S/MIMEによる電子メールの電子署名と暗号化 2019年夏

公開日: 2019/07/21

今回はイタリアのアルバグループの会社Actalis SpAが無料で発行しているS/MIME用の証明書を利用する。以前のCOMODOの証明書はルート証明書を別途インストールしなければならなかった(これは好ましくない)が、A […]

続きを読む

個別機能のmilterを一掃してRspamdを活用

公開日: 2019/03/25

これまでmilterにまみれていたpostfixだが、Rspamdを1.9.0に更新したついでにRspamdにある機能はRspamdに移すことにした。 この記事のファイルのPathはFreeBSDのシステムやpkg/po […]

続きを読む

Thunderbird 60の日本語言語パックのインストール

公開日: 2018/11/08

この秋にメールアプリのThunderbirdのバージョンが60になった。 変更点はいろいろあるようだが、普通に使う分には特に何かが変わって困るということではなさそう。 そこで、特に考えずに更新したら、日本語表示にしてたの […]

続きを読む

大手企業に似せたドメイン名を使う迷惑メールを弾く

公開日: 2018/10/20

少なくともこの半年ほどは迷惑メールが減ったなぁという印象。特に日本語の迷惑メール。もしかしたら100%迷惑メールしか送らないホストを弾くようにしたからかもしれないけど。 そんな中で気になるのがマスコミや大きな企業・サービ […]

続きを読む

Windows 10のメールでZ-Push (Exchange)を利用する

公開日: 2018/08/21

前回、Exchangeメールを提供するためのZ-Pushを最新版にしたのでWindows 10の「メール」でも動作確認してみる。そのために空いているPCにWindows 10をインストールするのに時間がかかってイライラ。 […]

続きを読む

Z-Push 2.4系をインストール

公開日: 2018/08/20

以前にも書いたZ-Push。今年の2月でVer.1.0リリースから10年経つそうな。 今年に入って(α版は昨年10月から)Z-Pushはいよいよ2.4系になったんだけど、これがどういう理由かは知らないがtarballでは […]

続きを読む

HELO詐称の迷惑メールをPostfixで破棄

公開日: 2018/07/23

メール使ってる人の多くはおそらく毎日大量に迷惑メールを受けている筈。Gmailなら迷惑メールを除去していると思うのでそうでもないのかな? うちのメールサーバはRspamdを使っているので殆どの迷惑メールは自動識別され隔離 […]

続きを読む

Rspamd 1.7系のアクション設定の変更

公開日: 2018/03/25

Rspamdでは迷惑メールの判定アクションでこれまでReject(破棄)とAdd header (迷惑メールフラグ付加)のようなアクション別に点数を指定するような設定になっていた。 自動の迷惑メール判定はRspamdに限 […]

続きを読む

いまさらだけど遅すぎというほどでもないDMARC レポート編1

公開日: 2017/10/28

前回はDMARCの設定の内メールの送受信に関わる部分しか触っていないので、今回はレポート周り。 これをやらないとDMARCを導入する意味がないとまでは言わないけど大切。 データベースの準備 まず、データを溜めるためのデー […]

続きを読む

いまさらだけど遅すぎというほどでもないDMARC 導入編

公開日: 2017/10/28

毎日届く大量のメールのヘッダを見ると、まともなところはSPFやDKIMは導入しているみたい。でも、DMARC対応はそんなに多くはない印象。 せっかくDKIMまで対応しているならあとちょっと頑張ってDMARCにも対応したい […]

続きを読む

Dovecotのインストール 配送をmaildropからDovecot-LMTPに変更

公開日: 2017/10/23

前回の続き。 Courier-authlibやCourier-IMAPを利用していたこともあって、着信したメールをメールボックスへの配送するのにこれまでmaildropを利用していた。(MTAはpostfix) 今回、C […]

続きを読む

Dovecotのインストール (Courier-IMAPから移行)

公開日: 2017/10/10

IMAP4(&POP3)サーバ用のプログラムとしてここ18年近くCourier-IMAPを使っている。大きなトラブルもなく機能豊富でとにかくよく動いた。ただ、非常に複雑なので、Courier-authlib + […]

続きを読む