小谷城・大嶽城 その1

前回は登山道を登るだけで体力を使い果たし小谷城の郭部入口直前で引き返すという情けない事態になってしまった。ちょうど1ヶ月あいてしまったが今回は満を持して車で登ることに。     国道365号線と清水谷への道が交わる郡上南交差点にあるファミリーマート湖北小谷店から小谷城の看板方向を撮る。看板のある山は小さくて低く見えるがこれは山の端っこ。小谷城から大嶽城(おおづくじょう)... 続きを読む →

佐和山城 その4

太鼓丸に進んだが藪だった。確か2段ある筈だが入ってすぐの写真の場所の奥はもう進めないほど生い茂っている。   太鼓丸は諦めて先ほどの分かれ道を右下の法華堂側に進む。尾根の道なので両側が斜面。木の枝があまり高くないところで上を覆っている緑のトンネル。そこかしこに蜘蛛の巣があって顔に蜘蛛の糸がかかって進みにくい。っていうかこんだけ蜘蛛の巣が張ってるってことはここを歩いている人がいないとい... 続きを読む →

佐和山城 その3

本丸の南南東の坂を下る。大きな岩がある。これが本丸の石垣の岩?   その岩を下から見る。岩の重なりが無いので過去に写真で見たことのある石垣の岩とは違うっぽい。   東側に回り込むと岩のようなものが草で覆われているが、その上に少し平たい岩が重なっている。これが石垣の写真として見る岩かな? これの1分08秒頃に出てくる岩。   別の所にも良さそうな岩。残ってい... 続きを読む →

佐和山城 その2

距離はそれほどでもないが勾配がきつい山道が続く。   蚊とハエとその他多くの虫だらけ。夏場は虫対策必須。   暫くして左右に分岐する。ここで右に進む。   西の丸の塩硝櫓跡入り口(塩櫓)。   大きくも小さくも浅くも深くもないただの穴(土坑)がある。   ここが佐和山城の最北端らしい。穴の周辺に瓦が散乱しているらしいがそれらしい... 続きを読む →

佐和山城 その1

本来なら小谷城の雪辱を果たすところだけど時間の関係で無理そうなので佐和山城に登ることに。   まずは佐和山城の登山口がある龍潭寺(りょうたんじ)を目指す。JR東海道線彦根駅から北に1kmの線路沿いの場所だが駅から線路沿いの道がないので道のりで1.5kmほど。 立派な道標があちこちにあるので迷うことはない筈だが、山沿いのルートだけは無駄に坂道があるので避けるべき。   踏... 続きを読む →

小谷城 (攻略失敗)

浅井長政の城として有名な小谷城。この城もまた山の上にある。JR北陸本線の河毛駅(かわけえき)から東に1.9kmで小谷山の麓の清水谷入り口に着く。姉川古戦場からは北西に6.5kmほどの場所。(城跡ではなく清水谷入口まで) 小谷城に登る主なルートは3つ。その全てが小谷城の本丸から南南西方向に入り口がある。その内、一番東寄りの道はアスファルト舗装されていて標高約300mまで車で登ることができる。道路のす... 続きを読む →

鎌刃城 その6

下山。登りのときは尾根伝いで大変だったけど、下りは主郭か副郭の辺り(忘れた)の東側に下る道があって、尾根より一段低いところを通って城の東側を南下。その道は途中で堀切を渡り城の西側に出るので後はそのまま下り坂で滝の上まで戻ってきた。この道の良いところは山道を歩くだけ。堀切の昇り降りでロープを掴んでとか必要ない。 鎌刃城終了。   せっかくなので中山道の宿場町(宿場村?)である番場も廻っ... 続きを読む →

鎌刃城 その5

木が少し痩せて針金が少し浮いているようにも見えるが、しっかり組んであるので今のところは崩れはしなさそう。(2016年5月現在) これから何年も先に訪れる人は登る際には木が腐ってないか、針金がちぎれてないか確認してから登ってほしい。関係者が点検してるだろうけど、もしも崩れたら丸太と一緒に斜面の下まで落ちることになるよ。 実際に登ってみたら合板の床板が水を吸って劣化しているのかブヤンブヤンして怖い感じ... 続きを読む →

鎌刃城 その4

物見櫓の一番上に出てみた。尾根の上の櫓ですぐ下は急斜面、床板も少しブワブワしてるのでまっすぐ立つのは怖い。 でも、景色は最高。写真は南西を向いて。右が琵琶湖。ちょうど中央の山は「三成に過ぎたるものが二つあり」のうちの一つ「佐和山の城」があった佐和山(だと思われる)。 その奥の市街地が彦根市。彦根城は佐和山に隠れているらしく見えない。中段の左に見えている山はおそらく荒神山(こうじんやま)と思われる。... 続きを読む →

鎌刃城 その3

前の記事の最後の写真の場所を(主郭の北端近くから北に)振り向いたところ。この城の有名な枡型虎口。虎口は北を向いている。城があった頃は石垣の左右を跨ぐ形で門があったと思われる。   枡型虎口近くの案内板。 「主郭(しゅかく) 鎌刃城の中心部となる曲輪で、その周囲は石積みによって固められています。曲輪内部では、主殿の一部と思われる縁側を有する礎石建物跡が確認されており、格式の高い建物が存... 続きを読む →

鎌刃城 その2

斜面の上に「鎌刃城」「南郭」という表示が見える。ようやく城の中心施設部分だ。   南郭部分。尾根にちょっとした平地がある。地面の白っぽいのはゴミじゃなく岩。   看板がある。北側を向いているわりには日に焼けたように褪せてしまって書いてあるのが見えない状態。   画像を加工したら読めるようになった。 「鎌刃城跡 鎌刃城は鎌倉時代に箕浦庄の地頭であった土肥氏の... 続きを読む →

鎌刃城 その1

2017年4月6日(城の日)に「続日本100名城」として鎌刃城が選ばれたとのこと。日本人の多くが知らない幻の城が選ばれたということだけど、遺構の規模が大きいのに山奥なので「破城」以降は現代まで開発破壊などがなかったのが幸いだったと思われる。おめでとう。   まず鎌刃城の場所だが、グーグルマップに表示される「鎌刃城」の位置が全然違う。(2016年5月13日現在) グーグルマップを信じて... 続きを読む →