棟内工事 (光ケーブルの敷設と融着)

室内・棟内の工事と屋外のクロージャ作成が同時進行だったのでここでの撮影には殆ど手が回りませんでした。

ケーブル敷設部隊は光ケーブルをマンションのMDFまで入れる部分までを受け持つ。
写真B04からはケーブル接続隊が作業を引き継いでいる。

写真B01 写真B01
このマンションのMDFの扉を開けた様子。
右中段から左下に伸びているのは光ケーブルを引き入れるために先に通すワイヤー。
「通線ワイヤー」だそうです。(そのままじゃん)
写真B02 写真B02
写真では全然見えていないが、光ケーブルが出てきた。実は外に繋がるパイプが見つからないまま工事が中止になるのではと勝手にヒヤヒヤしてました。
写真B03 写真B03
同じく写真では全く見えないが、外部に繋がるパイプは意外に細い。
写真B04 写真B04
ここからはケーブル接続隊が作業を引き継いでいる。
光ファイバーの融着作業を行っています。
写真B05 写真B05
上と同じ。融着用の機械は次のパートでクロージャを作ってる人が使ってるのと同じ。
写真B06 写真B06
上層階から伸びてきたケーブルと外からのケーブルを繋いだ。
真ん中に写っているのが新しく設置した「成端収納トレイ」(というらしい)だ。(光ファイバーを巻く物)
写真B07 写真B07
カバーをして無事完成。