SSDが壊れた

この半年ほど機材が壊れまくってちょっと泣きそう。2月はサーバ1台とUPSも逝ったし。

今回はLinuxのOpenSUSEが入っているメインで使っている端末のSSD。購入して1年半程度。
データはNASに置いているのでほぼOS専用。SSDはOSやアプリの起動が速いので気分良いという理由で使っていた。
ここ数ヶ月、ちょくちょく謎のハングアップが発生していて変だなとは思っていたけど、それ以外は特に大きな異常は感じないでいたが突然ズドンと死んだ感じ。
ハングアップした後、リセットボタンを押したらもう2度と起動することはなかった。他のPCに繋いでもデバイスとしては認識されるがデータにはアクセスできなかった。
これがハードディスクならカッコンカッコン音がし始めたらデータを待避して新しいハードディスクを買ってきてという時間的余裕が貰えるのだけれどSSDは容赦無いなぁ。
おかけで設定ファイルやブラウザのブックマークなどを取り出すことができなかった。

悔しいので壊れたSSDをバラしてみた。

SSDが壊れた 2
こちらが壊れたSSD。台湾のシリコンパワーというメーカーの32GBの安物です。OS専用なので容量的にはこれでも全然余りまくりの超余裕。PCのメモリが潤沢なのでスワップは無しという運用。その方がSSDの書き換え回数が少しでも減るでしょうし。

SSDが壊れた 2
裏側の四隅のネジを外す。ネジの内1つだけ銀色のシールで覆われていて、このシールを剥がすとメーカー保証が無くなる。

SSDが壊れた 3
カパッと蓋を開ければメモリ基板が見える。更に見えているネジ4本を外す。

SSDが壊れた 4
K9GBG08U0A-SCB0 27nm 32Gb NAND Flashチップ。サムスンの糞メモリだった。なるほど壊れるの早かったわけだ。

SSDが壊れた 5
JMicron製の第2世代 JMF616というコントローラーチップが見える。手前のNANYAのチップはよく解らない。

この製品の分解には「コツ」も「力」も不要、小学1年生でもできる超カンタンレベルです。まぁ、バラしたからって何もないわけだが・・・チップは壊すよ
安物のSSDはやはり寿命が短いのでしょうかね。高価な長寿命SSDを買うというのもありかもしれないけどSSDは壊れた時のデータサルベージが無理なのでアクセス速度が速いという利点はあれど今後はもう使いたくないというのが本音。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です