ガメラレーダーとXバンドレーダー

産経ニュースに何故か今頃ガメラレーダーの記事が出ていた。
今やるならとっくに運用中のFPS-5より置換え中のJ/FPS-7の方でしょとも思うが、北朝鮮を監視ということだと探知距離の長いJ/FPS-5でいいのか・・

例によってGoogleマップで見てみた。ついでにXバンドレーダーも。

J/FPS-5 ガメラレーダー

下甑島分屯基地 (鹿児島県薩摩川内市 下甑島) 2008年運用開始

佐渡分屯基地 (新潟県佐渡市) 2009年運用開始

大湊分屯基地 (青森県むつ市大湊 釜臥山) 2010年運用開始 (J/FPS-5B)

与座岳分屯基地 (沖縄県糸満市 与座岳) 2011年運用開始 (J/FPS-5C)

建物自体がグリンと回ることができるように出来てるってのが男子の心をくすぐるよね。

J/FPS-20, AN/FPS-6, J/FPS-2という旧レーダーからの置き換えが進んでいるJ/FPS-7はJ/FPS-5より価格が半額と安く性能もそこそこ?みたいな扱いにされてるけど、情報が全然無い。
情報が無いっていうのは個人的には過小評価方向に怪しいと思っている。(というか、J/FPS-5が本当に超重要施設なら所在地含めてあまりに隠されてなさすぎ)

Xバンドレーダー

車力分屯基地C地区 (青森県つがる市) 2007年AN/TPY-2運用開始

経ヶ岬通信所(米陸軍) (京都府京丹後市) 2014年AN/TPY-2運用開始

Xバンドレーダーは車で引っ張っていけるトレーラータイプでかなり小型。とはいえ、Googleマップには十分に写る大きさの筈だが、それらしいものが全く見えない。ついでにいうと存在する筈の周囲の建物も見えない。隠されてるってことだぁね。(見当外れの場所出してたらスンマセン)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です