サラリーマンの柔軟剤

前回の記事(サラリーマンのお洗濯)で洗濯について常々思うことはだいたい書いたかなと思う。
今回は柔軟剤。

最近はニオイの強い柔軟剤が増えていて特に女性でウプッっとなるような強烈な安っぽいニオイをさせている人がいます。まさに香害。香水とは少し違うニオイ方なので柔軟剤と思われます。自分で使っていて安っぽいと思わないのでしょうか?

もっと上品でさりげない香りのものにしようよ。これに尽きます。

ところで、女性向けの香り系製品は種類が豊富で情報も多いので羨ましいですが、男性向けはちょっと寂しい現実。
結論から書くと男性には「ファーファファインフレグランス オム クリスタルムスクの香り」コレだ。

ファーファ ファインフレグランス 柔軟剤 オム  本体 600ml (香水調クリスタルムスクの香り)


このファーファ ファインフレグランスの「オム」(homme)はブルガリのプールオム系やカルバンクラインのCK-one, CK-be辺りに似た落ち着いた上品な香りなのでこの手の無難系香水を使用している人からすると違和感がありません。近寄ってふとしたはずみにかすかに上品に香る。これ重要。

もちろん同じ系統の香水と併用しても匂いがケンカしません。個人的にはブルガリのプールオムとプールオム・ソワールで使ってみましたが全く違和感ありませんでした。(匂いすぎないように2/3プッシュだけです。)
用量を守って使えばとてもさりげなく薄く香るので誰にも迷惑をかけません。おそらく香りを纏っている本人がわかるほどに香らせるとそれは「ニオイが強すぎる」と思って良いかと。
甘い香りの香水を纏おうとするともしかしたら合わないかもしれませんが、夜ならともかく会社で甘い匂いとかはヤメていただきたいところ。

「オム」っていうくらいだから男性専用かというとそうではなくて女性でもイケる。これに似た匂いの男性用香水を好んでつける女性もいるくらいだし。

以前はファーファ ファインフレグランスの「ファム」というのもあって、こちらは名前通り女性向けの香りだったけどNSファーファ・ジャパンのウェブを見たらラインナップから外されたみたい。

もう一つの定番の「ボーテ」は健在です。こちらも名前からすると女性向けです。

また、定番とは別系統でアーティストセレクションなるラインナップがあるようです。2015年10月時点では次の2商品。こちらは存在を知らなかったくらいなのでどんな匂いかわかりません。


追記:
2017年秋から "香りを濃密調香した高残香タイプの香水調柔軟剤「ファーファ ファインフレグランス ロングラスティング」" がラインナップされたらしい。1週間ほど香りが持続するらしいが、ファーファ ファインフレグランスの良さを台無しにしているような・・・


「プライムフローラルの香り」の方は「ボーテ」のことです。

他にも過去に販売されたけど定番にならなかった製品がアマゾンなどの通販では入手できるかもしれません。もしもそれがお気に入りの匂いだったら即効で買い占めないと二度と入手できないかもしれません。

ところで、ファーファ ファインフレグランスの「オム」は洗濯機の中ですすぎ中に投入する(自動投入される)ことになるわけですが、その投入されて少しした頃に洗濯室・洗濯機周辺に広がる匂いが最高。こんないい匂いが洗濯物だけでなく、例えば寝室やリビングでもすればいいのになと思うことがあったのですが、他にも希望者がたくさんいたのか応えてくれたようです。
それが、ファーファ ファインフレグランス ファブリックミスト 消臭芳香剤 布用 オム。(ボーテもあります)
これも当然たくさんかけてはいけません。カーテンや布団にシュッと一吹きだけ香るか香らないか程度にしておくのが良いかと。
もちろん服にかけても良いのでしょうが、かけすぎて強い匂いにする人が居そうなので個人的にはオススメしません。

ファーファのファインフレグランスシリーズは置いている店が少ないので店頭で見つけたら買い占めるか通販で。

今回はファインフレグランスシリーズの紹介がメインでしたが、ファーファ「トリップ」シリーズというのもあって、その中で「ドバイ」はとても良い感じです。(好き嫌いはあるかもしれません)
ファインフレグランスシリーズは柔軟剤としては結構お高めの価格ですが、トリップシリーズは安いというのも良いです。




日本製のファーファ
紹介した柔軟剤・消臭芳香剤ともに嬉しい日本製。
なお、昨年の秋頃から「抗菌」になっています。

おまけ: 何故か憎たらしいクマのぬいぐるみのティッシュカバー。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です