根の津

根の津

都心で美味しいうどんを食べたいと思ったら神保町の某、赤羽の某、高田馬場の某・・と数えてみると両手両足の指の数程度で足りてしまう悲しさ。でも昔に比べれば美味しい店も増えて来ているんだよね。
今回は新しい店ではありませんが、根津の有名店「根の津」さん。ときどき行っているお店です。
根津神社入口のすぐ近く。と、いうか根津神社に行くからついでに久しぶりに寄ったというのが本当ですが。
ちなみに根津は地名としては話が通じ難いのですが、上野公園の西側すぐ、東京大学の北東側の辺りと言えば通じるようです。
最寄り駅は東京メトロ千代田線の根津駅か東京メトロ南北線の東大前駅。仮に上野駅から歩いても根津駅まで1.2km、「根の津」さんまでは1.7km。それほど遠くはない。

東京メトロ根津駅から根津神社まで。緑のマーカーが「根の津」。

「根の津」さんはお店は小さめ、4人席のテーブルが幾つかとカウンターが4,5席程度。テーブル席はかなり狭い。カウンター席が埋まった状態で独りで入るとテーブル席で相席になるので注意。
この店は時間をずらして行くと並ばずに入れることもあるし並んでいても大行列というほどではないので待ち時間がそれほどは長くない印象。
価格は東京のまともなうどん屋としては良心的。ぶっかけが600円。ざるが650円。肉つけ麺が700円等。これなら通いやすいのではと思います。
麺は表面に透明感がとはいきませんが比較的つややかで麺の腰もしっかり、でも「硬い」ではない。個人的には結構好みに近いです。
スープは黄金色なので関西人も安心。

今回は肉つけ麺を食べたかったのですが品切れということだったのでノーマルに?「ざる」。(「ぶっかけ」はあまり好きでは人です)
注文から適度に待って出てきた「ざる」。

根の津 ざる
ごめんなさい。スマホ忘れて行ったのでNexus7で撮りました。Nexus7はカメラが酷いので美味しそうに写りませんでした。
普段撮りで使ってるSONY RX100はマクロ撮影できないし、もう1つカメラ買おうかな。

写真のとおり、麺の量は少ないです。ひょいひょいと摘んだらすぐに無くなります。つゆは良い味。薬味は生姜、ネギ、ゴマ。(生姜が写ってないですが)。このお店の生姜はよく効くので入れすぎない方が良いでしょう。

同じ根津にはもう一つ有名店「釜竹」さんがあります。こちらはお店の雰囲気がおしゃれなのでカップルに良いかも。硬い麺が好きな人向け。個人的には硬すぎると思っています。

神田明神

家の近所で初詣を含め年に数回参拝している神田明神で御朱印を貰うことに。

神田明神は江戸時代は江戸総鎮守、現代でも秋葉原から神田・大手町・丸の内などの都心の総氏神です。
もともとは大手町の将門の首塚辺りにあったようですが、江戸城拡張の際に現在の場所に移されたそうです。
現在でも神田祭の時には鳳輦・神輿が大手町の首塚まで行くようです。最も近いルートでも2km以上、結構遠いです。
別途、将門塚例祭も行われているそうな。

と、いうことで平将門を祀っていることで有名ですが、元々は大己貴命(オホナムチノミコト)(大国主)(だいこく様)(古事記の前半の主人公)を祀った神社です。その歴史は天平2年(西暦730年)からということなので、あと少しで1300年です。
明治天皇が神田明神に参拝する際に、天皇家にとって逆臣が祀られているのがけしからんとして平将門が祭神から外され、代わりに連れて来られたのが少彦名命(スクナビコナノミコト)(えびす様)、平将門は今から30年前に祭神に戻されましたが、少彦名命はそのまま居座って?しまいました。大己貴命と少彦名命なら仲が悪くない筈ですから問題ないのでしょう。
それで、神田明神は大己貴命、少彦名命、平将門命の三柱が祀られています。面白い?ですね。

初詣の参拝者数は30万人ということで非常に多いのですが境内が広くないのでものすごく混みます。ただし、待ち時間は長く無いです。また、都心なので夜になると人が激減するので1月2日以降の夜に行けばガラガラです。ここは正月でなくても日中はいつも人が多いですがアニメオタクの聖地ということで特に若い人と外国人観光客が多いのが特徴です。
秋葉原と思われているようですが、御茶ノ水駅からの方が近かったりします。聖橋を北に少し行って湯島聖堂を越えて右に曲がるとすぐです。秋葉原駅から行くと結構遠いし上り坂です。

御茶ノ水駅(聖橋口改札)からのルート。大手町のマーカーは将門の首塚。

神田明神 1
神田明神の鳥居。緑青が良い風合いです。

神田明神 2
総檜・入母屋造の随神門。

神田明神 3
鉄骨鉄筋コンクリートの社殿と言われるとありがたみが無い気もするが、完成したのが昭和9年と古く、当時は珍しかったらしい。おかげで東京大空襲にも持ちこたえた。

神田明神 4
神馬の明(あかり)ちゃん、4歳。これまで変な時間にばかり行くからか一度も会えなかったが、今回初めて見ることが出来た。これから白馬になるらしい。(本当?)

神田明神 御朱印
御朱印いただきました。外国人観光客も記念スタンプの代わりに貰おうと何人か並んでた。ちょっとそれは宮司さん(書く人)大変じゃない?

プロアクティブ

今年前半に体調を崩したところに夏バテも加わってか口の周りのニキビが酷くなりました。
これまでは一時的に酷くなってもこれまでこのブログで紹介したような製品でケアしていれば劇的にとはならずもマシになったものですが、今回はより酷くなり続けています。
そこで、以前から興味のあったTVのCMでお馴染みのプロアクティブを試すことにしてみました。

ただし、日本のプロアクティブとアメリカのプロアクティブは成分が違うのでどちらを買うかが問題です。
日本のプロアクティブは有効成分はサリチル酸のようです。サリチル酸なら使われている製品が沢山あるので敢えてクソ高いプロアクティブを選ぶ必要はありません。
アメリカのプロアクティブの有効成分は過酸化ベンゾイル(benzoyl peroxide)のようです。(日本のプロアクティブにもナイトクリーム(おまけ?)には何故か過酸化ベンゾイルが入っているとのこと)
サリチル酸の入った製品はプロアクティブでないものを以前に試していてあまり効かなかったのと肌がつっぱるのが嫌なのでNGです。
過酸化ベンゾイルを使った製品は試したことがないので今回はアメリカ版のプロアクティブを使用することにします。

ちなみにアメリカではニキビ対策薬として過酸化ベンゾイルを使用した製品が幾つも出ているので割高なプロアクティブを選ばずにもっと安い製品を使うというのもアリだと思います。

プロアクティブ 4点セット
輸入品の4点セット2ヶ月分。

プロアクティブ 裏面
裏面は成分が書かれています。特に目玉の有効成分だけは一番上に自慢気に書いています。

  • リニューイング クレンザー ・・・ 有効成分 過酸化ベンゾイル2.5%
  • リバイタライジング トナー ・・・ 有効成分 不明
  • リペアリング トリートメント ・・・ 有効成分 過酸化ベンゾイル2.5%
  • リファイニングマスク ・・・ 有効成分 硫黄6%

1番のリニューイング クレンザーと3番のリペアリング トリートメントに過酸化ベンゾイルが入っていて、日本版はそれがサリチル酸のようです。他の成分が同じかどうかは知りません。
2番のリバイタライジング トナーはもしかすると日本とアメリカどちらも同じかもしれません。この製品はそもそもよく解らないものです。日本版では「うるおいを補給できるふきとり化粧水」となっています。
残りのリファイニングマスクは日本のプロアクティブには該当する製品が無いようです。名前がマスクとはなっていますが、硫黄入りのクリームでニキビの酷いエリアに塗り付けて10分ほどすると完全に乾燥するので洗い流すというものです。
硫黄入りの製品は日本にも沢山あるので代替可能かと。

実際に使ってみると
1番のリニューイング クレンザーはスクラブ入り洗顔料のようです。泡立つのかと思ったのですが、泡立ちません。目の周りは避けて優しく洗います。過酸化ベンゾイルが入っていますが、意外とピリピリしません。
2番のリバイタライジング トナーはコットンに染み込ませて軽く抑えて使いますが、過酸化ベンゾイルが入っていないのに最初はビックリするほどピリピリ感じます。慣れるとそれほどでも。
3番のリペアリング トリートメントは塗ると透明でテカらないので外出時にも使えます。ただし、凄まじくピリピリチリチリします。また、過酸化ベンゾイルの乾燥・ピーリング効果のせいか数時間後に日焼け後の皮捲れの小規模版のような事象が発生することがあるのでちょくちょく鏡を見ておかないと非常にみっともないことになっている場合があります。
リファイニングマスクは色付きのクリームなので外出時には使えません。そもそもずっとつけておくものでもないですし。これはピリピリチリチリしません。

効果についてですが、即効性があるものではないでしょうから暫く使い続けるしかありません。私の場合で使い始めて4日程で口の周りの赤みが半分くらいになりましたが、1週間経ってもまだニキビが出来ています。
とはいえ、赤みが引くだけで改善を実感はできます。

10月17日追記 使用を始めて3週間経ちました。赤みは10日程で無くなり2週間目くらいには新しいニキビも出来なくなりました。今はすっかり肌が綺麗に。当初想定していなかった効果として肌が若返った(笑)。正直すごいや。

注意

過酸化ベンゾイルの効果によるものですが、色付きのタオルや衣類に製品が付着すると脱色する場合があるので白いタオルを使うかよく水洗いしてからタオルで拭くかする必要があります。服には絶対に付かないようにしましょう。
過酸化ベンゾイルが合わない人(アレルギー性接触皮膚炎になる人)がいるので十分に注意する必要があります。腕など一箇所に極少量付けて反応を確かめてから顔に使う方が良いでしょう。
既に書いていますが、ピリピリ感は結構凄いです。肌のつっぱり感は無いようです。
プロアクティブを使用して時間が経ってから顔がまるで油を塗ったかのようにテカテカになる場合があります。

輸入版のプロアクティブはAmazonでも購入できます。普通は輸入品はボッタクリ価格が多いと思いますが、プロアクティブについては競争が激しいのか自分で輸入するより安い場合があります。

2015年8月追記: 日本のアマゾンでは輸入版プロアクティブの扱いが激減・高額化しています。特にリペアリング トリートメントの単品販売は無くなっているようです。