そうだ 偕楽園、行こう。

こちらの記事も更新をサボっていた1ヶ月前の9月3日の話です。

青春18きっぷの余りがあったので偕楽園に行くことにしました。
普通列車で上野から水戸だと常磐線で乗車時間が約2時間ほどになります。常磐線は全部ではありませんがグリーン車が連結されているのでそれを利用すると身体が楽です。
上野からだと水戸行きか勝田行きに乗れば乗り換え無しです。
今は梅のシーズンではないので水戸の隣の偕楽園駅には停車しないため、水戸駅からバス・タクシーなどで偕楽園に移動するか遠くないので歩きも可です。
今回は水戸駅南口を出て川沿いから千波湖の北側を通るルートで歩きました。

写真は千波湖から偕楽園公園に渡る橋から始まります。
今回は持って行ったカメラのPLフィルタが汚れているのに気付かずに撮ってしまい、撮った内の半分以上が全くダメという悲惨な結果に。

偕楽園 1
千波湖と偕楽園公園を繋ぐ歩道橋の快楽橋です。これがないと常磐線の線路と交通量の多い道路で千波湖と偕楽園が隔絶してしまいます。

偕楽園 2
偕楽園のお隣にある徳川光圀と徳川斉昭を祀る常磐神社。申し訳ないがこちらは入らず。

偕楽園 3
偕楽園は入場無料でそのまま入れてしまうありがたい庭園。夏なので緑豊か。

偕楽園 4
好文亭の傍から西を見下ろした風景。

偕楽園 5
こちらが好文亭。好文亭は見る場所沢山だけどほんの一部だけ紹介。ちなみに好文亭だけは入場料200円がかかるがそれでも全然安い。

偕楽園 6
好文亭の中。写真のように襖の絵が立派な部屋は立入禁止になっている。

偕楽園 7
廊下や襖の絵が無い部屋は入れる。お庭が素敵。

偕楽園 8
板の間の部屋の床板が黒光りしていて凄い。天井や中央から少し左にある何か編んだ物も凄い。

偕楽園 9
こちらはお二階になります。景色も良いし風通しも良くて、暑い日だけど此処はとても涼しい。

偕楽園 10
大杉森の辺りの筈。まさに森。夏は蚊が多くいるので要対策。

偕楽園 11
孟宗竹林の辺り。

偕楽園 12
東西梅林の辺り。春に来れば梅の花が見られる場所。夏なので只の林ですが、おかげで人がいない。

偕楽園 13
千波湖。こんなところで語り合うのも良いですね。
「僕のふるさとの湯布院というところにとっても素敵な温泉宿があるんだけれど、今度一緒にいかない?」
「だめ・・(以下省略)」

偕楽園 14
白鳥ボートに乗ることができます。

偕楽園 15
湖岸が素敵。右の方の写っていないところに蒸気機関車(D51)があって運転席に登ることができるので子供が遊んでいます。

偕楽園 16
千波湖の東南側から偕楽園を見る。

偕楽園 17
千波湖には白鳥・黒鳥・鴨などが居ます。

偕楽園 18
餌をあげないで下さいと書かれた看板が出ていますが餌をやる人が多いのでしょう。黒鳥など非常に人間に慣れていて鳥の方から人間に近寄ってきます。写真中央で鴨が水に潜っています。

時期外れなので全然期待してなかった割に非常に良かったです。写真は敢えて良いポイントを外してあります。

京都 日の出うどん

更新サボっていたので反省。
既に9月終わりだけど8月11日の記事から。

京都の南禅寺観光のついでに以前からカレーうどんが美味しいと名前だけ聞いていた「日の出うどん」を訪れることにした。
日の出うどんは南禅寺から鹿ケ谷通り(ししがたにどおり)を北に5分ほど歩いたところの通り沿い右側にあります。
が、それは後になってから解ったことで、当日は店の場所がよく解っておらず南禅寺の三門の北西側の「杏こ庵」の方から白河通りに近い側に出て明照寺付近で迷子となりました。
結局20分以上かかって到着。
もう14時前だというのに店の前には人が並んで(座って)います。
うどんで行列は回転が悪い可能性があるのでヤバいなと思いつつお腹も減ってるし周りの店も知らないし並ぶといっても座れるようになっているしで諦めて列の後ろについた。

日の出うどん 1
写真は実際は店を出た後に撮ったもの。来た時より人は少ない。曇って見えるけど8月中旬の京都は暑いよ。

時々店のおじさんが出てきて人数と注文を聞いたりメニューの説明をしてくる。
あと、外人も来るが今回並んでいる間に来た人(別々4組ほど)は行列待ちが嫌なのか諦めて去ってた。
30分ほど待って入店。店の中はちょっと暗め。テーブル席しかないようで一人の場合は当然ながら知らない人と相席とさせられる。
若いお姉さんと相席にさせられたので非常に居心地悪い。多分お姉さんも。
入口横に置いてある大きなレトロ電話が目立つ。時々ジジジジッと鳴っているのでもしかしてオブジェじゃなくて使えるのだろうか。
店の前で早くに注文している割に店に入ってからも意外と長く待たされて10分ほどしてようやくうどんが供される。

日の出うどん 2
写真はカレーうどん大盛り。暗い店内でスマホの手持ち撮りで湯気出てるせいかピント合わず。

日の出うどん 3
リフトアップ写真。同じくどうやってもピント合わず強制撮影なのでボケてます。

「何て美味いんだ」と書きたかったのだが、何かイマイチ。
讃岐うどんではないので麺の腰は弱くモチモチ感少なめ。それはそれでアリだが麺を噛んだときにボソり気味。大盛り失敗。
カレースープも味がキツめで上品でも深いでもなく普通。
これで有名店なのか・・・
吉野家系列の千吉(個人的にお気に入り)の方が断然美味しいと思います。
平安神宮側に出て山元麺蔵か岡北の方が正解だったかも。
でも、店の雰囲気や接客は良かったので複数人で南禅寺観光の一部として行くのはアリです。

Panasonic ステレオインサイドホン RP-HJE150-K

RP-HJE150-K

マンション暮らしをしているので隣上下の部屋に迷惑にならないよう普段はテレビやPCの音再生はイヤホンをして聴くようにしているのですが、寝っ転がってテレビ観たりしていると、うっかり寝てしまってイヤホンのコードに無理な力がかかったりで結構壊すことが多いです。
いままで幾つ壊したか憶えていないほどです。
当然、また壊れるのが解っていて次のイヤホンを買うので高いのはもったいないと思うわけです。
最近は100均ショップでもイヤホンは売っていますが、これは流石にお世辞にもまともな音がするとは言えません。
いままで幾つも安いものを試してみましたが、今回久しぶりに当たりが見つかったので紹介します。


この記事のモデル

後継モデル?

まぁ安いものなので5000円以上の製品と比べるとどうしても物足りない部分はあるのですが、それでも自然な音が鳴るクセの少ないまともなイヤホンとしてはオススメかと思います。

欠点として2点、付属のイヤーピースが3種類あるのですが、どれも耳の穴の小さい人向けです。イヤーピースの素材が薄くて柔らか過ぎるので別の物と交換する方が良いかもしれません。
ドライバユニット部分が後傾して付いているのですが、ユニットの最後部が耳に当たるので痛みを感じる時があります。かといってソニーみたいにドライバユニットを垂直に付けるのは格好悪いと思うので仕方ないのかもしれません。

お値段は2014年7月末時点でRP-HJE150-K(黒)が¥733、色によってもう少し安いものがあります。
アマゾン限定モデルのRP-HJE122Aシリーズ(¥680)もあって、こちらの方が同じパナソニックでも安いのですがドライバユニットの大きさに差があって、RP-HJE122Aシリーズが9mm、RP-HJE150シリーズが10.7mmとなっています。大きさの差は僅かですが音はRP-HJE150の方が良い感じです。
RP-HJE150の方が高いのですが、価格差が僅か50円程度なのでRP-HJE150の方がオススメかなと思います。

2015年4月追記: 思ってた以上にRP-HJE122A (アマゾン限定版)の評価が悪いみたいなので比べる必要もなくRP-HJE150の方が良さそうです。っていうかRP-HJE150のレビューにアマゾン限定版の評価が入ってるのってどうなってるんだろ?

2015年9月追記: RP-HJE150-A (最後にAが付くのがアマゾン限定版)も評判が悪いようです。アマゾンのレビューがRP-HJE150共用みたいでRP-HJE150-x(ノーマル版)とRP-HJE150-A(アマゾン限定版)の評価が入り混じって訳がわかりません。値段が変わらないなら最後にAが付くのは選ばない方が良さそうです。