Windows10アップグレード予約とは何だったのか

Windows10へのアップグレードが始まりました。結構早くからアップグレード予約なるものが始まっていてWindows7,8の人は7月29日になったらすぐにWindows10へのアップグレードが始められるのかと思っていたことでしょうか。
まぁ容量の大きなものでもあるのでそうはいかんだろうとは思っていたけどやっぱりねな感じ。

アップグレードの優先順位があるらしく、Windows7,8の一般ユーザーが後回しのようです。一生懸命wuauclt.exe /updatenowを試した人もいるでしょうがダメですよねたぶん。私もやりましたがダメでした。

で、予想とおりISOファイルがダウンロードできるようになったのでhttps://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10ISOからISOファイルを落としてきます。

Windows10ダウンロード 1

Windows7,8のHome,Proの人は「Windows10」を選択します。

Windows10ダウンロード 2

「日本語」を選択します。

Windows10ダウンロード 3

「32-bitのダウンロード」または「64-bitのダウンロード」を選択します。

ISOファイルのダウンロードが完了したらDVDに焼きます。

Windows7,8が動いているPCのCD/DVDドライブに焼いたDVDを入れます。

Windows10アップグレード 1

自動起動しない場合は(たぶん普通はそう)、エクスプローラでDVDドライブをクリックします。

Windows10アップグレード 2

「更新プログラムをダウンロードしてインストールする(推奨)」を選択して「次へ」

Windows10アップグレード 3

暫く待ちます。

Windows10アップグレード 4

普通は「同意する」を選択しますよね。「拒否」したらアップグレードがキャンセルされます。

Windows10アップグレード 5

また暫く待ちます。

Windows10アップグレード 6

インストール対象(普通は両方にチェック)して「インストール」ボタンを押す。

今度はとんでもなく待ちます。OSの再起動が発生しますが「ようこそ こんにちわ」が出るまでひたすら待ちます。

Windows10では従来のアップグレードと違ってプロダクトキーの入力が不要のようです。

こんな感じでWindows10へのアップグレードが出来ます。予約って意味あったんですかねぇ。

一度Windows10にアップグレードしてMicrosoftにマシン情報が登録されてしまえば今回アップグレードに使用したDVDメディアでクリーンインストールもできるようです。(試していません)ます。次の記事

ノートPCの人は気軽にアップグレードできますが、自作系PCの人はアップグレード後は迂闊に部品を変えられないので躊躇してしまいますよね。

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です