手もみらーめん伊吹家

横山城跡のある山の東北側の麓で姉川との間、石田町からは山の反対側に「息長陵」(おきながりょう)がある。その息長陵の近所のラーメン屋で遅い昼食。

手もみらーめん伊吹家は国道365号線沿いなので非常にわかりやすい。
Googlemapのナビを頼りに息長陵を目指すと息長陵近くで非常に細い道を滅茶苦茶な案内をされて迷うので、このラーメン屋の横の道を入り突き当りを右折で少し進むと到着。これが憶えやすくて初見でも迷わないルートだと思う。そういう点でこの店はとても良い目印。

手もみらーめん伊吹家1
店は国道沿い、写真のように店の左側に広い駐車場、店の前にも停められるみたい。一番右に写ってる黒いクルマのあたりから店の横の道(至息長陵)にも繋がってるので店に寄ったら国道に出なくて直接横道に入れる。
写真はないけど、一昔前の中華食堂っぽい内装の店内は広い。でも、店の人はおばちゃん一人だけ。殆ど客がいなかったのでそれで店が回るのかもしれないけど、客席埋まったら無理だよね?

手もみらーめん伊吹家2
濃厚醤油のラーメンや極太麺のつけ麺もあるらしいが、今回はシンプルに「醤油ラーメン」(大盛り)700円を注文。
麺は普通の太さ、表面はザラザラ系。スープは一応豚骨醤油っぽい。写真に写ってる背脂っぽいものは多くないのでクドくない。別メニューに「濃厚醤油」があるから濃いのが欲しければそちらということなのかもしれないけど、濃いのが欲しいわけじゃないのに何か中途半端に薄くて足りない気がする。不味いというわけではないので定期で通うドライバーさんとか地元の人向けならこれくらいの方が良いのかな。

あっ、店名は伊吹家だけど「家系」じゃなく本当に普通のラーメンなので念の為。

手もみらーめん伊吹家3
店の横道を入ったところ、とても運がいいことに森の主に会った。よく解らないけど思うにトロル的な生物?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です