Windows10 プロダクトキー争奪戦

Windows10ライセンス

Windows10にまだアップグレードしていない人へのMicrosoftの嫌がらせ?が悪質化していると話題だけど、一方では。

昨年夏にWindows10がリリースされた時の「Windows7,8から Windows10でクリーンインストール」の記事の頃は古いWindowsのゴミのないクリーンなWindows10を求める場合でもいきなりクリーンインストールをすることはできなくて事前に一度はWindows7,8からWindows10にアップグレードする必要があった。これはWindows10のインストール時にWindows7,8のプロダクトキーが受け付けられなかったから。
ライセンス認証済みのWindows7,8からWindows10にアップデートした時点でそのPCの構成情報をMicrosoftが登録することでPCとライセンスを紐付けていた。Windows10のクリーンインストール時はプロダクトキーの入力をスキップしWindowsインストール完了時点でそのPCの構成情報を元に自動的にライセンス認証を行っていた。これによりWindows10を使えるのは旧Windowsの正規のライセンス所有者に限られるものとなっていた。
それはWindows10のクリーンインストールをしたい人には面倒ではあったけど納得できるものだったと思う。

これが変わったのがWindows10リリースから僅か2ヶ月後の2015年10月。
一度アップグレードしてからクリーンインストールする必要がなくなり、Windows10のクリーンインストール時にWindows7,8のプロダクトキーを入力するだけでライセンス認証されることになった。
これはかなり乱暴な変更で、これまでのライセンス認証は何だったの?という滅茶苦茶なもの。
「俺はアップグレードするだけでクリーンインストールはしないから関係ない」とかそういう話じゃない。

例えば使わなくなった古いノートPCについているプロダクトキーを新しい自作PCのWindows10インストールで使うことができる。これはライセンス違反だとは思うけど悪くはない?
悪いことをしようと思えば中古PCの販売店に行ってPCに貼ってあるのプロダクトキーのシール(COAシール)を携帯電話のカメラで撮ってくればそれが使えてしまう。当然そのライセンスは悪い奴のPC用としてMicrosoftに登録されてしまうのでその中古PCを買った人はそのプロダクトキーは使えないことになる(連絡次第とは思うけど)。
会社や学校のPCでも旧Windowsが動いているPCにCOAシールが貼ってあれば早い者勝ちの取り放題。

そんな滅茶苦茶できてるのが7月末からは1万5千円~ですとか言われても買う気にならないんじゃないかな?

関連記事:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です