大人はクーラーの効いた涼しい部屋でポケモソG○

このページの内容は既に対策されたので真似ても動かなくなっている。

2016年8月13日にチート組がポケモンGOのアカウントを停止されて話題になってる。派手に怪しい行動(ワープ)すりゃバレて規制されるのは当然。このページの方法でチマチマやるならバレないっぽい。(保証なし)

最近書いたAndroidで位置情報の変更はいろいろオブラートに包みすぎて誰にもピンとこなかったらしくページビューがほぼ無いという悲しい状態に。

そこで今回はオブラートを全部剥がして動画にしちゃった。

Android Fake GPSの準備
GPS偽装アプリをインストールする。この動画ではFake GPSを使う。(他の位置偽造アプリでも構わない)
Fake GPSを使って徘徊モードをオンにするのは当然ポケモソG○で移動距離を稼いでタマゴを早く孵化させるため。

Fake GPSを有効にしてGoogleMapを使う。
これは普通の地図アプリ程度であれば位置偽装アプリを「普通」に使えば偽装できるよっていう例。

普通にFake GPSを有効にしてポケモンGOを起動する。
これは位置偽装を認識するアプリだと「普通」に位置偽装アプリを使おうとしても対策されて上手くいかないよっていう例。ポケモソG○では偽装アプリで指定した場所に移動することはできるが、「ゲーム」をさせて貰えない。

Mock Mock Locationsを有効にする。

Mock Mock Locationsを有効にして位置偽装でポケモンGOをプレイしてみる。 「普通」に位置偽装しても遊べなかったポケモソG○が位置偽装していても遊べている。

これでこの記事の題名とおりのプレイが可能になった。
不自然なワープを繰り返すと偽装がバレてアカBanやソフトBanなどのペナルティの可能性があるので注意。とくに数分で東京から大阪に移動するなどのド派手な移動は厳禁。上の動画のようにチマチマ動かす方がポケモソ湧きやすいし。

アプリバージョン0.33(2016.08.09)より移動が速いと判定されるとすぐに警告が出るようになっているので更に注意。

なお、これやると炎天下でポケモンを探して歩きまわる必要はなくなるものの、せっかくのゲームがツマラなくなる。たぶん。

Mock Mock Locationsの入手やそれを使うためのXposed Frameworkの入れ方についてはこの記事の最初のリンクをどうぞ。

2016年9月13日追記
本日のアプリ更新のお知らせを見る限り、バージョン0.37.0以降はroot化した端末ではプレイできなくなるよう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です