Windows10の迷惑プログラム usoclient.exeをやっつける

Windows 10を使っていると1日に一回程度の低い頻度で画面に一瞬黒い窓が現れてすぐに消える。この黒い窓はWindowsを数日動かしているとおそらく表示されるのは一瞬だけど、ハードディスクがお休み中のタイミングのときとか?は1~2秒も表示された状態が続くことも。何か窓枠のところにusoclient.exeとかいう怪しげな名前のファイル名が書かれている。
何だ?この「嘘クライアント」って。

嘘クライアント1
一瞬だけ画面に表示されるのはこいつ。窓の左上に C:\Windows\System32\UsoClient.exe であると表示されている。集中して画面を見つめているときに突然出現したら驚くし、操作中ならすごい邪魔。そして何より気味悪い。まともな人ならこんなもの表示して欲しくない筈。ユーザーの意図しないときに突然画面を乱す以上、それがMicrosoft謹製であっても迷惑プログラムといえる。でも、頭がおかしい某巨大ソフトウエア会社はこんなもの表示させといて何とも思わないらしい。まぁ、常識もセンスもない会社だからなぁ。

嘘クライアント2
スタートボタンを右クリックして「管理ツール」から「タスク スケジューラ」を開く。
左列から「タスクスケジューラ ライブラリ」の左の[>]をクリック

嘘クライアント3
同様に[Microsoft]と[Windows]の左の[>]をクリックして階層を開く。[Windows]の階層は項目が多いので下方向にスクロールする。

嘘クライアント4
[UpdateOrchestrator]を見つけてクリックする。
中央列の上半分のリストから[Schedule Scan]の行を探してクリックする。
中央列の下半分の上部にあるタブから[操作]を選択。「usoclient.exe」というプログラム名が見えている。

嘘クライアント5
一つ左のタブ[トリガー]を選択する。
22時間ごとに無期限に繰り返すとかいう旨が書かれている。こいつだ。
この状態(中央の上半分のリストでSchedule Scanが選択された状態)で右列の[無効化]をクリックする。

嘘クライアント6
[Schedule Scan]の右隣りが「無効」になったことを確認。
タスクスケジューラを閉じる。

このUpdateOrchestratorというのはタスクスケジュールの説明に「このタスクは、スケジュールされた Windows Update スキャンを実行します。」とあるので、Windows Update関係のプログラムでMicrosoftが用意したもの。本当のウイルスとかスパイウエアの類ではない。でも、ユーザーへの見え方はその手の迷惑プログラムと同じ。
バックグラウンドでいろいろ動くのは仕方がない、ネットワーク経由で情報を垂れ流したりOSをおかしくするようなものでなければ文句は言わないが、バックグラウンドで動くべきものが表に出てくるのは如何なものか。

で、今回のusoclient.exeはWindows Updateスキャン開始(更新の必要があるかどうか確認)に相当するものなので正直動いていなくて全然構わないもの。こんなん22時間毎どころか2万2千年毎にでもしとけっつうの。

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です