NanoPi NEO届いた

NanoPi NEO

以前に「Pi」が名前に付くシングルボードコンピュータの記事を書いたけどその中で「どれかを買う」と書いてたのが今日届いた。
注文したのがちょうど中国の会社が春節(旧正月)の休みに入る頃だったので届くまで約1ヶ月かかった。まさか春節で会社全体が2週間も休むとは思ってなかったので誤算。
春節とクリスマスを外した時期に注文すれば2週間程度で届くはず。

NanoPi NEO 1
注文してから全く音沙汰なし(注文受けましたのメールも無し)だったのですっかり忘れてたんだけど突然届いた。

NanoPi NEO 2
追跡付きなので受け取っといて「届かないんだけど💢」は通用しないっぽい。

NanoPi NEO 3
箱は大きいけど中身のメインは緑の小さい箱。赤いプチプチ緩衝材の下にヒートシンクが入っていた。

NanoPi NEO 4
単3電池は大きさ比較用。電池の手前にあるのがヒートシンク。

NanoPi NEO 5
箱の中はまた赤いプチプチでその中に本体。他に折りたたんだペラ物の説明書。説明書は何の役にも立たないことしか書いてない。

NanoPi NEO 6
プチプチ緩衝材から取り出した本体。NanoPiは基盤むき出しなので一応静電気防止の袋に入っている。

NanoPi NEO 7
静電気防止袋から取り出した本体。既に題名に書いてるけど購入したのはNanoPiのNEO。RAMが512MBのモデル。USB-AポートとRJ45ポートが見えている。普通だとこの2つのポートがある面が上だと思うけど、メインの部品はこちらではないので実は裏面かも。

NanoPi NEO 8
裏返してみた。H3と書いてあるのがSoC、その左にあるSAMSUNGのチップがメインメモリ。

NanoPi NEO 9
NanoPi NEO用のヒートシンク(別売り) $2.97。水色のはSoCとヒートシンクの間に挟む熱伝導シート。ヒートシンクは4穴だけどボルトとナットが何故か5セット。

NanoPi NEO 10
ヒートシンクのフィンは小さい。送風無しの自然放熱で大丈夫だろうかと心配になる。

NanoPi NEO 11
水色のシートは両面に透明のシートが付いているので剥がして先にSoCの側に貼り付ける。

NanoPi NEO 12
FriendlyARMの見本では基板側にナットがくるようになっていたが、ヒートシンクを浮かせたかったのでナットがヒートシンク側になるように取り付けた。
これでネジの足がヒートシンクのフィンより4mmほど長い状態になる。

NanoPi NEO 13
下に敷いているのはキャッシュカードと同サイズの某マイレージカード。
手前に見えている102241と書かれている金属部品がストレージ用のMicroSDカードを挿すスロット、その左の金属部品が電源用のMicroUSBポート。
うん、ネジ足が良い感じ。

今日はここで時間切れ。

ところで、Friendly ARMのWikiページを見て知ったのだがNanoPi NEO2というページが出来ている。ページ作成は春節休み明けの2月6日。2月22日時点ではまだページの中身は無い。NanoPi NEOを狙っている人は動向注意。

関連記事