年末なのでWindows Updateフィルタを更新してみた

Windows Update

2015年夏から勝手なWindows Updateを止めさせるためのというかMicrosoftと勝手に通信させないためのファイアウォール用のIPアドレスリストを公開しているけど、Windows10では通信先が増えたらしくホスト名を確認更新するのは気が重い。
リアルタイムで流れるパケットダンプを見てるとWindows10はひっきりなしに裏で勝手に通信しまくっている。私のPC1台だけでなくインターネットに繋がっている世界中のWindows10マシンでもこうだと思うと気持ち悪くなる。

さて、そのフィルタについて。
自動抽出のIPアドレスリストは新たに確認したホスト名を追加。ホスト名毎にIPアドレスを引いているので大量。IPアドレスの重複を除いたとしてもそれなりに多い。
そこで、それぞれのIPアドレスを含むCIDRを出して纏めてみた。IPアドレスが1つだけでも大きなCIDR全体がリストアップされることもあるので影響範囲には注意が必要だけどリストは小型化された筈。

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です