ロジクール ステレオスピーカー Z120BW

PCの音を鳴らすのに以前使っていたHDMI接続のモニターだと音が出た。現在使っているDisplayport接続のモニターからは何故か音が出ないので外付けスピーカーが要る。
購入したのは販売開始から5年経っても販売が続いていてアマゾンで「PCスピーカー」カテゴリでランキング1位、レビューが3000件もある人気製品。0.6W+0.6Wと小出力だが音にこだわってるでもなく、ちょろっと鳴れば良いのでこれで十分な筈。

Z120BW 1
外箱。大きさは普通だけど他の同価格帯の小型スピーカーより重い。(と思う)

Z120BW 2
正面。筐体がポコッと膨らむほど前面に大きな円周があるけど外周部はただのプラスチックで実際に振動する1ウェイのフルレンジユニット部自体は中心の銀色の部分とその数ミリ外までの5センチメートル程度なので見た目以上に小さい。
ステレオミニプラグが音声信号用でUSBコネクタは電源のみ。なのでこの製品はUSBスピーカーではない。そのかわりイヤホン出力端子のある機器で使えるので汎用性は高い。USB電源は別途必要だけど。
ボリュームダイヤルの7時の方向に印があって時計回りに回すとカチッという感じで電源が入り音量増加。反時計回りで音量減少で7時の位置で電源が切れる。電源ON時はボリュームダイヤル左横のLEDが緑色に点灯する。
写真ではボリュームダイヤルが付いてる方が左にあるけどこちらが「右」らしいので写真の置き方は逆。どうもスミマセン。

Z120BW 3
背面は余ったケーブルを巻きつけられるようになっている。ケーブルが同価格帯の製品に比べて太め(キーボードのケーブルくらいある)で邪魔になるところなのでスッキリさせられるのはありがたい。

Z120BW 4
USBの電源アダプタ。製品には付属しない。PCなどのUSB端子から電源を取るよりはこういう電源アダプタを使うのがおすすめ。

写真には撮ってないけどボリュームダイヤルの付いている側の下面にはMade in Chinaと書いてある。
小型低出力スピーカーだけどスカスカペラペラではなく割としっかりした音で中域(から高域)はわりと綺麗。低域は圧倒的に力不足で重低音の迫力は生み出せてないというか鳴っていない。で、アマゾンのレビューでは抜けが良いという声があったけど、個人的な感想は全域をとおして何か挟まった感じ。小型の安物スピーカーでも抜けの良いのもあるのでここだけ残念。もしかしたらエイジングで少しは改善するかもだけど。
激安スピーカーは常にブーンと鳴ったりザリザリガリガリというノイズが入ったりロクでもないのが多いけど、この製品はそういう酷いのはない。
比較して聴いてみるとノートPCやデスクトップPC用の小さなモニターに内蔵されてるスピーカーよりはだいぶマシで大型の家庭用テレビで音に気を使った機種の内蔵スピーカーには負けてる。
価格を考えるととても良心的な製品。もっと高くても不思議ではない。さすがに2〜3倍の3〜4000円以上なら低価格レンジなりにもう1クラス上があるのでこの製品を買う気にはならないと思うけど。
小型スピーカーだからそんなものだと思って期待せずに使ってみれば結構良いかもという感じかな。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です