シートベルトとエアバッグの警告灯が消えない?

新たな新型コロ助非常事態宣言で行き来できなくなる前にということで、実家に。で、実家の古いクルマに乗った。
実は、昨年秋にもこのクルマに乗ったときに気付いていたのだが、ずっとシートベルトとエアバッグの警告灯(2種合わせて1つの警告灯)が点きっぱなし。
今回乗ってもやはり同じ。

シートベルトとエアバッグの警告灯が点きっぱなし 1
エンジンをかける時、コンソールの全てのランプが点灯する。(これは普通)

シートベルトとエアバッグの警告灯が点きっぱなし 2
エアバッグ(とシートベルト)の警告灯だけ点灯し続ける。(異常) これは走行時も。
シートベルト未装着警告灯は1つ前の画像の速度計の140の右側で点灯している警告灯で、これは前席に着座してシートベルト未装着で点灯、それ以外消灯するので正常動作。

クルマの警告灯はエラー等で点灯すると実際には壊れていなくても、または一部の異常であっても機能丸ごとキャンセルされる可能性があるので怖い。つまり、衝突時にエアバッグが展開されないかもしれない。シートベルトの方も衝突時に巻き取られなかったり、逆に力が加わりすぎたときに適度に緩める機能が動作しないと体がヤバい。
今回の場合はエアバッグの問題なのかシートベルトの問題なのか不明だが、そもそも素人がエアバッグ側を触るのは無理。自分でなんとかできるかもしれないのはシートベルト側。そして、埃やゴミで異常になるのもおそらくシートベルト側。

シートベルトとエアバッグの警告灯が点きっぱなし 3
通常は、シートベルトを装着する際に勢いよくベルトを引き出すことはない。仮に勢いよく引き出すとカツンと音がしてロックされベルトが引き出せない。今回はあえてロックさせるために勢いよく引き出した。正常にロックされるのを確認し少しベルトを戻すと元に戻る(ベルトを引き出せるようになる)。これを運転席と助手席のシートベルトで実施。(実家のクルマは制御されるのは前席のシートベルトだけ)

シートベルトとエアバッグの警告灯が点きっぱなし 4
再びエンジンをかけるとシートベルトとエアバッグの警告灯が正常に消灯するようになった。
ベルトをシュっ、カツンだけで直ったので超簡単。

クルマの古さが中途半端なのでシートベルト部分(Bピラーの内側)のカバーを開けて内部を掃除しなくてはならない程ではなかった。
整備士さんに見てもらうとつまらないことでも金かかるので自分で対応できる範囲ならできるだけ自分でなんとかしたいところ。とはいえ、わからないことを無理に自分でなんとかしようとして手に負えなくしてから整備士さんのところに持っていくと余計な手間賃を払うことになるかもしれないので「自分には無理」と判断することも大事と思う。
警告灯が点いているのに放置だけは厳禁ということで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です