についてしっかりした記載がありません。若光については書いてあるのですが猿田彦の猿の字もない。

JR高麗川駅から1.7km徒歩20分。途中に幾つも神社への案内板があるので、コンビニのセーブオンの所を曲がるというのだけ間違えなければ迷うことはないかと。

高麗神社 1
高麗川駅から高麗神社への途中。既に日が暮れかけています。飯能の北方で関東平野と山地の境の辺りなので田舎な雰囲気。

高麗神社 2
高麗神社の鳥居前。謹賀新年の横断幕がありますが、参拝は大晦日です。

高麗神社 3
中の鳥居も木製の立派なもの。

高麗神社 4
社殿前の門。

高麗神社 5
その門の扁額を見ると「高句麗神社」と書いてある。何でわざわざ「句」の字を入れたのだろう。

高麗神社 6
こちらも初詣に向けて賽銭箱が横長の巨大なものに。脇の酒樽は高麗王(長澤酒造)という銘柄。ここまでやるかというほど高麗尽くめ。

高麗神社 7
境内には出店がありましたが、アチラ系の民族服や食べ物。この辺りだけまだ韓流が流行っているのかしらん。
興味が無いので通りすぎて、駐車場横。
高麗神社に入る前から見える巨大で場違い感半端無いトーテムポールみたいなものは「将軍標」とかいうものらしい。アチラの国の道祖神。
左が「天下大将軍」、右が「地下女将軍」。意味はよく解りません。
石像なのだが遠目では中学生・高校生あたりが学園祭用に作ったようなハリボテが飾ってあるようにしか見えない。畏怖してというより気持ち悪くて近寄りがたい。

高麗神社 8
「天下大将軍」の後ろ。もう一つの「地下女将軍」の後ろは日本語だったのですが写真が思いっきりブレてたのでこちら。
建てたのは民団のようです。韓日友情年を記念してとか取って付けたような理由で神社の景観に全く合わないものを寄贈したようです。
石像になる前は木製のものがあったようですが、それも現代に入ってからのもの。誰が建てたかは知りません。
残念ながらオールドカマー(7,8世紀に渡って来た人の子孫)を蔑ろにしてニューカマー(近現代になって渡って来た人)が押し付けたようにしか見えません。
やはり感覚が違うんでしょうね。
そもそも高麗(高句麗)は満州から北朝鮮辺りの国で人種的にはツングース系なので支那ならまだしも南がしゃしゃり出て来るのは全くおかしな話なんだけど。

高麗神社 9
高麗神社の近くに在る高麗山聖天院勝楽寺。高麗王若光の菩提寺。
こちらも雷門前に「将軍標」があるが高麗神社のものと比べると違和感が少なめで随分とマシに見える。

高麗神社 10
御朱印

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です