cronのログをauth.logやsyslogに出したくない

Debuan系のLinuxではログがrsyslogで管理されていて、cronのログが/var/log/syslogや/var/log/auth.logに出力される。これが正直凄い邪魔。cronで何か実行される度にログが出力されるので大量に溜まる。大容量ストレージがあるシステムでもこんなのが溜まるのはイヤだけどシングルボードコンピュータだともっとイヤ。

/var/log/syslog (該当ログの例)
Jan 15 10:06:01 localhost CRON[5066]: (root) CMD (実行コマンド)
/var/log/auth.log (該当ログの例)
Jan 15 10:06:01 localhost CRON[5065]: pam_unix(cron:session): session opened for user root by (uid=0)
Jan 15 10:06:01 localhost CRON[5065]: pam_unix(cron:session): session closed for user root

こんなの。

/etc/rsyslog.conf (変更)
1
2
3
4
5
6
#
# First some standard log files.  Log by facility.
#
:programname, isequal, "CRON" stop
auth,authpriv.*                 /var/log/auth.log
*.*;auth,authpriv,cron.none             -/var/log/syslog

syslog側だけの出力の抑制は簡単だけどauth.logへの出力の抑制が意外と手こずる。
4行目が元々は存在しない筈で、プロパティ型のフィルタでプロセス名CRONのログを抑制。多くのプロセス名は小文字だが、cronは何故か大文字のCRONなので注意。(syslogやauth.logでもプロセス名はCRONで出力されている)
行末部分、古くはstopではなく~と書かれてたみたい。
これをauth,authpriv.*の行(5行目)より前に追加。これを書いたら6行目の変更は不要。
6行目はauth.logにcronのログが出なくてsyslogだけにcronのログを出力させない場合。*.*;auth,authprivの直後に,cron.noneを追加。4行目を書いていたら要らない筈。

/etc/rsyslog.confを書き換えたらサービスを再起動。

$ sudo service rsyslog restart

こんだけ。
rsyslogは設定次第でいろい出来て凄いんだろうけど書き方のクセがすごくて解りにくいのよね。

Nexus 7 2013にLineageOS 17 (Android 10)をインストール

すでに発売されてから6年という古いタブレットのNexus 7 2013だが、大きさが手頃ということもあってベッドのお供になっている。
このタブレットは発売開始直後から言われていたことだが、ゴーストタッチが多いというか北斗百烈拳が頻繁に発生する。開発者オプションで「タップをオーバーレイ表示」して見ていると、画面全体をまんべんなく百烈拳というのの他に、画面の下辺近くを集中的に突きまくるというのが発生しているのが見える。画面を回転表示させた状態でもその表示時の下辺が突きまくられる。また、ファームウエアのバージョンやカスタムロムによっても発生頻度が変わるのでタッチパネルの不具合というハードウエアの問題だけではないと思われる。で、百烈拳が発生すると表示中のアプリが滅茶苦茶に操作されたりホーム画面に戻ったりタスクリストが表示されるだけでなく、自分の操作を受け付けてくれなくなるので電源ボタン長押しで電源断しかないことも。
だからイライラさせられることもあるけど、まぁ壊れるまでは使おうと思っていたら意外と壊れないまま現在に至る。バッテリーも持ちも良いし。

このNexus 7 2013は、まあまあ売れたということもあってか未だに開発がそれなりに。
標準のAndroidよりはLineageOSの方が好みなので比較的長い期間LineageOS 14 (Android 7 Nougat相当)を入れて使っていた。LineageOS 15.1 (Android 8.1 Oreo相当)が遅れたというのもあったし。
2019年になってLineageOS 16 (Android 9 Pie相当が)出たが、メモリ不足なのもあってかアプリの切替えが難でプチフリーズしたり再起動したりであまり良く思わなかった。12月になって、いよいよLineage 17.1 (Android 10 Q相当)の開発版が登場したが、その動きは既にLineageOS 16より若干良い感じで使い物になりそうな感じ。Nexus 7 2013はメモリが2GBしかないのでいろいろツライ部分があるけど、まぁ我慢すればなんとか。それで、糞古い端末で最新Android(相当)が使えるのだから凄い。

パーティション変更

LineageOS 16からだったか、いよいよ標準のsystemパーティションでは容量が足りないということで領域を拡張する。一度変更してしまえば再度パーティションを変更しなければ他のカスタムロムでもそのサイズで使えるので拡張しておくのがオススメ。(というかLineageOS 16, 17では拡張必須)

XDAの[REPARTITION] Nexus 7 (2013) Repartition [FLO/DEB] [16GB/32GB] [UA TWRP]スレッドの#1で提供されているRepartitioning package (flo-deb_clamor_repartition.zip)と、TWRP3.3.1-4_UAをダウンロードしてくる。Repartitioning packageはFLO(Nexus 7 2013 Wi-Fi版),DEB(Nexus 7 2013 LTE版)の両方で使用できるが、TWRP3.3.1_UAはFLO,DEBの区別ありなので手持ちのモデルに合った方を使う。

  1. 最初は普通のTWRP 3.3.1をリカバリ領域にインストール。(さんざん既出なので手順省略)
  2. 音量↑を押しながら電源をオンにしてTWRPを起動。
  3. TWRPが起動したらPCとUSBケーブルで接続
  4. PCからNexus 7 2013の内部ストレージにflo-deb_clamor_repartition.zipをコピー
  5. TWRPメニューから[Install]を押す。
  6. ファイルリストからflo-deb_clamor_repartition.zipを選択。
  7. 右下の[Install Image]を押してイメージを書き込み。
  8. ホームボタンを押してTWRPメイン画面に戻る。
  9. 左下の[Advanced]を押す。
  10. [Terminal]を押す。
  11. コマンドライン画面になるので「modify」と入力してチェック。
  12. 終了したらホームボタンを押してTWRPメイン画面に戻る。
  13. 右下の[Reboot]を押す。[Bootloader]を押す。
  14. PCのターミナル/コマンドラインからadbでTWRP3.3.1_UAをリカバリ領域にインストール。
  15. 音量↑を押しながら電源をオンにしてTWRP3.3.1_UAを起動。
  16. TWRPメニューから[Wipe]を押す。
  17. [Format Data]を押す。入力画面で「yes」と入力してチェック。
  18. ホームボタンを押してTWRPメイン画面に戻る。
  19. TWRPメニューから[Wipe]を押す。
  20. 右下の[Format Data]を押す。
  21. 入力画面で「yes」と入力してチェック。
  22. もう一度「Wipe」画面に戻り、左下の「Advanced Wipe」を押す。
  23. リストのチェックボックスに全てチェックする。画面下のスライダーを右に。
  24. 入力画面で「yes」と入力してチェック。

17か21でMount関係のエラーが赤文字で幾つも表示されるが、これは問題ないので無視する。

LineageOS 17のインストール 1
上の手順の10番。

LineageOS 17のインストール 2
上の手順の11番。

LineageOS 17.1のインストール

  1. XDAの[ROM][flo|deb][UNOFFICIAL][AospExtended-v7.0][Lineage-17.1](変更)[ROM][UNOFFICIAL][10] LineageOS 17.1 [deb][flo]からFLOまたはDEBのLineageOS 17.1をダウンロード。
    2020年1月22日にAospExtended-v7.0とLineageOS 17.1の共同スレッドだったのが分離し、旧スレッドはAospExtended-v7.0が引き継ぎました。
  2. XDAのGAPPS ARM10.0のリンクからGAPPSをダウンロードする。
  3. TWRPは前の作業から引き続きでもNuxus 7 2013を再起動してリカバリモードでも可。
  4. (TWRPが起動したら)PCとUSBケーブルで接続
  5. PCからNexus 7 2013の内部ストレージにLineageOS 17.1とをGAPPSの2ファイルをコピー。
  6. TWRPメニューから[Install]を押す。
  7. ファイルリストからLineageOS 17.1のファイルを選択。
  8. 選択したファイル名が表示されていることを確認して画面下部のスライダーを右に。
  9. イメージ書き込みが終了したらホームボタンを押してメイン画面に戻る。
  10. 通常はここでGAPPSをインストールだが今回はこのタイミングではインストールしない2020年1月24日追記: LineageOS17.1 1月22日版とOpenGAPPS Android10 Arm用 nanoの組み合わせではエラーにならなかったのでここでOpenGAPPSインストールして問題ありません。また、下の12番からの手順もシステム起動後にセットアップウィザードが走るので不要。
  11. 右下[Reboot]を押す。[System]を押す。
  12. LineageOS 17.1が起動する。何も操作しないで数分待つ。
  13. 電源ボタンを2秒押して右に表示される電源オプションから「電源を切る」か「再起動」(英語で表示される)を押す。
  14. 音量↑を押しながら電源ボタンで起動、または音量↑を押しながら再起動してTWRPを起動させる。
  15. TWRPメニューから[Install]を押す。
  16. ファイルリストからGAPPSのファイルを選択。
  17. 選択したファイル名が表示されていることを確認して画面下部のスライダーを右に。
  18. イメージ書き込みが終了したらホームボタンを押してメイン画面に戻る。
  19. 右下[Reboot]を押す。[System]を押す。
  20. LineageOSが起動したらLineageOS(Android)設定画面から「System」を選択する。
  21. 言語設定で日本語を追加してから追加した日本語行の一番右を上にスライドしてリストの一番上にする。
  22. 引き続き「システム」メニューから「日付と時刻」を開く。
  23. 「ネットワークから提供されたタイムゾーンを使用する」をオフにしてタイムゾーンを「東京」(+9:00)にする。
  24. LineageOS(Android)設定画面から「ネットワークとインターネット」を選択する。
  25. Wi-FiやLTEの設定を行いインターネットに接続する。
  26. LineageOS(Android)設定画面から「アカウント」を選択する。
  27. 「アカウントを追加」から「Google」を選択。
  28. 自身のGoogleアカウントを登録する。

LineageOS 17.1のイメージとGAPPSを焼いてから初起動させるとブートループになるのでGAPPSは後から焼くという手順。

2020年1月11日時点ではOpenGAPPSが使えなかったので今回は個人提供のGAPPSを使用した。 他のGAPPSを入手できるならAndroid 10用のARM版を取る。(Nexus 7 2013はARM64版ではない)

2020年1月24日追記: OpenGAPPSのAndroid 10のARM版はpicoとnanoが利用可能になっている。

通常であればOS初起動時にGoogleアカウントのセットアップウィザードが表示されるのだが、今回はその部分が未完成のため表示されない。必要な設定はLineageOS(Android)設定画面から行う必要がある。

LineageOS 17のインストール 3
GAPPSのインストールまで完了した状態のホーム画面。

LineageOS 17のインストール 4
Android 10相当であることやセキュリティパッチが2020年1月1日まで当たっていると表示されている。本当かどうかは不明。

ベッドのお供に使っていると書いたが、Android 10相当なのでダークモードが使えるのがありがたいかも。

LineageOS 16ではタスク切替えやタスクリスト表示でもたついたりプチフリーズになったり、酷いと再起動が発生したり。今回インストールしたLineageOS 17ではその部分の動作はキビキビと。しかし、ロック画面の解除時にもたついたりプチフリーズが発生してやり直しがしばしば。つまりロック解除してしまえばまあまぁ。
そして、LineageOS 14使用時にはベラボーに頻発した百烈拳がLineageOS 16と今回のLineageOS 17では発生していない。寒い時期だから?

古いクルマのT20バルブのテール/ブレーキランプをLEDに交換した

実家の古いクルマのハロゲンランプをLEDに取り替えてきたがテール/ブレーキランプが白熱灯のまま。 このテール/ブレーキランプは特に気に入らないということはなかったが、LED交換の勢いにまかせて交換することに。
で、注文はクリスマス前にしたのだが、年末近くに荷物を積んだコンテナが中国内でセキュリティ上の理由で差し戻されたというのもあってこのテール/ブレーキランプは年が明けて七草粥を食う時期にようやく届いた。正月休みに全部交換するという予定が台無し。

AliExpressで「T20 7443」というキーワードで検索して安い順にソートすると同じ見た目の製品が大量に出てきて1本75円程度から見つかる。上のリンクは2本セットの価格で200円程度。見た目が同じでも書かれている仕様はショップによって違うので全く同じ製品かは不明。
これはT20バルブでウェッジタイプ。テール(ポジション)とブレーキ(ストップ)の2種類を光らせる所謂ダブルタイプの球で7443というやつ。1灯のシングルタイプは7440。7443は接点のタイプが2種類あって、多くのクルマに採用されているのは++−−だが、+−+−の車種もそれなりにあるようなので車種に応じて正しい接点のバルブを使用する。LEDで極性のあるバルブを違うタイプに挿すとヒューズが飛ぶこともあるよう。上のリンクの製品は特に記載がないので++−−タイプ。+−+−タイプは商品ページのタイトルか仕様に「SRCK」と書いてあるか図入りで注意書きがある筈。自分のクルマのT20ソケットが++−−か+−+−なのかを調べる方が難しいかも。面倒だったら少し高くなるが無極性タイプのLEDバルブを購入するのもアリ。(上のリンクの製品は極性のあるタイプ)
この製品は5630チップが側面に6個 x 5列に並べられていて、先端のレンズ部分の内部にも3つ入っているので33SMD。
上のリンクでは発光色として白・黄・赤が選べるが、テール/ブレーキランプ用の場合は必ず「赤」を選択する。クルマのテール/ブレーキランプのカバーが赤でも白のLEDを入れて光らせると赤に見えなくて車検NGになるかもしれないので。(周囲のレンズカバーが見えれば赤が点灯していると判るが、遠目には赤ではなくアンバーっぽく見える)

T20テール/ブレーキランプをLEDに交換した 1
届いた製品。AliExpressの製品ページを見ると発光色に応じて蛍光体部分?が色分けされているような風だったが、実際には発光色が「赤」でも見た目は「白」らしい。LEDが並んでいる側のベース部分にアルミが使われているということで基板を並べたような見た目ではない。プラグ側はアルミではなくPC。

T20テール/ブレーキランプをLEDに交換した 2
手前が取り出したT20の電球、奥側が購入したLED。LEDの方がだいぶ長くてプラグ部分を含めて61mm。クルマによってはランプ部分の奥行きが足りないということもあるかも。

T20テール/ブレーキランプをLEDに交換した3
LEDをソケットに挿してみたら少しグラグラする。元々挿さっていた電球のガラス球はプラグ部分が厚めだったのでソケットの接点金具がそれに慣らされて潰れているよう。グラグラでは危なっかしいのでソケットの接点起こしをする。精密ドライバなどを入れてソケットの4箇所の接点の金具を浮き上がらせる。無茶はしない程度。

T20テール/ブレーキランプをLEDに交換した 4
LEDバルブをソケットに嵌めたところグラグラせずしっかり嵌った。ただし、この後の点灯テストで点灯しなくて向きを挿し替える場合はもう一度接点起こしをする方が良いかも。

T20テール/ブレーキランプをLEDに交換した 5
点灯テストをするので車内側でソケットに配線のプラグを挿してぶらさげる。

T20テール/ブレーキランプをLEDに交換した 6
テールを点灯。(スモールランプ点灯の状態)
上の写真ではLEDの右上方向にモヤモヤした赤い光の帯が見えるが、目ではこの帯は見えなくてすごく微かにしか光っていない。ブレーキを踏むとしっかり明るく点灯するのにテールの点灯だけがあまりにも弱すぎる。また、弱いだけでなく細かく点滅しているようにも見える。

上は、片方だけLEDに交換した状態で、もう片方が電球のままだったので左右アンバランスな電気の流れが球切れと判断されて何か制御されているのが原因かと思い、両方をLEDにしたところテールも正常な光量で点灯するようになった。

T20テール/ブレーキランプをLEDに交換した 7
これがテール点灯状態。テールでも明るすぎるのでカメラの絞りを周りが暗くなるほど数段増加違ったシャッター速度を速めた。こんだけ光れば文句ない。もちろんブレーキは更に強く光る。

T20テール/ブレーキランプをLEDに交換した 8
車外のテールランプカバー部分。これは不点灯時。交換したLEDバルブが全体まっ白だったのでみっともなくないかと心配したが、白いのが見えるわけではなく、このとおり大丈夫。

T20テール/ブレーキランプをLEDに交換した 9
上の写真はテール点灯時。うん、期待していた程度に明るい。
ブレーキ踏んだ時との点灯具合もしっかり違いがあるので使いものになりそう。

この記事の最初のリンクのページに書いてあった800lmが本当かどうかは不明。Power 30Wとか書かれてたけど他の同じ見た目の製品の仕様では消費電力は1本3〜7W程度。そりゃそうだ、30Wじゃ溶けちゃう。光束は同様製品では650〜900lmあたりの数字が書かれているのが多い。見た目が同じでもそんだけバルブの種類があるのか、ショップごとに数字をテキトーに盛っているだけなのかはわからない。

2本200円なので格安だが、どれくらい使い物になるのか、熱を持って暗くなったりしないかは心配ではある。
取り外した電球は今回はT20 20Wタイプで熱くなるやつなので球の部分は手で触らないか、触ってしまったなら脱脂して袋に入れてクルマに積んでおく。(脂が付いてて電球が熱くなると割れる) もしもLEDがダレて暗くなるようであれば電球に戻せるように。

ついでにウインカーもLED化したいところだが、T20のウェッジ球でも「ピンチ部違い」という出っ張りの位置が違うタイプ。アマゾンで探すとピンチ部違いの製品は見つけられるがお高め。あと、「ピンチ部違い対応」になっていても実際は違うのもあるらしい。無理に押し込めば挿さらなくはないというのも「ピンチ部違い対応」で売られているっぽい。困るなぁ。AliExpressで探したいところだが「ピンチ部違い」の検索のしかたがわからない。また、LED化で消費電力が減るとクルマのコンピューターが球切れとして認識してハイフラッシャーになるらしく、抵抗が要るとのこと。6Ωあたりのメタルクラッド抵抗が売られているのが多いようなのでそれを付けることになるかと思うが、超アッチッチな150℃超え?になるので付けるのが怖い。

2020年1月10日追記:
この記事最初のAliExpressのリンクの商品説明にはError Free、他の同じ見た目の製品では「Built-in Canbus load resistors to avoid OBC error code」と書いてあったので抵抗が入っていてクルマから球切れと判断されないようになっているのかと思っていたが、判定条件が不明ながらしばらく走行していると運転席のABS警告ランプが点灯する。また、必ず発生する条件としてライトのスイッチを触ってポジションを点灯(後部はテール点灯)状態にするとABS警告ランプが点灯する。この警告ランプが点灯した場合は、エンジンを一度オフにするまで警告灯が点きっぱなし、ブレーキの操作感触が通常と違う、アイドリング時にエンジンがブアブアと500回転ほど上がったり下がったりする。ブレーキを踏むとコンソール画面がライトOnの状態で表示される、などの症状が発生する。過去にブレーキランプをLED化した人達がネットに書いている情報と同じ症状。警告灯が灯るだけならともかくブレーキの感覚が変わるのは困るので解決できるまでは電球に戻すことに。

このLEDバルブを使用し続けかつクルマの既存の配線を切ったり継いだりしたくない場合は2個入りセットで1000円前後で購入できるT20ソケット付き抵抗セットを挟むか何かしないと解決しなさそう。金属ケース入り抵抗だけなら2個セット200円ほどから。この抵抗は電球を偽装する程度に電気を消費するのでアッチッチになる。ここでいう抵抗というのは7443 Load Resistorのようなキーワードで検索するとヒットするやつ。
ネットで1W1KΩ程度の抵抗(数十円程度で熱くならない)を付けたら警告灯の問題が解決するという情報を見かけたけど、それは微弱でも電気が流れたら正常と判断する車種(スズキとか)に限られるんじゃないかしら?そして今回購入したバルブに内蔵されているということになっているエラーキャンセラー用の抵抗というのが分解して確認していないけどおそらくそのタイプ。電圧を見て判断する車種だとそれが効かないのではないかと思われる。だから電球と同等の消費をする抵抗を付けることになると思うけど、それだとせっかくの省エネ性が台無しよね。車両火災になるかもと考えると怖いし。今回はLEDに変えてテール点灯時(電球なら5W時)に警告灯が付いたのでテール用の配線だけに抵抗をつけることにするなら、12V車エンジン始動時変動有りを加味して25Ω、定格は余裕を持って25W程度の抵抗で良いかしら。これなら焦げる程は熱くならない?もっと抵抗値を上げて警告灯が点かないなら上げたいところだけど。