品川神社

品川神社に参拝してきました。

1187年 源頼朝が洲崎明神(千葉県館山市)から天比理乃命を勧請したのが始まり。
1319年 二階堂貞藤(道蘊)が宇賀之売命を勧請。
1394年 鈴木正清入道幸純なる人物が社殿を造営(再築?)。
1457年 太田道灌が牛頭天王(素盞鳴尊)を勧請 (後花園天皇/足利義政の時代)
1694年 社殿焼失・再造営 (5代徳川綱吉の時代)
1850年 社殿焼失・再造営 (12代徳川家慶の時代)
1964年 社殿再造営(老朽化の為)

祭神

  • 天比理乃咩命(アメノヒリトメノミコト)
  • 素盞嗚尊(スサノオノミコト)
  • 宇賀之売命(ウガノベノミコト)

天比理乃咩命は天太玉命の后神だということですが不勉強でよく知りません。
宇賀之売命は穀物・食物の神で稲荷神(お稲荷さん)。スサノオと神大市比売命(カムオオイチヒメノミコト)の子。
牛頭天王(ごずてんのう)は仏教の神だが神仏習合でスサノオのこと。

多くの人が品川だと思っている品川駅辺りは高輪であって品川じゃない。それどころか港区だし。
本来の品川というのは品川駅より1.5km近く南にある目黒川を挟んだ辺り。昔は現在の目黒川のことを河口近くでは品川、もう少し上流側はこりとり川と呼んでいた。神田川の飯田橋から早稲田辺りまでを昔は江戸川と呼んでいたのと同じような感じですかね。
現在の目黒川は大龍寺辺りから河口までの約600mを一直線に東に流れているが昔は現在の北浜公園辺りから北に曲がりS字を描いて天王洲橋辺りが河口だった。 そのS字になっている辺りは北品川。京急本線の北品川駅は地名に一致した駅名。
ところが、これで京急本線は品川駅の南側に北品川駅があるという訳がわからない状態に。
JRの品川駅はしかたないにしてもせめて京急だけは品川駅を高輪駅、新馬場駅を品川境橋駅とか青物横丁駅を南品川駅とか地名と合った名前にすれば解りやすくなったのに。

最寄り駅は京急本線の新馬場駅で北口を出て道を渡った場所が品川神社。東京モノレールと東京臨海高速鉄の天王洲アイル駅(1.3km徒歩約16分)。JRの品川駅(1.3km徒歩約16分)と大崎駅(1.5km徒歩約19分)。

青の太線は昔の目黒川(品川)の川筋の想像図。地名を基に線を引いているので正しくないかも。

品川神社 1
こちらは品川駅の港南口(東口)で高層ビルが並んでいる。真向かいの1ブロックだけ何故か雑居ビルでゴチャゴチャだが。

品川神社 2
こちらは品川駅の高輪口(西口)。後ろに見えている港南口側のビルが無ければ昭和っぽい雰囲気。

品川神社 3
高輪口の向かいのプリンスホテルは既にクリスマスツリーの照明を始めてた。

品川神社 4
時間的に前の写真と前後するのでまだ明るいが、第一京浜の道沿いに品川神社がある。こんもりとした丘になっている。

品川神社 5
品川神社の鳥居。鳥居の柱に龍の彫刻がある。写真に写っているのは下り龍。反対の柱には昇り龍。光の具合でよく解らない状態だったので昇り龍は撮っていない。

品川神社 6
外の大鳥居を入り階段を登った奥。写真は逆向きで中から外方向を撮っている。

品川神社 7
ここにも包丁塚がある。右下の石が研ぎ石みたいな平らな面の形が包丁みたいな、何でしょう?

品川神社 8
神楽殿。

品川神社 9
拝殿。

品川神社 10
拝殿の右側に阿那稲荷社がある。写真は阿那稲荷社の上社。天の恵みの霊が祀られている。

品川神社 11
こちらは上社の脇の石段を降りたところにある下社。地の恵みの霊が祀られている。

品川神社 12
下社の中に一粒萬倍の泉(いちりゅうまんばいのいずみ)という名前の霊泉がある。小さめのザル(写真中央下方)があるので印鑑やお金を入れて洗うと、その名の通り1万倍に?今回1万円札を洗ってきたので1億円に増えるといいな。

品川神社 13
体力が切れたのでこのまま直帰してしまったのだが、鳥居から階段を登る途中で道が分かれて富士塚に行けるみたい。
写真に写っている道路奥の高架は京急本線。

品川神社 14
御朱印。

これで東京10社は一応巡り終えました。

手延べうどん 水山

JR品川駅のエキュートに美味しいうどん屋があると聞いたので行ってきました。
東京でエキナカのうどんが美味しいというのは皆無で、10年位前は八王子駅や三鷹駅にあった松竹林くらいだったでしょうか。松竹林は冷凍うどんだったと記憶してますが下手な所で食べるより遥かに正解でした。しかし、店が無くなってしまったのが残念です。
今回の店はどうでしょうか。

水山 1
店の名前は「水山」(すいざん)。新幹線等の車内販売でもお馴染み日本レストランエンタプライズ(旧 日本食堂)の店。
15時頃なので流石に客は少なめ。でも、ガラガラでもない。

水山 2
今回はお店側で一押し?の「黒酢あんかけうどん」並盛り860円也。あんかけがタプタプ。麺が殆ど見えません。

水山 3
麺を上に出してみました。麺は細くて稲庭うどんくらい。写真には写っていませんが手延べの麺なのでバチ(麺の端の広くなった部分)もあります。

あんかけが少し赤っぽく見えたのでラー油か何かが入ってて辛いのかなと心配したが大丈夫だった。
あんはとても美味しくてこれだけなら評価高い。
麺はつるつるだが腰は無い。見た目が稲庭うどんに似てるのでそのつもりでいるとアレッ?てなる。
かなり柔らかいのでズゾゾっと一気に口に入れてもそんなに苦労しない。熱いけど。
あんと麺の相性は期待に少し及ばず。食べてないので確信はないが、ここの麺は「つけうどん」や「カレーうどん」の方が合うかも。
器を上から見ると大きいので量が多く見えるが実際は普通より量が少ないかも。普通に食べたい人でも大盛りにするした方が良いかも。
お値段はちょっと高め。駅だと考えると尚更。ただし、この店はセルフではないのでセルフの店と比べるのは意地悪か。

個人的には「ダメ」ではないにしても皆さんの評価が高すぎなのではないかと思う。


お店は品川駅5〜8番ホーム南よりの改札階のエキュート品川サウス内です。

芝大神宮

芝大神宮(しばだいじんぐう)に参拝してきました。

ここは伊勢神宮の神様を祀っているので「関東のお伊勢さま」とも。

始まりは武蔵国の飯倉神明宮(伊勢神宮の荘園)で武蔵国日比谷郷飯倉山(現芝公園・増上寺〜東京タワー辺り)にあった。
1005年(平安時代 一条天皇の治世) 伊勢の内宮・外宮を勧請して創祀、日比谷神明や飯倉神明宮と呼ばれる。
1598年(関ヶ原の戦いの2年前) 徳川家康が武蔵国豊島郷貝塚(千代田区平河町〜麹町辺り)にあった増上寺を現在の増上寺の場所に移転させることになり、飯倉神明宮が芝の地(現在地)に遷座。芝神明宮と称する。
芝大神宮の名は明治維新以降。
源頼朝、足利尊氏の弟の直義、太田道灌、豊臣秀吉、徳川家康など名だたる武将が参拝祈願・寄進・奉納している。

祭神
天照大神 (伊勢神宮内宮の主祭神)
豊受大神 (伊勢神宮外宮の主祭神)

イザナギが火の神である軻遇突智(カグツチ)を生んだ結果火傷を負い苦しんだ(その後死ぬ)。その際、吐瀉物から金山毘古神(カナヤマビコ)・金山毘売神(カナヤマビメ)(共に鉱業・鍛冶の神)、糞から波邇夜須毘古神(ハニヤスビコ)・波邇夜須毘売神(ハニヤスビメ)(共に土の神)、尿から弥都波能売神(ミヅハノメ)(水神)、和久産巣日神(ワクムスビ)(穀物生育の神)が生まれた。
トヨウケビメはそのワクムスビの子で食物・穀物の神(女神)。
天孫降臨の際の随伴神でもある。また、丹後型の羽衣伝説(不幸版)の天女もトヨウケビメのこととされる。

最寄り駅は都営大江戸線の大門駅(130m 徒歩2分)。少し離れて都営三田線の御成門駅(430m 徒歩5分半)、JR山手線・京浜東北線の浜松町駅(480m 徒歩6分)。
地図の赤のマーカーは芝大神宮、大門駅のA6出口、御成門駅のA2出口。水色のマーカーは浜松町駅の北口。水色の線は浜松町駅の北口から大門駅のA6出口まで、その先は大門駅から芝大神宮までと同じ。

芝大神宮 1
巨大な鳥居。階段の上に見えているのが拝殿。階段は広いがその上は広くない。

芝大神宮 2
拝殿近景。伊勢神宮と同じく神明造。千木は内削ぎ(女神)になっているので内宮と同じ。鰹木は6本で内宮(10本)・外宮(9本)のどちらとも違うが偶数(女神)なので問題ないということでしょうか。

芝大神宮 3
鳥居から東へ伸びる芝大神宮の表参道。写真は第一京浜から西向きで一番奥が拝殿。上の2枚はカメラが補正して明るく見えているが、日没後なので本当はもう暗い。通りの実感の暗さはこの写真程度。この写真でも空は明るいが勿論そんなことはない。上の2枚も。

芝大神宮 御朱印
御朱印。右上は「芝神明」、中央は「芝大神宮」

品川神社も行く予定だったのだが、王子神社と白山神社で道に迷って時間かかり過ぎたのが響き芝大神宮で日没を迎えてしまった。残念
正直なところ肩・腰・足に来すぎて既に殆ど動けない状態だったので時間があったとしても無理だったのですが・・