スマートフォンで動画 (DVDFab9)

「がとらぼ」のアクセスログを見ると未だに10年近くも前の携帯電話でDVD動画を観るに多くのアクセスがある。でも、せっかく見に来て貰っても内容が全く現状に合っていない。

やっぱり今だったら携帯電話ではなくスマートフォンで動画だよね。

今回はとりあえず操作が簡単なDVDFab9を使い、外国人の講演会を収めた自主製作のBlu-ray(ブルーレイ)またはDVDをスマートフォン・タブレット用に変換するとする。

DVDFab 1
DVDFab9を起動すると怪しいロゴが表示される。

DVDFab 2
ライセンスのステータスが表示される。これは表示しないようにもできる。
DVDFabは使用する機能だけを購入できる。この記事では「Blu-rayリッピング」か「DVDリッピング」(または両方)が必要になる。リストにある「動画変換」は任意の動画を変換するためのライセンス。「Blu-rayリッピング」「DVDリッピング」ライセンスにはBlu-ray,DVDから動画に変換する機能が含まれている。(勘違いして動画変換ライセンスまで買わないよう注意)
右下の[DVDFabを起動]を押す。

DVDFab 3
メイン画面が表示され上部タブで「リッピング」を選択し、Blu-rayディスクをロードした状態の画面。
Blu-ray(DVD)では動画が複数入っているかもしれない(というかそれが普通)。DVDFabではそれらの動画がタイトル別に表示されるが、作り方によっては同じ1つの動画が複数表示されることもある。(再生時間列に表示される時間が同じだと可能性が高い)
たくさんある筈なのに少ししか表示されない、ある筈の動画が無い場合は「その他タイトル」の[+]を押すとそこに表示される場合がある。リストのタイトルを見てもどれが何の動画かは普通はわからないので緑塗りの (再生)ボタンを押すと動画のプレビュー窓が表示される。
音声と字幕はそれぞれのタイトル毎に指定する。ここの指定を間違えると日本語音声に日本語字幕が付くなどマヌケなことになるので注意。
変換したい動画のタイトルの左にあるチェックボックスにチェックをする。

DVDFab 4
動画の設定を指定することもできる。(タイトルリストの動画毎に指定)
上の画像だとタイトルリストでKOUENKAI_AKIHABARA.Title21を選択し、左の[詳細設定]ボタンを押そうとしている。
複数タイトルを選択状態だと左の[詳細設定]ボタンは押すことができない。(変換対象のチェックは関係ない。タイトル行選択で[Shift]+[↓]とかやった場合の話。)

DVDFab 5
DVDFab8から暫くは動画変換で作成対象のスマートフォンやタブレットを選択するようになっていたが、正直iPhone用以外は酷い画質の動画しか作れなくて結局何でもかんでも設定はiPhone用で解像度だけ目的のスマートフォンに合わせて作成するしかなかった。DVDFab9の何時からか機種選択はなくなってコーデックでH.264かMpeg4を選択する程度のすっきりしたものに変わった。
コーデックはおそらくH.264から変更する必要はない。
解像度は閲覧用のスマートフォン・タブレットの画面の解像度に合わせる。動画によっては縦横のピクセル数が合わないかもしれないが縦横それぞれが閲覧用のスマートフォンの画面解像度を超えないように指定する。正直なところFullHD以上の解像度の画面を持つスマートフォンでもHD画質の1280x720程度で十分だとは思う。もちろんFullHDで作るのもアリだが動画のファイルサイズがどうしても大きくなってしまう。
ビデオ画質は「高品質」にしておけば元の動画と比べて目立つ劣化は発生しない。エンコード方式は常に「高速エンコード(1-パス)」で良い筈。1-パスと2-パスの画質の違いを判別するのは難しい程度のわりに2-パスは変換時間がほぼ倍になるので時間の無駄。
音声はビットレートを128kbps程度にするならコーデックはAACで良い。チャンネルもスマートフォン・タブレットでの再生ならステレオで。
外国人が喋るのを原語で聴きたいがその言語が苦手なら字幕を付けることになると思われるが字幕の付け方は「直接動画にレンダリングする」を選択する。字幕だけ別出しは殆ど上手くいかないし再生環境も極めて限定される。
たいていは詳細設定の指定は毎回細かく変えるものではないので一番上の「全てに適用」にチェックすると現在の指定が標準設定になる。
指定が終わったら右下の[確認]を押すとメイン画面に戻る。

メイン画面の右下にある緑の[開始]ボタンを押す。DVDFabをインストールしているPCの性能や変換設定に左右されるものの最近のPCならかなり高速に変換される。
動画の保存先は特に変更しなければ「ドキュメント」フォルダ下の「DVDFab9」の中になる。

いまさらだけど、Blu-rayから元解像度&「高画質」ででつくればもちろん大型モニターで観ても元のBlu-rayとほぼ遜色ない画質。つまりこの記事はスマートフォン用としているけど実際はスマートフォン用に限るものではないということ。

なお、DVDFabは頻繁にインターフェースが変更になっているので今後もいつ変更になるかわからない。何年後かには操作方法が全く違うものになっているかもしれないのでご承知のほどを。

関連記事:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です