Cyber-shot DSC-RX100M4 (殆ど初代RX100の話)

RX100
写真は初代RX100

個人的な普段使いのカメラはSonyのCyber-shot DSC-RX100。俗称初代RX100。

その初代を購入したのは発売翌日。当時でもコンデジに6万は高いなぁと思いつつ購入したものですが、このシリーズは代を重ねるに連れ高額化し今回発売されたRX100M4に至っては11〜12万円。技術的に凄いどうこう以前にちょっと気軽に使うコンデジの域を超えています。ポイっと鞄に入れるのも躊躇するし、もしも盗られでもしようものなら人格が崩壊しそうです。(個人的な金銭感覚です)
RX100M4の廉価版とか出してくれないかなぁ。ただし、初代RX100より悪くならないこと。

さて、タイトルのRX100M4の話は僅かこれだけで終わり。で、初代RX100の話。

このカメラは2012年から今でも使っているくらいだからかなり気に入っていて、何処かに行くとなると鞄に放り込んで持ち運び撮りたいものがあったら取り出して撮る、そんな感じで使っています。
意外にも電池持ちが良いので好きなだけパシャパシャできます。
気に入らないのは3点。

  • 座ったまま食べ物を撮るのが難しい。
  • 日差しが強いと難しい。
  • フォーカスが背景しか狙わない(状態になる)

1番目はスペック的にはテレ端で5cmまで寄れることにはなってるけど、良い感じに撮ろうとしてちょっとズームすると途端に座ったまま料理を撮るのが難しくなる。飯撮りに別機種欲しくなるほど、人に説明してもなかなか解かって貰えないけどRX100オーナーなら解る筈。

2番目は晴れて明るい(眩しい)ところで撮ろうとするとシャッター速度が1/2000秒までしかないので絞るしかない。自分でNDフィルタ付ければ済む話だけど面倒。

3番目は一番の問題で個人的にはバグだと思っているんだけどプレミアムオートでフォーカスが何度シャッター半押ししても絶対に手前の物体に合わない状態になる。手前の物体が小さくてピントが抜けるとかそんなレベルじゃなくワザと手前の物体を避けている。
経験的に得た解決方法はメニューからフォーカスモードを変えてみることだけど、プレミアムオートで撮るのは急ぎの時なので設定触らないとダメというのは困り物。これで一時的には手前の物体にもフォーカスするようになるんだけどいつの間にかまた手前には合わなくなるんですよねぇ。普段DMFにしてるのが悪い?

で、初代RX100についてはファームウエアの更新が行われないのかと思ったら今年になってようやく「オートフォーカス時に、まれに異音を伴うレンズの振動を感じる場合がある症状を改善しました。」(2015年1月20日)ってのが出た。あれっ、それだけ?っていうかそんな不具合あったっけ?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です