尾道 千光寺

せっかくなので尾道まで足を延ばした。
尾道はあちこち行きたいところがいっぱい。 と、いっても尾道は坂の街なので足腰の弱い者にとってはとてもあちこちに行ける感じではない。
取り敢えず1箇所に絞り千光寺に行くことに。何故なら千光寺は山の上の方にあるけどロープウェイがあるので楽に行けると考えたから。(大間違いでした)

JR尾道駅から千光寺まで直で1.1km(徒歩約15分)、JR尾道駅から千光寺ロープウェイ乗り場まで1.2km(徒歩約15分)。変わらないので余程足に自信のある人以外はロープウェイでしょうか。

千光寺 1
千光寺ロープウェイは15分おきに発車。距離は短く乗車時間は3分程度。勾配は結構急だと思う。ゴンドラ以外の設備が古いので何となく不安な高所恐怖症。

千光寺 2
ロープウェイを降りた山頂に展望台があってそこから南側の尾道水道と向島を見下ろす。右の方に写っている小型フェリーは大林宣彦の映画「ふたり」の冒頭で主人公がピアノの教室に通うのに使ってた船かと。ストーカーに襲われることになって物語が始まった筈。観たのが20年くらい前なのでうろ覚え。そういえばこの映画で嫌な女の子役の島崎和歌子が可愛かった。今の「おっさん」ぶりからは想像つかないかもだが「ちゅうかないぱねま」の頃から超美少女だったので印象に残ってた。

千光寺 3
いきなり石槌山(くさり山)鎖修行の写真ですが、山頂から千光寺まで下りてきています。元気な人が頑張って登っていますが自分自身は無理なのでここで眺めただけ。

千光寺 4
こちらは三十三観音堂前辺りで本堂の斜め下から見上げています。

千光寺 5
本堂の本尊は千手観世音菩薩。意外とこじんまりした本堂で横にはおみやげの販売に熱心なおばちゃんが。厳かさが足りない。

千光寺 6
鐘楼。すぐに鐘を突ける状態にありながら「触るな」とのこと。いやぁ、イタズラする人絶対いるでしょ。

千光寺 7
鏡岩の下。正直なところ鏡岩は何処かわからなかった(上の方にあるらしい)。干支の本尊が並んでいてそちらに目が行く。

千光寺 8
ロープウェイに戻る為に裏参道の階段を登る。結構距離がある上に足元悪くてしかも急勾配。下りて来る時も結構苦労したが、帰りの上りはキツくて死にそう。

千光寺 9
急に曇った中、ロープウェイで下ってゆく。

千光寺 10
同上。千光寺の本堂とその右に「玉の岩」が見える。(てっぺんに灰色の玉が載ってる大岩)

千光寺 11
地上に下りて正授院の東側から千光寺を見上げる。中央が鐘楼。
この写真を撮った場所から北北東に200m程のところに御袖天満宮があって、そこに映画「転校生」で男の子と女の子が転がり落ちて入れ替わることになる階段がある。女の子役が小林聡美・・・時の流れが恐ろしい。

千光寺はもう少し景観に配慮して配線して欲しい。そこかしこに無遠慮に黒い電線が張ってあって興冷めです。

尾道は赤茶けた印象。それが味があって良い。個人的には尾道ラーメンより映画のロケ地巡りな気分。あちこち巡れば楽しそうですが体力的に無理そう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です