ownCloud/Nextcloudで連絡帳管理

スマートフォンを利用する人が増えて連絡帳をどっかのネットワークサービスに預けている人が多い。預け先のネットワークサービスが適切な管理をしてくれるならそれ自体は極端に悪いこととは思わないが、実際には預けたデータがどのように利用されているかユーザーには全く知らされない。「預ける」というと預かる側が厳重に保管するようなイメージだが、「何かに使うにしても悪いことにならんようにしてね」って渡すのは「預ける」というよりは「委ねる」といった方が良いかも。
そして、利用者側はネットワークにデータを委ねることに慣れすぎて非常に重要な個人情報の塊である連絡帳を取られ放題なのが平気になってしまっているのが困る。
たとえば、多くの人が何も考えずに無防備に使ってる南朝鮮の某無料通話アプリを利用すると連絡帳のデータを抜き取られるが、南朝鮮のサーバに保存されてしまえば個人情報保護の意識が低いあの国では集められたデータがどんな風に利用され売買され流出するかわかったものではない。
仮にAさんが知人の連絡先をのスマートフォンの連絡帳に登録していたたとして、Aさんが連絡帳の読み取り許可を求めるアプリに許可を与えてしまうとAさんの連絡帳に登録されている人たちの個人情報も流出してしまう。Aさんの情報が抜かれるだけなら自業自得だが、Aさんのせいで個人情報が流出してしまったその他大勢にはいい迷惑。

そんなわけで、連絡帳という個人情報の塊はできれば自分で管理して他所のネットワークサービスには預けたくない。合わせて連絡帳へのアクセスを求めるアプリは利用しないか連絡帳へのアクセスを許可しないようにする。これで、もしかしたら既に自分の個人情報は他人によって流出していたとしても自分が原因で他人の個人情報を流出させることはなくなると期待する。

個人で連絡帳を管理するなら自分専用のCardDAVサーバを利用すると自分のPCやスマートフォンなどで同期しながら利用できるので使い勝手が良い。CardDAVサーバとしては、がとらぼでも以前にBaïkalを採り上げたことがあるが、今回はownCloud/NextCloudを挙げる。ownCloud/NextCloudは標準でCalDAV/CardDAVに対応しているので特に何か設定する必要なく連絡帳の同期機能を利用することができる。
ただし、それだけだと他所に預けていた連絡帳データをownCloud/NextCloudに移行するのに不便。ウェブブラウザで連絡帳データのインポート・エクスポートや連絡先の追加・編集・削除を可能にするownCloud/NextCloud用追加アプリを使用するのが良いだろう。

今回はAndroidスマートフォンなどで利用することが多いGoogleの連絡帳からデータを取ってきてownCloud/NextCloudに移行するまでを行う。

まずはGoogle コンタクトを開く

ownCloud/Nextcloudで連絡帳管理 1
画像: 1
Google コンタクトを開いたところ。上の[その他]をクリック。

ownCloud/Nextcloudで連絡帳管理 2
画像: 2
[エクスポート]をクリック。

ownCloud/Nextcloudで連絡帳管理 3
画像: 3
Googleに預けている連絡先からエクスポートしたい連絡先を選択する。基本的には「全ての連絡先」
(画像では既にGoogleに他人の連絡先を預けていないので1件のみ)
エクスポート形式はvCard形式を選択。
[エクスポート]ボタンをクリック。Contacts.vcfというファイルをダウンロードする筈。
Google コンタクトはここまで。
Contacts.vcfはテキストファイルなのでメモ帳などで覗いてみて名前や住所が文字化けしていないか確認。

ownCloud/Nextcloudで連絡帳管理 4
画像: 4
ownCloud/Nextcloudに管理者アカウントでログインする。
左上の[ファイル]をクリック。 (ここは利用中のアプリ名が表示される場所なのでファイラー以外を使っていたら「ファイル」以外のアプリ名が表示されている筈)

ownCloud/Nextcloudで連絡帳管理 5
画像: 5
利用可能なアプリ一覧とアプリ設定用の「アプリ」が表示される。その「アプリ」の[+]アイコンをクリック。(上の画像の「パスワード」は追加した非標準アプリなので表示されていなくても異常ではない)

ownCloud/Nextcloudで連絡帳管理 6
画像: 6
左メニューから「無効なアプリ」をクリック。右側を下にスクロールする。

ownCloud/Nextcloudで連絡帳管理 7
画像: 7
「Contacts」を見つけて[有効にする]をクリックする。
これでownCloud/Nextcloudのウェブ画面上で連絡帳を管理できるようになった。
管理者アカウントはログオフする。

左メニューの「有効なアプリ」「無効なアプリ」のどちらにもに「Contacts」が無い場合はhttps://apps.owncloud.comでContactsを探しダウンロードする。圧縮ファイルを解凍し/ownCloud/NextcloudのPath/apps/の下に置く。その他インストール方法詳細は解凍したファイルの中の説明に従う。

ownCloud/Nextcloudで連絡帳管理 8
画像: 8
ownCloud/Nextcloudにユーザーアカウントでログインする。
左上の[ファイル]をクリック。 (ここは利用中のアプリ名が表示される場所なのでファイラー以外を使っていたら「ファイル」以外のアプリ名が表示されている筈)

ownCloud/Nextcloudで連絡帳管理 9
画像: 9
「アドレス帳」をクリックする。

ownCloud/Nextcloudで連絡帳管理 10
画像: 10
左下の「設定」をクリックする。

ownCloud/Nextcloudで連絡帳管理 11
画像: 11
[インポート]をクリックする。

ownCloud/Nextcloudで連絡帳管理 12
画像: 12
Google コンタクトからダウンロードしたvCardファイルを選択して右下の[開く]をクリック。

ownCloud/Nextcloudで連絡帳管理 13
画像: 13
アドレス帳がインポートされ、連絡先がリスト表示される。また、選択した連絡先の詳細も表示される。
ウェブ上で登録済みの連絡先の編集/削除や新規の連絡先の登録も行える。

おまけ
CardDAVに対応したクライアントでをownCloud/Nextcloudに接続する際は下のようなURLを指定する。
https://cloud.example.com/remote.php/dav/addressbooks/users/ユーザーアカウント名/contacts/

Androidは2016年10月現在CardDAVには標準対応はしていない。ただし、CardDAVに接続するためのアプリを使用するとCardDAVサーバの連絡帳データをAndroidの連絡帳に同期させることが可能。もちろんAndroidの連絡帳で連絡先の追加・編集・削除(&再同期)をすればそれがCardDAVサーバ側にも反映される。
それについてはGoogleとのお付き合いを参照。