中華激安スマホケースを購入してみた

Redmi 9S用透明ソフトケース
商品説明画像は曲面ガラスケースっぽい雰囲気だけど実物はソフトケース。それが2個入り(同じもの)で、画像では348円の表示だが、購入時は337円。送料は無料。プロモーションリンクが作れない商品なので単純に商品ページへのリンクを貼っておく。

Redmi 9S用透明ソフトケース 1
1月21日に注文して2月16日に到着したので1ヶ月はかからなかったが遅い。春節は跨いでいるけど中国を出るまでには影響なかった筈。運送便がCainiao Super Economy Globalで、中華郵政(台湾ポスト)なので仕方ないのかも。輸送に日数はかかったが届いたパッケージは潰れてはいなかった。仮に潰れても大丈夫な中身だけど。

Redmi 9S用透明ソフトケース 2
AliExpressの商品タイトルが「Skinlee 2 Pieces For Redmi Note 9S Case」なのでちゃんとケースが2つ入っている。写真では右のケースが長く見えるけどカメラのせい。同じ大きさ。
ラベルは「紅米note9PRO」になっている。紅米はRedmiのことで、Note 9 ProはNote 9Sと同デザイン同サイズ。Note 9 Proのグローバル向けはメインカメラが6400万画素でNote 9Sのメインカメラが4800万画素くらいの違いしかなく、インド向けのNote Pro 9 ProはNote 9Sと同じということなのでこれで正しい。
ソフトケースは半透明で、中に白いスポンジ緩衝材が入っている。

Redmi 9S用透明ソフトケース 3
左が今回届いたソフトケースの1つ。右がRedmi Note 9Sに付属したソフトケース。付属ケースは物としては良い方だと思うけど、何が気に入らないかといえば画像のように黄色っぽいこと。これは使っていて黄色くなったのではなく新品のときから。スマホ本体カラーが白だとなんか妙に合わない。そして、USBポートがフタ付き。フタを使えばUSBポートにホコリが入らないから良いと思うこともできるが、正直邪魔。
今回届いた左のソフトケースは普通の透明色で黄色みは無し。画像では右下のイヤホン穴周辺が縒れているように見えるけど実際には異常ではない。

Redmi 9S用透明ソフトケース 4
左が今回届いたソフトケースの1つ。右がこの冬に使ったラギッドフォン風ケース。滑りにくく角の保護がしっかりしている点でラギッドフォン風ケースは優秀だったが、スマホが一回り大きくなってしまうことと、寒い日にクソ冷たいの。手が凍えるほど冷たくてある意味放熱性が良い?でも寒いところでは素手で持ってられないという点で困り物。冬以外は良さそう。安っぽいけど。

Redmi 9S用透明ソフトケース 5
Redmi Note 9Sに付属したソフトケースと同じく、内側全てが格子状のサラサラ加工になっている。今回届いた方はサラサラよりザラザラに近い気もするけど。スマホ本体にベッタリ貼り付かないのでこの加工がある方が良い筈。

Redmi 9S用透明ソフトケース 6
今回届いたソフトケースは側面に白い文字でRM NT9 P MAX 5963と書いてある。5963の意味は不明だが、RM NT9 P MAXはRedmi Note 9 Pro MAXのことだと思われる。Redmi Note 9 Pro MAXというのはNote 9 Proのグローバル向けがインドで販売されたときの名前。インドではNote 9S ≒ Mote 9 Proで、Note 9 Pro(Global) ≒ Note 9 Pro Max。ややこしい。「=」ではなく「≒」なのはファームウエアが違うので一応別機種扱いになってるから。
なんにしろ、この3機種は筐体サイズと部品の配置が同じということ。

Redmi 9S用透明ソフトケース 7
カメラ穴はRedmi Note 9S付属ケース(右)の方が大胆に広く開けてある。今回届いた(左)はカメラレンズ部の大きい四角とフラッシュ用LEDの小型穴に分かれている。左側の電源スイッチ付近が縒れてるのは全く問題ない。全体的に今回届いたソフトケースの方が素材が僅かに薄めな印象。

Redmi 9S用透明ソフトケース 8
今回届いたソフトケースをスマホ本体に嵌めたところ。ボケてるのは絶対にピントを合わせないマンなカシオの安物コンデジのせい。1つ前以降の全ての画像がカシオのコンデジ。カシオのはコンデジのくせに全くピント合わないし画質酷すぎ。
Redmi Note 9S付属ソフトケースは黄色みが強くてスマホ本体の白い色が台無しだったけど、今回届いたソフトケースは色の面では全く問題ないといえる。

Redmi 9S用透明ソフトケース 9
背面カメラ部分。僅かにカメラがソフトケースよりも飛び出ているが、それはNote 9S付属のソフトケースと同じ。カメラの下に指が入る大穴がないので今回届いたケースの方が良いかも。ただし、フラッシュ用LEDの光が小さな穴のせいで広がらないのでそれが影響するような写真になる可能性もなくはない。個人的にはフラッシュ撮影は余程でなければしないので関係ないけど。

Redmi 9S用透明ソフトケース 10
正面側。サイズは完全にぴったり、不足やダボつくことはない。電源ボタン周囲の凹みは付属ケースより良い感じ。
写っているスマホの画面のツイッターアイコンの下側にストラップ用の穴と思われるのがあるけどこれは蛇足だと思う。Redmi Note 9S本体にも付属ケースにもストラップ穴はないし、こんなソフトケースのストラップ穴に紐を付けるとか怖すぎるでしょ。穴が千切れて本体が硬い床に落下したらこのソフトケースだと助からないと思う。

ストラップ穴が余計だったとは思うけど、基本的にはこのケースはアタリだったと思う。2つで337円(購入時)で送料無料なので1つ169円。激安!!
ただし、ケースにスマホ本体を嵌めて手に持った感触としてはツルツルしていてRedmi Note 9S付属ソフトケースと比べて滑りやすい感じ。手に汗をかきやすい季節は要注意だと思った。つまり冬はこのソフトケース、夏はラギッドフォン風ケースの出番ということかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です