7961G電話機のファームウエア更新

7961G電話機

写真はイエデンワとして使用しているCISCOの7961Gです。業務用IP電話機なので企業では見かけることがあるかも。
ドラマだと観てる範囲ではTHE MENTALISTでCBI HQにありました。主人公のジェーンが仕事中に寝るのに愛用していたソファーの枕元?とかヴァンペルトなどの下っ端捜査官のデスクの上なんかは7961Gですね。
向こうは階級で何もかもはっきり違ってくるので上級捜査官のリズボンとかその上の局長など上席になると電話の機種も上級機種になるんじゃないでしょうか。目を凝らして観てるわけでないので不確かだけど。
追記: ハイタワーの机の電話は7970でした。

で、その7961G電話機は購入後に苦労して設定してからはメンテナンスもせずにいたのですがファームウエアの更新版が次々とリリースされていたのに気づいたので最新版にしてみた。ただし、最新版といってもCISCOと保守契約しないで正規に入手できる範囲ですが。

更新前画面
こちらが更新前の画面。ファームウエアのバージョンはSIP9.3.1SR2

CISCOのウェブサイトから最新版のファームウエアのファイルをダウンロードします。6月4日の時点ではSIP用は9.4.2SR1でした。 途中の版で機能追加は9.3.1SR4でのDefault Wallpaper feature, Default Audio Path Support, DSP Audio Enhancement Supportのみ。その他のリリースはバグフィックスだけの様です。

ファームウエアのファイルをダウンロードしたら解凍してTFTPサーバに置きます。
TFTPサーバに置いてある設定ファイル2つに変更を加えます。

SEPxxxxxx.cnf.xml (xxxxxxの部分はMACアドレスなので電話機固有)
<loadInformation>SIP41.9-4-2SR1-1S</loadInformation>

XMLDefault.cnf.xml
<loadInformation1 model="Cisco IP Phone 7961">SIP41.9-4-2SR1-1S</loadInformation1>

電話機の受話器を置いた状態で右の方の[directory](開いた本のアイコンボタン)を押してからダイヤルパネルの[*][*][#][*][*]を押すと電話機が再起動して設定ファイルに書かれたファームウエアを読み込む。

ファームウエア更新中
ファームウエアの更新中は電話機の液晶画面に状況が表示される。

ついでなので液晶画面用の壁紙を用意した。
7961Gでは320 x 196 dotのサイズで4ビットカラー(16色)のPNG画像を用意する。
電話機で壁紙を選ぶ時に表示する壁紙のサムネイル画像も用意する。こちらは80 x 53 dotのサイズでモノクロ16階調。(の筈だが上手くいかないので私は2階調で作る)
TFTPサーバに/Desktops/320x196x4/というディレクトリを作成して壁紙ファイルとサムネイルファイルを置く。(画像ファイルは次のList.xml設定ファイルでpathを指定できるので必ずここに置く必要はない)
以下の壁紙用設定ファイルを作成しDesktops/320x196x4/ディレクトリに置く。

List.xml
<CiscoIPPhoneImageList>
<ImageItem Image="/Desktops/320x196x4/1枚目の壁紙のサムネイル.png" URL="/Desktops/320x196x4/1枚目の壁紙.png"/>
<ImageItem Image="/Desktops/320x196x4/2枚目の壁紙のサムネイル.png" URL="/Desktops/320x196x4/2枚目の壁紙.png"/>
</CiscoIPPhoneImageList>

壁紙変更後の液晶画面
今回はCISCOのロゴの画像を壁紙にしてみた。ロゴが下側で反射している部分で薄い階調も表現したつもり。

ちなみに壁紙の選択は電話機右側の[settings]ボタンを押し、[1](User Preferences), [2](Background Images),上下ボタンで画像選択, [Select](画面下一番左), [Save](画面下左から2番目), [Exit](画面下左から3番目)。
[Save]しておかないと再起動後に壁紙が表示されない。

電話機のウェブ画面
設定ファイルで電話機へのウェブアクセスを許可しているのでブラウザから電話機のIPアドレスにアクセスすれば電話機のウェブ画面が表示される。
ウェブ画面といっても設定などはできなくて電話機の状態とログを見られる程度。とりあえずDevice Informationを見れば、Versionの項目にファームウエアのそれが表示されるので更新した筈のバージョンになっていれば完了。

TFTPサーバを動かしている時はsysctlでnet.inet.udp.blackhole=1を指定すると碌な事にならないので注意。ちょっと前にうっかり設定してしまって電話機がTFTPサーバからちゃんとファイル取ってくれないと悩んでしまいました。

関連記事:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です