Windows強制アップデートの恐怖

Windows強制アップデート

Windows 10の強制アップデート。
お約束とはいえ早速やらかしてくれました。

更新プログラム「KB3081424」がリリースされ、自動アップデートされた。しかし、再起動すると不具合があると表示され、元の状態に戻され、正常起動するとまた強制的にアップデートされ、と無限ループに入ってしまう人が相次いだ。この状態になってしまうと、Windows 10の更新プログラムの適用を一時的に停止するツールも意味がない。手動で更新を止めることもできない。そのため、何もできなくなってしまったのだ。
引用: Windows 10、早速強制アップデートの弊害が起きる(ASCII.jp)

一応、不具合解消用のパッチが提供され、それでもダメならレジストリの書き換えで対応らしいが、やっぱりWindows Updateの強制自動更新はダメだと思わざるを得ない。

Windows Updateフィルタの記事のIPアドレスをブロードバンドルーターとかファイアウォールに登録してWindows Updateのパッチリリース後に問題が無いことを確認してからフィルタを一時的に解除して更新を実行する方が安全です。特にWindowsを複数台使ってるところ。
1台だけならそのPCで何とかすれば良いかと。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です