麺屋ジョニー本店 二郎インスパイヤ

麺屋ジョニー本店外観

またお見舞いで滋賀県長浜市に行ったのでついでに有名なラーメン屋まで足を延ばしてみた。
訪れたのは滋賀県の琵琶湖の東側で「○○ジョニー」という名前で8店舗展開しているところの本店で「麺屋ジョニー本店」。○○のところには「麺屋」「バリバリ」「キング」が入るんだけど麺屋ジョニーとバリバリジョニーとキングジョニーがどう違うのかは知りません。
「バリバリ」が付く某店には一度行ったことがあるんだけど、店内がそこいらじゅう脂まみれで汚くて床が滑ったのと、替え玉の麺が最初の麺より細くて伸び気味で「えっ?」っていうのだけが記憶に残ってる。たぶん味は印象に残らない程度に普通だったのかと。


国道8号線で長浜市の中心から北の方に進んだ国道沿い。浅井長政(織田信長と同盟関係で信長の妹の旦那なのに信長を裏切って滅ぼされた人)の居城であった小谷城から西に直線で2.5km程の場所。

記事の最初の写真を見たらわかるように昼時を大幅に外していったら店の前には並んでいませんでした。
でも、店の前に椅子が並べてあったのと順番待ちの人用の名前と人数を記入する紙が入り口横にあったので昼時は並ぶんでしょうね。

今回注文したのは「二郎インスパイヤ」というもの。おそらく「バリバリ」が付く店では「バリ二郎」というメニューが価格は違うながらも似たものかと思われます。正直なところ、ラーメン二郎は二郎の中でも美味くないと言われる池袋店と歌舞伎町店でしか食べたことがなく確かに豚のエサだとしか思わなかったけど、二郎インスパイア系は意外と美味いのが多いという印象。それで麺屋ジョニーの「二郎インスパイヤ」にも期待したわけです。

二郎では早く食べないと麺がスープを吸ってエラいことになるので並どころか小盛りにしたくらいなので、念の為麺屋ジョニー本店でも大盛りではなく並を注文。(730円)
太麺を茹でるので待たされるかなと思いきや意外と普通に5分ちょっとで出てきました。

麺屋ジョニー本店 二郎インスパイヤ

二郎のように並盛りでも思わず涙目になるような凶悪?な盛りではなく、並盛りらしい極めて普通な量。写真には撮れていないけど麺は二郎に似た極太麺。でも、弾力があるというか詰まったカタメで急いで食べなくてもそんなにスープを吸って膨れない感じ。スープは二郎に似た風と思いきや全然違った。上手くまとまっていて池袋の二郎なんかよりは全然こっちのが美味しいや。
スープまで完食したけどお腹も壊しませんでした。(これ大事)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です