今更だがケータイの料金が高すぎる

父親から携帯料金が異常に高いからどうにかしたいという相談があった。
といっても4,5千円ということなので、「異常に」どころか全然高くないじゃんと思ったが、聞けばガラケーで通話は少なくメールもチョコチョコ届く程度の使い方とのこと。それだけなら確かに高いわな。

softbank料金1
話だけだと契約状況や料金の詳細がわからなかったのでMy Softbankで確認。
ホワイトプランNとかいうプランらしい。ホワイトプランってのは聞いたことがあるけどNって何?

softbank料金2
11月の料金明細を見た。通話料は普通というか安いと思うが、「パケットし放題」と「S!メール」が同額で請求されてて「パケットし放題」分がマイナスになっている。結果的には辻褄が合ってるということだろうが定額料金の請求としては意味のわからない項目の書き方。
で、パケット代があるのに「ウェブ使用料」とかいうものが別途取られている。Softbankのウェブには「ウェブ使用料は、iPhone・スマートフォンでMMS送受信、ウェブサイトの閲覧を行うために必要です。」って書かれているがケータイでも必要なの?よくわからん。
何にしろデータ通信を無しにして(パケット通信料の1565円を引いて)再計算すると2281円。データ通信無しでこれならずいぶん高いと思う。
母親はdocomoのケータイなんだけど、やはり通話とメールだけの使い方(つまりデータ通信あり)で2千円をようやく超えるくらいって言ってたので、なんでSoftbankとdocomoでそんなに料金に差があるのかよくわからない。母親の方もMy docomoで料金を見せて貰いたかったのだがパスワードがわからないということだったので見られなかった。項目別に比べられなくて残念。

softbank料金3
料金明細では19563パケットで1565円らしい。19563パケットってどれくらいの通信量だろうと思ってSoftbankの換算ページを見てみたら2.4MB。たぶん2段階定額の下限と上限の途中だと思うので単純に割り算じゃダメだろうけど敢えて割ってみると1MBあたりなんと640円。笑っちゃうほど高いっていうか大手キャリアってまだこんなボッタクリやってるんだ、凄いわ。

softbank料金4
「パケットし放題」のパケット量と料金のグラフ。今回の19563パケットはグラフ中の赤い点。最低料金の980円で使えるのは12250パケットまで。12250パケットは約1.5MB。上限は4200円で、上限に到達するのは52500パケット。52500パケットは約6.5MB

docomo料金1
こちらは「がとらぼ」の中の人が使っているdocomoの利用料金。毎月約1000円。

docomo料金2
実はFOMAの通話だけの契約なので先のSoftbankの料金と比べるのはちょっと。

BIGLOBE料金
もう一つ使っているBIGLOBEの料金。先のSoftbankの料金と比べるならこっちかな。通話プランが700円。3GBのデータ通信(エントリープラン)が700円。つまりデータ通信は1MBあたり0.233円。3GB通信しても先のSoftbankのパケット無しより安い。
口座振替・自動払込手数料200円っていうのはクレジットカード払いなら発生しないのかな。てか何でクレカ払いにしなかったんだっけ?

迷惑メールが多いということだったので迷惑メールの設定がされていないか絞りが甘いのが原因でパケットがかさんでいるのではないかと推理してみたが、パケット以外の料金もよくわからないオプションのせいか高過ぎるので父親にはSoftbankをやめさせる方向で相談中。ちょうど今月来月が「ホワイトプランN」の更新月のようだし。
進展があれば続きを書く。

2017年1月16日追記:
自分のことじゃないので敢えて何処に移行したかは書かないけどMNPでMVNOの「1ヶ月3GB 1600円の通話SIM」という無難なコースに移って開通まで完了。電話機は一括払いで購入したのでおそらく通話代を含めても1ヶ月2千円以下で済むと思われる。これで肩の荷が降りたと思ったけど、スマホの使い方を憶えて貰うというとんでもない荷を担いでしまったかも。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です