池袋K'z hair

池袋Kz hair 入口

床屋の話です。
床屋というと最近は1000円カットのような安いところと普通の3,4千円の理容店とシステムが美容院まんまで男性向けのプチ高級店、よくは解からんけどとにかく高級店に分かれてきているようですが、 個人的には月に一度はアタマも気持ちよくなりたいということで値段は幾らでもよいのでしっかりやってくれるお店をと思っています。
一流ホテルなどにある高級店は確かにその様な店に行くという点で気分的にはワンランク上なのですが、あとでよく考えると「普通の床屋じゃん」って思ってしまうのとコストパフォーマンスがどうにも悪過ぎます。
プチ高級店はお店の内装がオサレで椅子も座り心地が良かったり接客も丁寧だったりでその点では悪くないのですが、個々の作業がなんか取り敢えず感が強いように思います。
例えば、髪のカットであっという間にシャクシャクシャク「如何でしょうか」と聞かれて「え?」、頭皮のクレンジングをオプションで追加したりすると何かワシャワシャやり始めたかと思ったらあっという間に「ハイ、オシマイ」みたいな感じになって「え?」、追い打ちをかけるように「如何でしたでしょうか」と聞かれて「え?え?」みたいになったり。

そんな訳で千代田区に引越し後に近所をいろいろ探したのですが、良い店に巡りあえず南池袋にある以前からのお気に入りの床屋に通っていたりします。
記事の題名にすでに書いていますがお店はK'z hairさんです。
かつて日本最大の売り場面積を誇ったジュンク堂書店池袋本店の正面の右(メガネ屋横)の脇道を入って少しのところにあります。100円ショップ進次郎の横、セブンイレブン向かい。

池袋Kz hair 道路から

普通に電話すると何故かカット・シャンプー・顔剃りで¥4,200かカット・シャンプーのみ¥3,150しか言われません。で、これだと普通の床屋と変わりありません。
しかし、メニューには更にSPコースとDXコースが載っていて、個人的にはカット・シャンプー・顔剃り・エステ・育毛マッサージで¥6,300のDX(デラックス)がお薦めです。
ちなみにDXは私が店の人だったら手間かかって面倒で嫌だろうなと思うのでネットには書かない方が良いのかもしれませんが、がとらぼの影響力の無さを考えると大丈夫でしょう、きっと。

このお店はカットからして普通の床屋よりずっと丁寧にやってくれる印象ですが、育毛マッサージもかなり時間かけてしっかりやってくれます。
ちなみに計ってはいませんが、DXは設定時間が2時間程度と思われます。あれもこれもで1時間のようなセカセカ感はありません。

お店の系統が違うので比較すると怒られるかもしれませんが、同じ2時間だ゛と池袋の「そがわ」さんのエクセレントコースはネイルケアが付く点がありますが¥14,700と倍以上のお値段だったりするのでDXのコストパフォーマンスは非常に高いと思います。(ついでに書くと「そがわ」さんは何かにつけ椅子をくるくる回された記憶が・・)

残念なのはお店の人の趣味なのかBGMが何故か落ち着かないのと接客面で細かいところが普通の床屋なところでしょうか。内装も普通の床屋です。以前はシャンプークロスの異臭が気になりましたが、これは最近新しくなったのか改善されました。

店の人に断りなく勝手に書いてるのでアレですがDXは時間かかるコースなので多分ですが当日よりも前に予約しておかないとダメかもしれません。


ここまで通っている方の東口店のお話。
行ったことはありませんが池袋駅の西側(北西側)にももう一店舗あるらしいです。

BIGLOBE LTE・3G

自分のNexus7(2013)タブレット用にUQ-WiMAXと実家のイーモバイルともう一台家族用にとそれぞれある程度のデータ量を高速に使えるプランで契約すると月々約1.5万円弱の維持費がかかることになる。
そこで、一つの契約でSIMカード3枚まで発行されるBIGLOBE LTE・3Gスタンダードコースを申し込んでみた。これで月額3,980円で1ヶ月7GBまで速度制限無しで使うことが可能になる。ただし、3台の(3枚のSIMカード)の合計のデータ量で7GB制限なので誰か一人が裏切ってアホみたいに大量に使うと他の人が迷惑する可能性もあるので家族でも油断なく。

BIGLOBE LTE・3G 1
写真1: こんな風にdocomoのSIMカードが3枚届く。

BIGLOBE LTE・3G 2
写真2: 今回はNexus7(2013)用にmicroSIMカードを1枚(左)。家族用の2台のモバイルルーター用として標準SIMカードを2枚(中央・右)を申し込んだ。iPhone用だと更にもう一回り小さなnanoSIMカードになる。モバイルルーターの機種によってはmicroSIMカードということもあるので事前に確認してから申し込むべき。

BIGLOBE LTE・3G 3
写真3: Nexus7(2013)に付属のピンをSIMカードのスロット部分の穴に差し込んで押す。

BIGLOBE LTE・3G 4
写真4: スロットの蓋が浮いてくる。この状態になったらピンを外して指で摘んで引き抜く。

BIGLOBE LTE・3G 5
写真5: SIMカード受け部分はこんなの。四隅の1つが欠けた形になっているのでSIMカードをそれに合わせて置くだけ。

BIGLOBE LTE・3G 6
写真6: 実際にSIMカードを置いた状態。まさに置いたという表現がぴったり。SIMカードが固定される訳ではないのでスロットに嵌め終わるまでSIMカードがズレないよう注意。(スロットに入れる時にズレ易い)

ちなみに、Nexus7(2013)のAPNリストにはBIGLOBEは登録されていないので手動でAPNを登録する必要があります。

BIGLOBE LTE・3G 7
写真7: こちらはNTT東日本で月額300円の光ポータブルを申し込むと送られてくる3GモバイルルータのPWR-Q200。NTT西日本は同じ300円でLTE対応機種がレンタルできるけど東はケチだなぁ。さらにNTT東日本が酷いのはPWR-Q200のクレードルをオプションとして月額200円で提供してて、なんとなく必須感を漂わせてるところ。実際はオプションのクレードルを申し込まなくてもPWR-Q200に充電台は付属する。では、オプションのクレードルは何の為にあるかというとモバイルルーターをクレードルに置くと3Gからフレッツ回線に切り替わり高速な無線LANルーターになるというもの。正直要らね。

BIGLOBE LTE・3G 8
写真8: 本体裏側の蓋をカパッと開けてバッテリを外す。外さないとバッテリが邪魔でSIMカードを出し入れ出来ない。

BIGLOBE LTE・3G 9
写真9: SIMカードはこの向きで入れる。写真上方向に差し込むだけ。

BIGLOBE LTE・3G 10
写真10: SIMカードを挿してバッテリを嵌めたところ。

PWR-Q200は光ポータブルで提供されることもあり利用者が多いからか、BIGLOBEよりSIMカードと一緒に送られてくる冊子にPWR-Q200の設定方法が書いてあるのでその通りにAPNを設定するだけです。

もう一台のモバイルルーターは以前契約していたイーモバイルのGL04P。AKBのアゴの尖った人が宣伝してたやつ。
このルーターはSIMフリーなのでdocomoのSIMを挿してAPNの設定をしてやれば裏ワザとか無くそのまま使えます。ただし、800MHzに対応していないのでFOMAプラスエリアでは使えません。こちらは実家にあるのでSIMカードを嵌める写真は無し。

GL04P 1
GL04Pのウェブ設定画面からPC用の画面を選択。
左メニューから「設定」を選択。
「WAN設定」のアイコンを選択。

GL04P 2
「プロファイル設定」のアイコンを選択。

GL04P 3
プロファイル名: biglobe
ユーザー名: user
パスワード: 0000
認証方式: CHAP
APN: スタティックの○を選択、APN名は「biglobe.jp」。
IPアドレス: ダイナミックの○を選択。 設定を保存してGL04Pを再起動する。

スマホやタブレットを普通に使うだけなら1ヶ月に2GBも使わないので家族で使っても7GBの制限を超えることはほぼ無いと思われます。登録された無線LANルーターを検知するとLTE/3GからWi-Fiに自動的に切り替わる(逆も自動)設定にしておけば家ではWi-Fi、家の外ではLTE/3Gとなるのでさらにデータの使用量は減る筈です。

Fire House

Fire House

いつの間にか出前館でFire Houseのハンバーガーが注文できるようになっていたのでデリバリーしてもらった。
Fire Houseは東京の豪華なハンバーガー系では有名な店らしい程度には聞いていたので、ちょっと気になっていた店だった。
ちなみにデリバリー拠点は都営大江戸線の本郷三丁目駅の東側、普通のお店は同じく本郷三丁目駅の西側と別々に存在しているらしい。地理に詳しくない人に解かるように書くと東京大学の敷地を南側に出てすぐ。御茶ノ水の北の方。店が本郷三丁目で秋葉原までデリバリーしてくれるというのはずいぶんデリバリー範囲欲張りましたね。

忙しい日だったのか注文時の待ち時間目安の表示は70分。腹が減っている時にこの時間はつらい。
デリバリー料金は無しだが最低注文額は2,400円。一人で注文するにはこの最低注文額を超えるのは少しキツイ。 今回はチーズバーガー1,155円、フライドチキン(S)609円、ツナサラダ840円、合計2,604円也で注文。
おおよそ予定通りの1時間後にデリバリー到着。(上の写真 烏龍茶がサービスで付いて来ます)

Fire House チーズバーガー
チーズバーガーは見本写真かと思うくらい綺麗です。上側のバンも箱に入れて運ぶと湿気でシワシワになって潰れたりするのですが皺一つ無くこの膨らみです。

Fire House フライドチキン
フライドチキンはスパイシーで美味しそうですが、この2本で600円は高いかも。実際のところ味は普通でした。

Fire House ツナサラダ
ツナサラダはシャキッとした野菜がしっかり詰め込まれて重量もそれなりにあるもので、ツナもドレッシングもまともでした。中見スカスカで全然食べた気がしないサラダとは違います。でも、やはり800円はないかと。

チーズバーガー中身
チーズバーガーは大きくずっしり重くて某大手のビックマ○クより食べごたえある感じです。ハンバーグが美味しい。
mとかLとかで始まる大手チェーン店のカスカスの何か変なモノが入ったアレはハンバーガーと呼ぶの禁止って思うほど別物です。レタスも絶妙のバランスで入っているのでバンの間から中見がズルリと全部抜け落ちてグチャグチャになるようなこともなさそう。写真が汚くてスミマセン。

この手のハンバーガーはコストパフォーマンスは悪いですが、食べた後の満足感は高いです。Fire Houseも人気があるのが解かるなという味でした。ハンバーガーと一緒に注文する物はよく考えた方が良さそうですが、もちろん再注文ありですね。