Fax Class2コマンド

AT+FAA=nFax/Dataモードでの着信受付
0 : 受け付けない
1 : Fax/Dataモードで受け付ける
AT+FBUF?バッファサイズの表示 format = XON threshold, XOFF threshold, current byte count
AT+FBORBit order for phase C data
+FBOR=1 Reverse bit order of re
AT+FDCCAT+FDCC=vr,br,wd,ln,df,ec,bf,st Set modem's DCE capabilities parameters (the list of parameters may be truncated)
AT+FDCS?現在のDCS設定の表示
AT+FDISAT+FDIS=vr,br,wd,ln,df,ec,bf,st Set current session's capability parameters
AT+FCLASS=nサービスクラスモードの設定
0 : 2400bpsで次のコマンドを待つ
1 :
2 : 応答があれば19200bpsまで速度を上げて対応
AT+FCR=nFax受信classモードの設定
0 :
1 : Class2モードで受信可能
AT+FHShang up statusを3桁の数字で表示
AT+FKセッションの中止
AT+FLIDAT+FLID="...." Local ID string parameter, TSI or CSI
AT+MDL?モデムのモデルナンバーの表示
AT+FMFR?モデムの製造会社名の表示
AT+FPHCTOAT+FPHCTO=nnn Phase C time out for PC commands (in 1/10 secs)
AT+FREV?リビジョンの表示
AT+FDTメッセージモードでの送信開始コマンド
AT+FDRメッセージモードでの受信開始コマンド
AT+FPTS転送状態の表示