Mobile Top > > Xiaomi Redmi Note 10 JE

Xiaomi Redmi Note 10 JE

Redmi Note 10 JE

特徴

Snapdragon 480を搭載した5G対応のミドルローモデルです。Redmi Note 10 5Gに近いスペックと筐体デザインですがSoCが違い、日本専用モデルであるにも関わらずここにきてXiaomiでは初のSnapdragon 480搭載機になるようです。メモリ4GBストレージ64GBは2021年中旬のミドルローモデルとしては少ないですが実用上これで困ることもなさそうです。日本人が好む防水防塵性能とFeliCaによるおサイフケータイ機能に対応します。スクリーンは液晶で指紋認証は側面です。バッテリーは4800mAhで本体厚9.0〜10.3mm本体重量200gでやや厚く重い仕上がりですカメラは背面4800万画素(4-in-1),200万画素マクロ,200万画素深度で実質1200万画素1眼、セルフィーは800万画素です。カメラの構成はミドルロー帯としては寂しいものがあります。使いやすい構成のために広角を省くのであれば使い物にならないことの多い200万画素マクロを500万画素程度にしてくれればもう少し使えるものになったのではないかと思われます。今後のシムフリー販売の有無と仕様については不明ですが、au系向けはシングルSIMです。

Xiaomi Redmi Note 10 JE のスペック

SoC Qualcomm Snapdragon 480 5G
SoC Model: SM4350
CPUコア: ARMv8 Kryo 460 Gold Cortex-A76 + Kryo 460 Silver Cortex-A55
CPUコア数: 2 + 6
CPU周波数: 2.0GHz + 1.8GHz
製造プロセス: 8nm
GPU: Adreno 619
メモリー 4GB
ストレージ 64GB
外部ストレージ microSD 1024GBまで
バッテリー 4800 mAh
充電 18W (9V/2A)
背面カメラ 4800万画素 メイン  f/1.79
200万画素 マクロ  f/2.4
200万画素 被写界深度  f/2.4
インカメラ 800万画素   f/2.0
スクリーン 6.5インチ  IPS TFT
90Hz
スクリーン解像度 2400 x 1080 dot
SIMカード nanoSIM + 無し
2G通信 GSM: 850/900/1800/1900MHz
3G通信 WCDMA: B1/2/4/5/6/8/19
4G通信 FDD-LTE: B1/3/4/5/7/12/13/17/18/20/26/28
4G+通信 (CA) CA非対応 または不明
5G通信 n28/n77/n78
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
2.4GHz, 5GHz
Bluetooth Bluetooth 5.1
衛星測位システム GPS
A-GPS
Galileo
Beidou
GLONASS
RFID Felica
ポート USB Type-C
3.5mmオーディオ端子
生体認証 側面指紋認証
顔認証
センサー 近接センサー (Proximity Sensor)
照度センサー (Ambient Light Sensor)
加速度センサー (Accelerometer)
ジャイロスコープ (Gyroscope)
電子コンパス (Electronic Compass)
OS/UI Android 11 + MIUI 12.5
サイズ/重量 高さ: 163mm
幅: 76mm
厚さ: 9mm
重量: 200g
防水/防塵 防水: IPX8 (水没保護 水深1m以上)
防塵: IP6X (粉塵保護 耐塵)
カラーバリエーション グラファイトグレー
クロームシルバー
発売開始時期 2021年08月
技術基準適合証明 取得済み

このモデルと日本の携帯キャリア4社の3Gバンド対応

docomoauSoftBankRakuten
Band 1
Band 6 P
Band 19 P
BC6
BC0 P
Band 1
Band 8 P

このモデルと日本の携帯キャリア4社のLTEバンド対応

Band docomo au SoftBank Rakuten
1
3
東名阪のみ
8
P
11 不要 不要
18
P

auローミング
19
P
21 不要
26
P
28
P
エリア少 エリア少
42 不要 不要 不要

このモデルと日本の携帯キャリア4社の5Gバンド対応

Band docomo au SoftBank Rakuten
n77
n78 - -
n79 - - -
n257
この対応表は可能性を示すものであり、実際にはこの通りに利用できるとは限りません。特にauとsoftbankはスペック上は対応していてもIMEIの制限等により実際には使えないことがあります。制限解除手続きやSIMカード変更等により利用できるようになることもありますが、手続きを断られたり利用できるようにならないこともあります。
楽天モバイルは、サービス範囲外はKDDI(au)とのローミングになるのでauのバンド18対応もご確認ください。
Pの付いたバンドは建物内でも電波の届きやすいプラチナバンドを指します。

Snapdragon 480 5G性能目安 (参考: AnTuTu CPU+GPUスコア)






このSoC
0%16%
2021年Q2
10% 21% 9% 9%
2020年Q2
7% 17% 8% 9%
2019年Q2
5% 10% 7% 6%
0
20
40
60
80
  • エントリー
  • ミドルロー
  • ミドルハイ
  • ハイエンド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です